【ブブキ・ブランキ 星の巨人】4話 温泉で女子が入浴するが、男子たちは悲惨な事に!?だが、ブランキの謎が少しずつ解けて来る!!

 

167views

第4話 「狩人の銃弾」

東たちは、的場井のブランキ運搬機「アルゴー・ガウラ」に乗り、礼央子が監禁されているフランスに向かう。
道中、吹雪に遭い倒れている少女を発見する。
更にそこには、喋るブランキも居た。
そこで静流たちは温泉を見つけ、入浴しながら、ブランキと少女の関係について話を聞く。

【  地上/東京①】
21:00 Bloodvores 4話 MX
22:00 ブブキ・ブランキ 星の巨人 16話 MX
22:30 ろんぐらいだぁす! 1話 MX(都合により3話は放送延期)
23:00 リスアニ!TV 238回 MX
(②へ)
【  地上/中部①】
25:50 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター 4話 テレビ愛知
26:50 ブブキ・ブランキ 星の巨人 16話 テレビ愛知
27:20 信長の忍び 3話 テレビ愛知
【  地上/関西①】
22:30 ろんぐらいだぁす! 1話 KBS京都/サンテレビ<2局同時>
25:30 ブブキ・ブランキ 星の巨人 16話 KBS京都
25:58 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター 4話 MBS毎日
(②へ)
AT-X最速ブブキ・ブランキ星の巨人4話
●録画開始:TOKYO MX1 2016/10/22 22:0 ~ 22:30 A2855865807_4_ブブキ・ブランキ 星の巨人 4話


≪ブブキ・ブランキ 星の巨人  スタート!!≫
OP
img_0320_91243000
img_0320_91657000
img_0320_92291000
img_0320_92981000
img_0320_94243000
img_0320_95127000
img_0320_95961000
img_0320_100086000
img_0320_104258000
img_0320_119128000
img_0320_122899000
img_0320_126664000
img_0320_129712000
img_0320_134330000
img_0320_136997000
img_0320_146385000
img_0320_151017000
img_0320_157028000
img_0320_158908000
img_0320_167287000
img_0320_167866000
img_0320_168516000
img_0320_169097000
img_0320_172732000
img_0320_173479000
img_0320_178550000
img_0320_179676000

扇木「で、何処なんだい?的場井の船ってやつは」
img_0320_192182000

野々「船なんて一隻も見当たらないぜ」
img_0320_193476000
img_0320_199945000

的場井「すまねぇ、待たせたな」
img_0320_204949000

野々「こいつは?」
扇木「すげぇ飛行船だな」
img_0320_211666000

的場井「はは、以前礼央子様が買い上げた。ブランキの運搬用にドイツで建造された飛行艇、アルゴー・ガウラだ。こいつなら礼央子様が監禁されているフランスまで一っ跳びって訳だ」
img_0320_214704000

野々「監禁って?」
東「礼央子は誰に監禁されているんだ?」
img_0320_216162000

的場井「ギーという男だ。デモクラティアの総裁」
野々「そのデモクラティアって何なんだ?」
img_0320_216621000

的場井「デモクラティアは、ブランキに関わる全ての利権を掌握しようとしている超国家的な組織だ。ギーはマクシムたちの指導者になり」
img_0320_251534000

的場井「東、お前の妹のパトロンでもある」
img_0320_257499000

東「薫子の?」
img_0320_256293000
img_0320_264884000

的場井「この通りだ」
img_0320_270429000

「礼央子様を助けるため、力を貸してくれ」
img_0320_273225000

東「あぁ、分かった。的場井さん」
img_0320_277309000

「ありがとう、東。恩に着るぜ」
img_0320_282236000

「その代わり、薫子を助けるため、力を貸して欲しい。薫子はギーって奴に騙されている」
img_0320_286074000

「分かった。取引成立って訳だな」
img_0320_292198000

「しかし、的場井のおっさんよ、残念だったな。結局生き残ったのはあんただけって訳か」
img_0320_312007000

二人「・・・」
img_0320_313602000

的場井「ん?おいおい、一体何の話だ?」
扇木「他の三人は、みんな死んじまったんだろ?」
img_0320_316895000

「三人?あぁ、あいつらなら全員ピンピンしてるぜ!」
img_0320_331995000

的場井以外の全員「えぇっ!?」
img_0320_334080000

扇木「そもそも何であんた無事なんだよ。宝島で撃たれただろ?」
img_0320_338746000

的場井「あの時はすぐ止血してくれたからなぁ。まだ痛むけど、あいつも海に落ちたが無事だ」
img_0320_348338000

扇木「あ、ふん」
img_0320_353199000

「アキヒトおじさんは?」
img_0320_354857000

的場井「礼央子様をお救いすべく、現在作戦決行中だ」
扇木「たく、心配して損したぜ」
img_0320_363650000

的場井「あいつらとも直に逢えるはずだ」
img_0320_365023000

的場井「よし!」
img_0320_375452000

「それじゃあ出発と行こうぜ!」
img_0320_376032000
img_0320_383371000


img_0320_537490000
img_0320_537779000
img_0320_542082000
img_0320_570189000

野々「おいおい、これくらいの吹雪は屁でも無いんじゃなかったのかよ!」
img_0320_571113000

「GPSコンパスが完全に狂っちまっている」
img_0320_574611000
img_0320_584494000

「くっ・・・」
img_0320_585875000

的場井「おい、お前ら。何でもいいからつかまれ!」
img_0320_588707000
img_0320_591173000

全員「おー!!」
img_0320_592589000
img_0320_600173000

「いてて、お前ら、大丈夫か?」
img_0320_603265000

扇木「なんとか・・・」
img_0320_610269000

「人が、人が、子どもが倒れている」
img_0320_611440000
img_0320_614439000


img_0320_617486000

東「どう?その子の様子は」
黄金「怪我もしてないし、大丈夫みたい」
img_0320_621554000

扇木「早く船に戻ろうぜ、このままじゃ凍えちまう」
野々「静流、どうした?」
img_0320_634172000

「ぬ~ぬぬ」
img_0320_639259000
img_0320_642467000

全員「!?」
img_0320_643554000
img_0320_650725000

東「ここは?」
img_0320_655942000

「ん?」
img_0320_719007000

黄金「良かった、目が覚めた」
img_0320_723047000

扇木「アレは・・・ブランキ?」
野々「どこの国のだ?」
img_0320_732735000

「ありがとう。その娘を助けてくれて、感謝する」
img_0320_741317000

扇木「ブランキが、喋った!?」
img_0320_753329000

黄金「えぇっ!?」
img_0320_755428000
img_0320_759752000
img_0320_767472000

扇木「ハックション!」
img_0320_773642000
img_0320_777478000

「その昔、この星に辿り着いた時、我々は既に種として黄昏の時を迎えていた。お前たちの脳にあたる器官が機能しなくなり始めて来たのだ。生き残るため我々は、自らのカラダを五つに分け、発達した脳を持つお前たち人間を主人とした」
img_0320_778069000

「それがブブキ」
img_0320_805510000

喋るブランキ「そうだ。人間に就き従い、主人を守るための姿。その小さな姿なら主人として人間の脳と通じ合う事で生き長らえる事が出来る」
img_0320_818602000

喋るブランキ「しかし、人間と関わりを持たず、空に上がった者たちの脳は腐って、首ごと落ちた」
扇木「それが首なしブランキってわけか」
喋るブランキ「程なくして私の脳も朽ち果て、我が消えぬように、意識もなく、歩き回る存在になるだろう」
img_0320_828907000

野々「でもよ、何であんたは動けるんだ?地上の全てのブランキの心臓は止めたはずだろ?」
img_0320_858935000

「人間と契約を結んだブランキの心臓は、人間との共存を選択した時に初めて、我らの心臓はカラダの外に出る。人間とブランキの契約の証。それがお前たちが持つ心臓なんだ」
img_0320_859147000

「契約の証・・・」
img_0320_883919000
img_0320_896391000
img_0320_898686000

全員「アツ!アツアツ!!!」
img_0320_899189000

「ってこれ温泉だ」
img_0320_902647000

扇木「なんだって!?」
img_0320_903941000

三人「ふふっ」
img_0320_905067000

野々「な何してるんだ!服着ろ!」
扇木「お前たち二人はあっち向いてろ」
img_0320_914280000
img_0320_915249000
img_0320_918286000

「台湾で水着買っといたのは正解だったな、黄金」
img_0320_922812000

「それほどでも、エッヘン!それにしても静流ちゃん、ここに温泉があるなんてよく分かったね」
img_0320_927747000

「だだだダメですぅ」
img_0320_931798000

静流「そこの二人、外に出る前に水着を着ておきなさい。このそばに温泉があります」
扇木「マジか?」
静流「マジです」
img_0320_941466000

扇木「あ~極楽極楽」
img_0320_946596000

扇木「なぁ、あんたこの子とはどういう関係なんだ?」
img_0320_952942000

「その娘は幼い頃からずっと父親と一緒に私の所にやってきた。私は、人間でいう所の神だとでも思っていたのだろう。しかし、いつの日かこの子だけが私の所に来るようになった」
img_0320_953817000

扇木「親が来なくなったって、それって・・・」
黄金「ごめんね」
少女「うーうん、良いの。私には、この子がいるから」
img_0320_979194000

扇木「あのさぁ・・・一つ聞いても良いか?あんたらは、そもそも何しにこの地球に来たんだ?まさか、地球を滅ぼしに・・・なんてじゃないだろうな?」
img_0320_1003965000

「この星を滅ぼしているのはお前たちの方ではないか?」
img_0320_1009114000

「え・・・」
img_0320_1014166000

「己の欲するままに殺し、奪い、星の姿さえ変え続ける。それが、お前たち人間ではないか?」
img_0320_1015459000

「命は命を狩り、その命を繋ぐ。自らの生命を維持するためには必要な行為だろう。だが、お前たち人間は他の生き物を意味なく殺す。時に、同族すらも」
img_0320_1208982000

全員「・・・」
img_0320_1220370000

東「それは、人間のどうしようもない性質なのかもしれない。でも、人間は変わって行けると思う。きっと、未来には・・・」
野々「そうだ、人間は変われる。俺もそう思うぜ」
img_0320_1241518000

喋るブランキ「未来・・・か」
東「教えてくれ。どうしてあなたは人間と契約を結ばなかったんだ?」
img_0320_1253273000

「それは、お前の母が、地上全てのブランキの心臓を止めた理由と一緒だからだ」
img_0320_1267542000

東「母さんが・・・」
喋るブランキ「私には分かる。お前はそいつの息子だろ?」
img_0320_1274176000

「はっ!?」
img_0320_1275100000

「彼女は、人間の中で最も近しい友という存在だ」
img_0320_1281648000

東「母さんが、友達?」
img_0320_1282520000

「母の身を案じる優しい子、彼女は生きている」
img_0320_1289525000

喋るブランキ「お前も直に逢える」
img_0320_1294947000

野々「結局あんたたちブランキって何なんだ?」
喋るブランキ「我々は忍び、大いなる始まりの存在を忠実なる下部に過ぎない」
img_0320_1304919000

黄金「大いなる存在?」
img_0320_1307463000
img_0320_1314297000
img_0320_1316382000
img_0320_1320097000
img_0320_1320467000

「で、お前たちはその温泉に入ってこなかったのか?」
img_0320_1322935000

野々「入らなかったんじゃねぇ、入らせてもらえなかったんだよ」
東「ハックション!」
img_0320_1332189000

全員「ははは!!!」
img_0320_1335234000
img_0320_1335568000

ED
img_0320_1344628000
img_0320_1351291000
img_0320_1373737000
img_0320_1378038000
img_0320_1398967000
img_0320_1404179000
img_0320_1419010000
img_0320_1423765000
img_0320_1423975000
img_0320_1430643000

みんなの感想ツイート

【2期 4話】『ブブキ・ブランキ 星の巨人』16話感想 唐突なサービス回!男子勢は可哀想だったwww aaieba.livedoor.biz/archives/49834… – ああ言えばForYou pic.twitter.com/CGmoS5f3NR
【ブブキ・ブランキ 星の巨人】第16話「」ネットの感想・反応まとめ(第2期 4話) – blog.livedoor.jp/sokudokuex/arc…
【ブブキ・ブランキ 星の巨人】第16話「狩人の銃弾」ネットの感想・反応まとめ(第2期 4話) a-to-g.net/?p=75918 pic.twitter.com/epoqyVSrV1
[ブブキ・ブランキ 星の巨人]16話(2期4話)感想 四天王は全員健在だそうだ ore-net.livedoor.biz/archives/10619… 俺の楽しみがネットばかりなわけがないpic.twitter.com/weaYCjZE1Y
ブブキ・ブランキ 星の巨人 4話(16話)
気になるのはギーの真の思惑。まあブランキの正体に彗星云々も含め宇宙絡みって事はわかるけどね。それまでに薫子を助けることが出来るかだな。にしても東たちは的場井と一緒に笑えるくらいに心許したか。結構良い雰囲気じゃないの
ブブキ・ブランキ 星の巨人 4話(16話)
急に水着回とはw にしても喋るブランキ・テュロクが語るブブキとブランキの真実。これで首なしや心臓の謎は解けた。彼らにとっては地球人同士の戦いに巻き込まれたって感じだな。しかしロシアチームを使い捨てか…ギー真っ黒過ぎだわ
ブブキ・ブランキ 星の巨人4話視聴。明かされるブランキの真実とギーの企み、ロシアチームはいい雰囲気になってたのにまさかの全滅なのか?マクシムがギーに復讐してくれることを信じるしかない。しかし的場井はすっかりいいおじさんですね、黄金はいつ心をひらいてくれるのかな。

公式関連ツイート情報

21:30よりAT-Xで第十六話の放送が始まるレフ!!
AT-Xでご視聴の方、準備はOKレフ!?
22:00からはTOKYO MXです〜お見のがしなくレフ!
Tokyo MXのO.A前に黄金ちゃん&右手ちゃんも待機中レフ〜!22時からレフ‼︎  pic.twitter.com/8zUYgFJVZt
公式サイトにブランキ紹介ページオープンレフ〜!!
STORYも更新されたレフ!bbkbrnk.com
このあとKBS京都で深夜1:30より、テレビ愛知では深夜2:50から第十六話放送レフ!
お見逃しなくレフ〜!
今夜はAT-X・TOKYO MX・KBS京都・テレビ愛知にて「ブブキ・ブランキ 星の巨人」第十六話放送レフ!的場井の懇願より、東君たちは礼央子を救う旅へ!一方の薫子ちゃんにギーが与えたのは紅蓮のブランキ”炎帝”!?
お見逃しなくレ… twitter.com/i/web/status/7…


感想

的場井があんなでっかい飛行船持っているとは驚いた・・・
的場井、ただの良いおじさんじゃないか(笑)
でも、黄金ちゃんはまだ心を開いてはくれなさそう。
礼央子を助ける事になったみたいだけど、黄金ちゃんは本当はどう思っているのかな?
女子みんなで温泉に入ってたけど、吹雪の中見つけたあの少女が着てたのは水着だよね?雪山で遭難しかけてたのに普通水着なんか持っているのかな?近くに温泉があるって分かってたのは静流だけみたいだし・・・ちょっと違和感があるシーンだった。
東と野々は、温泉に入れなくて風邪ひいちゃったけど、戦いになる前に治ると良いね!
二人は温泉に入れなかったって言ってるけど、水着買ってないからどのみち入れないよな・・・まさか、女子たちの前でスッポンポンになる訳にはいかないもんね(笑)

人気アニメ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)