【ステラのまほう】第7話 自分の作品という名の子作り

 

476views

第7話 「はじめてのおもいで」

ある日の授業前の時間、珠輝は廊下で会った歌夜から作詞に協力してほしいと頼まれる。歌夜がドロドロした恋愛をしていると信じたまま、DTM研の部室で歌夜と二人きりになった珠輝は……。

のんのんぶりの癒されアニメだわ、ステラのまほう
ステラのまほう、最初の1,2話までは「あー、なるほどなるほど?」って感じだったのにいつの間にか毎週楽しみになってた。たぶんこのアニメ週一で見るのに丁度いい。
ステラのまほう今までの芳文社アニメの中でトップクラスにゆるい
今期ナンバーワンアニメ、ステラのまほう7話で泣きました よろしくお願いします
ステラのまほう7話はすごく面白かった。沢山笑ったんだ。
やっぱりこのアニメが好き。
萌アニメは正義!

『死んだ魚の目、日照不足、シャトルラン部……やっと見つけたわ! あの方が所属するホームページ! って、作品紹介すらない!? やる気あるのこのサイト……! あの方の尊さと素晴らしさを何もわかってはいない! 私が一人ずつ、引導を渡してやる!』stella07hd_1164000 stella07hd_14074000 stella07hd_16250000 stella07hd_20840000 stella07hd_25890000

この間の打ち上げを面白かったと話しながら登校する二人stella07hd_130238000 stella07hd_134993000 stella07hd_137850000 stella07hd_140351000 stella07hd_145248000 stella07hd_152175000 stella07hd_154677000 stella07hd_160003000 stella07hd_164911000stella07hd_176468000 stella07hd_183248000 stella07hd_185570000 stella07hd_189722000

あやめ『歌詞?』
歌夜『うん、いままで歌詞は人任せだったんだけど、一曲照先輩に歌まで書いてって言われてさ』stella07hd_196273000 stella07hd_198267000 stella07hd_214254000

歌夜『限り合う時間の中で、あなたのことを想う。あなたの心を動かす力を私に……』
あやめ『おっ電波来たか?』stella07hd_216989000

珠輝『あれ、藤川先輩?』
歌夜『私にはあなたが全てだった……この私が消える運命ならば、あなたを永遠に愛しています』stella07hd_227611000 stella07hd_236511000 stella07hd_240336000stella07hd_242722000 stella07hd_247698000 stella07hd_250421000

歌夜『おっ! やっほー本田ちゃん』
珠輝『あの、さっきのは』
歌夜『ちょっと先輩宛てに詞を書いてたんだ』stella07hd_252098000 

歌夜『私にとって大事な人だから、拙くても精一杯作りたいなって』stella07hd_264188000

歌夜『先輩、好きです!』stella07hd_271155000 stella07hd_273344000

珠輝『その想い、きっと届くと思います!』
歌夜『ん? そだ! 本田ちゃんも手伝ってくんない?』
珠輝『えっ? どうしてっ? いいんですかっ?』
歌夜『もちろん。これ終わったら次も作り始めないとだしね』
珠輝『先輩に想いを送るんじゃあっ!? 次って誰ですっ!?』
歌夜『次って……』stella07hd_276072000 stella07hd_278385000stella07hd_282902000 stella07hd_291521000 

歌夜『関さんかな?』
珠輝『禁断の恋ですかっ!?』stella07hd_293853000 stella07hd_295472000 stella07hd_299198000

珠輝『相手が女の子だからって誰彼構わずはよくないと思います!』
歌夜『えっ? とりあえずお昼うちの教室まで来てくれる?』
珠輝(藤川先輩の恋路なんだし、応援しなくちゃ!)『わ、わたし経験ないですけど頑張ります!』
歌夜『本田ちゃんの普段の恋心とかバンバン教えてほしいな! お父様的な』stella07hd_301215000 stella07hd_308275000 stella07hd_310517000 stella07hd_314961000 stella07hd_317316000

珠輝『それって絶対迷走というか、複雑になるというかっ!』
歌夜『あ~、ドロドロでややこしくって救われない演出した方がインパクトあるかも?』stella07hd_321751000 stella07hd_324175000stella07hd_328076000

『この泥棒猫!』
珠輝『ダメに決まってるじゃないですかっ!』stella07hd_337624000 stella07hd_340173000stella07hd_342819000 stella07hd_347341000 stella07hd_351881000 stella07hd_354378000 stella07hd_358371000 stella07hd_363319000 stella07hd_365918000

珠輝『あなたがいけないんですっ! わたしの藤川先輩に近づきすぎたから……!』
歌夜『がっかりよ本田ちゃん』stella07hd_374480000 stella07hd_379210000

裕美音『あの金髪ゥ!』stella07hd_384246000

あやめ『藤川さんは曲作る姿勢がすごい真面目で羨ましいよ』
歌夜『そう? 自分の作品ってやっぱ子供みたいなもんだし』stella07hd_386595000 stella07hd_395457000 stella07hd_397339000

あやめ『私は藤川さんほど覚悟ないっていうか』
歌夜『覚悟かぁ……。確かに私は「愛してる」って言っていいかも。困難にあっても一生捧げてもいいやって』
stella07hd_401886000 stella07hd_411389000

珠輝『か、かっこいい……!』stella07hd_413497000

椎名『でもクリエイター業で食べていくなんてそう簡単なことでは……』
歌夜『音楽に向かう姿勢の話ってことで。一晩中考えて眠れないとかよくあるしねぇ~』
椎名『藤川さん、無計画過ぎませんか? 睡眠は重要ですし、体調崩したら元も子もないですからね』stella07hd_415670000 stella07hd_421723000 stella07hd_421832000

椎名『全体をもっと冷静に見て』
歌夜『大丈夫大丈夫』
珠輝『…………』stella07hd_438279000

珠輝『藤川先輩は情熱的だけど、部長さんは落ち着いている……』stella07hd_443529000 stella07hd_445870000

あやめ『あれ、本田さん!』
珠輝『わたしはどちらも素敵な話だと思います』
あやめ『……はっ?』stella07hd_452157000stella07hd_454183000 stella07hd_458388000 stella07hd_460131000

珠輝『今から作るんですね?』
歌夜『そうだね』stella07hd_462217000 stella07hd_466551000 stella07hd_468005000

歌夜『……子供を、か』stella07hd_472312000

珠輝『ひぃいいいいいっ!?』stella07hd_474374000 stella07hd_476454000

珠輝『こんなところでわたし、っていうか女の子で』
歌夜『まあまあ座って』stella07hd_481822000 

歌夜『性別は関係なくなーい?』
珠輝『ひいいっ!』
歌夜(そーいや先輩に渡されたシナリオにこんな感じの場面あったか)stella07hd_488554000

歌夜『狭い森の中、あなたを想い、切なさを隠す偽りの仰せに』
珠輝『な、何をするんですかっ!? わたしに何をかぶせてるんですかっ!?』stella07hd_493044000 stella07hd_496899000

珠輝『状況を整理しなくちゃ! わたしは藤川先輩が兼部してる部室で先輩と二人きり――』
歌夜『ん? 何か質問ある?』
珠輝『わたしと先輩で作るんですよね? その、子供を』
歌夜『んー、そうだよ。でも先輩のために作るものだからいずれは先輩のになるかも』stella07hd_501309000 stella07hd_508125000 stella07hd_510104000 stella07hd_514081000

珠輝『それ家庭環境が複雑になるっていうか、トラブルになるっていうか』
歌夜『ああ、ドロドロしたもののほうがいいってこと?』
珠輝『よくないです!』
歌夜『そういえばさっきも村上さんに叱られちゃって、もっと冷静に――』stella07hd_521914000 stella07hd_526191000

珠輝『当たり前じゃないですか!』
歌夜『とにかく、さくっと作り始めようか』
珠輝『っ!?』stella07hd_534244000 stella07hd_536203000stella07hd_540097000 stella07hd_544367000 stella07hd_546250000 stella07hd_548515000

歌夜『まず元のシナリオから見てもらおうか』
珠輝『ダメっ!』stella07hd_550759000 stella07hd_552722000stella07hd_556907000

歌夜『ごめん!』stella07hd_559439000 stella07hd_561795000stella07hd_564141000

歌夜『およ? どったの?』
裕美音『この娘……今日日直なんですっ! 用事があるのでこれでっ!』stella07hd_566720000 stella07hd_569142000 stella07hd_572967000stella07hd_575164000

珠輝『なんかわたし勘違いしてるような――さっき藤川先輩シナリオとか言ってたし』stella07hd_580742000 stella07hd_591889000stella07hd_593340000 stella07hd_595912000

珠輝『そうか。自分の作った曲は自分の子供みたいなものだとかそういう意味だったのかも』
裕美音『子供!? 子供がどうしたって!?』
珠輝『藤川先輩に一緒に子供を作ろうみたいなこと言われて。焦っちゃって』stella07hd_597710000 stella07hd_604643000 stella07hd_606530000

裕美音『エェエエエエエエエッ!!?』stella07hd_612488000

珠輝『先輩が悪いんです。おれの気持ちを弄ぶから……』
歌夜『弄ばれたいのは気持ちだけか?』stella07hd_614304000 stella07hd_616379000 stella07hd_623690000 stella07hd_626000000

裕美音『って私は! 友達を! 男体化させて! 何を! してるの! 条件反射って怖い!』stella07hd_628748000

裕美音『事情は全然分からないけど私はたまちゃんの味方するよ!』
珠輝『あっうん……ありがと…………』stella07hd_635813000stella07hd_640527000stella07hd_653239000 stella07hd_655481000 stella07hd_662862000 stella07hd_667018000 stella07hd_671439000

過去の回想シーン。stella07hd_682083000 stella07hd_690768000 stella07hd_697676000 stella07hd_700936000 stella07hd_703873000 stella07hd_705711000 stella07hd_708254000 stella07hd_713398000

学校を休みがちな布田さんのところに行くように言われた珠輝。stella07hd_717235000 stella07hd_719327000 stella07hd_724813000 stella07hd_732912000

『本田さん、何見てるの?』
珠輝『はっ!? つい!』stella07hd_739945000 stella07hd_742117000 stella07hd_743612000 stella07hd_745700000

珠輝『裕美音さんと友達になれるかな?』
『うーん、難しいかもよ? あっここまっすぐ行けば布田さん家ね。じゃあまた明日!』
珠輝『うーんじゃあね!』stella07hd_750679000 stella07hd_755774000 stella07hd_759301000

珠輝『裕美音ちゃんこんにちは! えっと、プリント届けに来たよ!』
裕美音『そんなの玄関でお母さんに渡せばいいのに』
『あら? 遊びに来たって言ってたから。それじゃあごゆっくり』stella07hd_770129000 stella07hd_772347000 stella07hd_773879000stella07hd_785542000 stella07hd_787811000 stella07hd_789250000 stella07hd_793794000 stella07hd_796752000 stella07hd_804101000stella07hd_805893000

珠輝『初めまして本田珠輝です』
裕美音『…………』
珠輝『ねえねえ、一緒に遊ぼ』
裕美音『え……? やだ……。私、体が弱くてお外で遊んだりできないし、それに今ゲームしてるから』
珠輝『分かった! じゃあわたしお絵描きする!』stella07hd_808948000 stella07hd_817226000stella07hd_821830000 stella07hd_827495000 stella07hd_832747000 stella07hd_834351000stella07hd_840521000 stella07hd_842076000 stella07hd_846688000 stella07hd_849642000 stella07hd_852749000 stella07hd_856786000 stella07hd_858136000 stella07hd_859698000 stella07hd_868441000 stella07hd_875523000

珠輝『こんにちは! 裕美音ちゃん今日もお休みしてたね!』
裕美音『学校なんて行きたくないから。微熱あるし』stella07hd_879163000 stella07hd_882759000

珠輝『じゃん、おばあちゃんに言って、お家のゲーム機持ってきたんだ!』stella07hd_887120000 stella07hd_895513000 stella07hd_898703000

裕美音すら知らないという機種、おまけに珠輝はソフトすら知らないという。その代わり珠輝の友達の話でおしゃべりしようとする珠輝だったが……。stella07hd_903096000 stella07hd_907905000 stella07hd_914335000 stella07hd_919866000 stella07hd_928154000 stella07hd_929619000 stella07hd_937777000 stella07hd_940759000

裕美音『……帰って。帰ってよ! 友達の話なんか聞きたくない』stella07hd_944765000 stella07hd_950195000 stella07hd_951359000

珠輝『ねえ望ちゃん。わたしたちってなんで友達なんだっけ?』
『哲学的な話?』
珠輝『てつがく?』
『確か席が近くて、一緒に給食食べて、それからお話したり、一緒に遊んだりするようになったんだよね』
stella07hd_954409000 stella07hd_959204000 stella07hd_964538000 stella07hd_967383000 stella07hd_970017000 stella07hd_971136000

珠輝(裕美音ちゃんとは上手く遊べないし、お話もうまくできなかったしどうしたらいいんだろう?)stella07hd_975973000 stella07hd_977046000 stella07hd_983219000 stella07hd_984564000 stella07hd_989981000 stella07hd_994544000 stella07hd_1000554000 stella07hd_1002345000

珠輝『裕美音ちゃん家でもボードゲームで遊べないかな?』stella07hd_1014429000 

多人数のボードゲームで遊ぼうにも、一人の家に複数人で押しかけるのは迷惑がかかる。かと言って将棋やチェスのルールも知らない珠輝。stella07hd_1021821000

『いっそないなら自分でこういうの作るとか? なんてね』stella07hd_1031460000

珠輝≪それからおうちに帰って、自由帳にすごろくを描きました。もちろん市販のものよりも綺麗じゃないけど、精一杯小さな字で書いてみたりして≫stella07hd_1037114000 stella07hd_1038392000 stella07hd_1043476000 stella07hd_1050333000 stella07hd_1051549000 stella07hd_1053052000stella07hd_1055773000 stella07hd_1058451000 stella07hd_1059546000 stella07hd_1063437000 stella07hd_1066481000 stella07hd_1069275000 stella07hd_1070708000 stella07hd_1072113000 stella07hd_1075288000

雷に打たれて五回休み、8マス戻るなどを引いてしまう珠輝stella07hd_1079574000 stella07hd_1091416000 stella07hd_1092869000

裕美音『変なの本田さん』stella07hd_1097909000

珠輝≪それから自由帳に思いつく遊びを書いては裕美音と一緒に遊びました。色んなことをするうちに自分の作ったものが誰かに遊んでもらえて、それでこんな風に笑ってくれるとしたら、それはとっても素敵なことだなって思ったんです≫stella07hd_1104035000 stella07hd_1111526000 stella07hd_1113279000 stella07hd_1120421000

裕美音『この駒、なんでこんなおじさんなの?』
珠輝『かっこいいかなって』stella07hd_1128096000 stella07hd_1134025000stella07hd_1144137000 stella07hd_1145285000 stella07hd_1149708000 stella07hd_1160152000 stella07hd_1171145000 stella07hd_1172260000 stella07hd_1179256000 stella07hd_1180590000 stella07hd_1185471000 stella07hd_1190574000 stella07hd_1201591000 stella07hd_1207358000 stella07hd_1214139000 stella07hd_1219946000 stella07hd_1231388000

珠輝≪そして――≫stella07hd_1241303000

裕美音『決めた! 今回はこのキャラでドロドロ鬼畜BL絶対描くの!』
珠輝『イラスト部の部誌ってそういう原稿描いてもいいの?』
裕美音『編集長に掛け合って載せてもらえるよう交渉してくる! たまちゃん、今日先に帰ってて!』stella07hd_1250918000

珠輝≪ゲームをきっかけにわたしは裕美音と友達になれたし、部長さんや関先輩や藤川先輩とも知り合うことができました。これからもゲーム作りを通じて色んな人と仲良くなれたらいいなって≫stella07hd_1268548000 stella07hd_1269932000 stella07hd_1282361000 stella07hd_1288904000

珠輝『えっ!? 誰!?』
『やっとのことであんたたちのアジトを突き止めて! 意を消して道場破りに行ったっていうのに! よくもあの時はこけにしてくれたわね!』
珠輝『えっ!? 誰、この娘!? えっえっえっ!?』stella07hd_1299118000 stella07hd_1300359000 stella07hd_1309075000 stella07hd_1310346000 stella07hd_1312833000 stella07hd_1317375000

みんなの感想ツイート

@ryuran_1204 ステラのまほうですよ!!!今期さいつよですよ??? pic.twitter.com/iYVZ6653Tp
叡電 デオ711
ステラのまほう ラッピング pic.twitter.com/NtetVGFkIy
『ステラのまほう』の第七話、昔ゲーム作りに抱いていた気持ちと重なり、ちょっとジーン…としてしまった。これはやはり作るしかないな。 #ステラのまほう
ステラのまほう7話
挿入歌として下地紫野さんの歌う「God Save The Girls」のカップリング曲「プレゼント」が使われていたので神回
ステラのまほうのED曲買った。今期のアニソンでは一番好きだなぁ。
ステラのまほうの挿入歌めっちゃ良い
今回のステラのまほうキマシタワー
今週のステラのまほう今までの回で一番面白かったかも
ステラのまほうのエンディングの曲も配信待ってる∪・ω・∪
ステラのまほうで「私は友達を男体化して何を妄想してるの!」ってセリフを聞いたわい「ダメだこいつ、早くなんとかしないと……」
ステラのまほうはえっちなアニメだ pic.twitter.com/oNFrTFkv6d

公式関連ツイート情報

12月17日(土)~2017年1月9日(月・祝)アニメイトにて「ステラのまほう」パネル展が全国各地で開催決定!抽選で展示パネルのプレゼントもあります。 magicofstella.com/news/ #ステラのまほう pic.twitter.com/XjxzzbVbgM
「ステラのまほう」第七話「はじめての思い出」ご覧いただけたでしょうか?
可愛い幼少期の珠輝と裕美音はいかがだったでしょうか?
最後に出てきた彼女の活躍は次週を楽しみにして下さいね♪
#ステラのまほう #シルバーリンク pic.twitter.com/U7IgKbEyO4


感想

今回は創作のきっかけの話です。創作をする人は、誰もが創作を始めるきっかけのエピソードを持っています。そこからどんどんのめりこんでいき、上達して作品とともに成長していくというのが創作物です。……ついでにどんどん腐っていったりするのもまた、創作物ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)