※2016年を振り返って 【ガチニートの俺が選んだ今年一番盛り上がった歴史に残るアニメ 大三選】

 

715views

今年ももう終わりに近づいてきましたね。

ということで今回は2016年を振り返って今年一番盛り上がった歴史に残るアニメを紹介していきます。

今年のアニメもほとんどの作品が1話終了していきました。

だがしかし!!

その中で、かなりの盛り上がりを見せたアニメは少なからずあります!!

【一番盛り上がったと書いて三作紹介しているのは、まあ……ありすぎて決めれなかったということでお許しをwww】

個人的に盛り上がったのはこの三作品です。

(また、なぜ人気なのかも考察を交えて紹介していきたいと思います)

ではどうぞ!!

【斉木楠雄のΨ難】

facebook_icon

現在彼を中心にした三角関係が出来上がっていて照橋さんと夢原さんというヒロイン2人がそこに加わっていますが、、、、

このマンガが他のラブコメ作品と決定的に違うのは、、、

ヒロイン2人から想いを寄せられている主人公が、鈍感であることがありえないということですね。普通のラブコメであればその真意がわからずにドキドキしたりやきもきしたりしてしまうところ、このマンガに関しては、主人公がそんなことにはならないことが断言できるのです。

なぜか??  理由は簡単ですね。

斉木楠雄が超能力者だからですwwww おっふ!

目の前の相手どころか自分を中心に一定範囲の人間の感情がテレパシーを通して全部聞こえているのですまた、鈍感どころかむしろ気づいて逃げようとする主人公と、それでも何とかして接近しようとするヒロインそんな形のラブコメが果たして今まであったでしょうかwwww?

この斬新さが人気につながっていると断言してもいいでしょう。 100おっふ!

【ジョジョ】

3902ad07

まず、ジョジョは作者荒木先生の作り出すサスペンス感、ドギャァァンなどの独特すぎる擬音、超独特の言葉(こいつらも動体視力ッ、WRYYYYYなど)キャラクターの表情絵の迫力など全てにおいて上位に位置しますまた、絵が気持ち悪いと言われる方(素人)が多いですが、あれを気持ち悪いと思っている用ではジョジョは読めません。

この作品は芸術を見る目を鍛えてから鑑賞していただきたいですねwww

慣れればすごい絵だと思えてきます。また、ポーズですが日本の有名な金剛力士像などと似ていることが特徴ですあれは荒木先生がそれらをみて、人間の骨格上不可能といわれるポーズを絵にしたものです。これだけでも十分芸術です。

こういったアーティスティックな部分が人気の一つの理由ではないでしょうかwwww

【リゼロ】

35883-re_zerokarahajimeru_isekaiseikatsu-pc

これは今年一番の盛り上がったアニメという人も多いのではないでしょうか?

リゼロは1話1話の出来が良く、右肩上がりで面白くなっていきます。ただ、主人公の性格が人を選ぶかもしれません。ムードメーカーとしての言動がうるさいと言う人もいるし、バカで無力すぎて少しもどかしい感じがあるのも否めません。

だがしかし、だからこそ後でグワっと来る感じが面白くていいですね。

理不尽な展開があり、それに無力ながらも抗おうとする。ありがちな最強系とも成長系ともまた違った面白さがあります。よくある「主人公に都合が良すぎる展開が気に食わない」と、いったものにも全く当てはまらないので楽しめるかと思います。

また主人公のスバルは異世界物の主人公としてはあまりに弱く、考え方も未熟で、ストーリーは彼の都合のいいようには全く進んでくれませんし、いきなり力が覚醒したりすることもないです。

ただそれでもめげずに立ち向かっていくところにこの作品の面白さがあると思っています。

73c2abb8

まあ、たまに主人公の言動が痛すぎて見てられなくなる時がありますが、、、、、

こうのような理由で今年一番盛り上がったのではないでしょうか。

みなさんが思う今年一番の盛り上がりを見せたアニメは入っていたでしょうか??

また来年のアニメも数々のレジェンドアニメが出てきそうな予感がしますね。

てかレムりんギザカワユスWWWWWWW

 

 

ではまた—-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)