【テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス】 TOZとぜんぜん違う!? アニメ版アリーシャ登場です

 

15,949views

アリーシャの魅力が最大限に表現されている!!

2015年1月22日にバンダイナムコゲームスから発売された『テイルズ オブ ゼスティリア』。
その作品がアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』として昨年秋にスタートしましたが、
ufotableによる映像の美しさとともに、原作ゲームとの相違点が話題となっています!

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロスの0話見たけど、ufotable特有の初話の作画のクオリティが凄すぎたし、わくわく止まらんし、何よりアリーシャがめっちゃ活躍してるとこで感動する
第一期がアリーシャ好きには神展開でな……(別れ際に従士契約だよ、ゲームと真逆)第二期はスレイたちが敵国に行っちゃうから出番減っちゃうだろうけど、それでも楽しみだなあ。

ゲームはプレイしたけど、アニメはノーチェックだった
全く同じ展開だったらどうしようと、アニメを観ようか迷っていた

大丈夫!
何がどう変わったのか、アニメ1期(00話から12話まで)から簡単に紹介していきたいと思います。

(*ネタバレ含みあり)

とにかく、アリーシャがいっぱい登場!

「#00 災厄の時代」
いきなり初回から、アリーシャが登場です!
原作ゲームには描かれていない、アニメオリジナルエピソード
「アリーシャの視点から描かれる、もうひとつのプロローグ」といっても良いのではないでしょうか。

世界が荒廃している-

ゲームでは、その様子がほとんど描かれていませんでしたが、
アニメでは世界での荒廃・厄災の様子が丁寧に描写されています。
相手を思いやり、気遣う優しさといったアリーシャの魅力も随所にちりばめられていて、
アリーシャファンにとっては見逃せないエピソードとも言えるでしょう。

toz_x (11)

その後も、アリーシャについては様々なところで物語が変わっていきます。

1.遺跡にたどり着いた経緯が違う
アニメでは00話があるのでゲーム版「レディレイクから遺跡に迷い込んだ」から
「厄災を目の当たりにした後」に変わっている

2.アリーシャがなぜルナールに狙われているのかが追加描写されている

3.スレイに出会った時には武器をなくしている
遺跡の戦闘はなく、うりぼうの狩りはスレイに付き添うかたちになっている

4.イヅチでスレイに家族を紹介された時の対応が違う
ゲーム版「何かの冗談か」のみのやり取りが、
アニメではアリーシャが天族達に地上の現状を訴える形に変更されている

5. 「真の仲間」発言の部分がカット・変更されている

6.聖剣祭でアリーシャが襲撃されるシーンが追加されている

7.スレイが休む場所が「アリーシャが手配した宿屋」から「アリーシャの屋敷」に!

8.スレイとアリーシャの従士契約の時期が異なっている
ゲーム版では「レディレイクの北の遺跡」で結ばれるが、
アニメではまだ天族が見えない状態である

9.アリーシャの離脱する時期が違う
ゲーム版では上記の場所で従士契約が結ばれた後に離脱するが、
アニメではスレイとアリーシャ揃ってグレイブガント盆地へ向かう展開に変更されている

toz_x (15)

10.風の骨がアリーシャを再び襲撃する
ゲーム版ではアフターエピソードでも分かり合えなかったロゼとアリーシャ。
しかし、アニメ版ではアリーシャの覚悟を知ったロゼがなんと共に戦う決意をしたり、
ロゼの正体をアリーシャはすでに気付いており、
「風の骨」ではなく「セキレイの羽」としてロゼに後方救援を依頼するという展開に変わっている!

toz_x (13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)