【幼女戦記】第7話 世界の破滅が始まって行く・・・勝利と敗北は表裏一体(>_<;)

 

2,821views

第7話 「フィヨルドの攻防」

ターニャ率いる第二〇三航空魔導大隊は北方方面軍に配属され、敵に強襲されていた物資集積所の防衛に成功。部隊は初の本格的な戦闘に戸惑いながらも、魔導師ならではの機動力で複数の爆撃機を撃墜した。さらには共和国の義勇兵や連合王国の監視拠点を壊滅させ、世界を相手にした戦いにおいて、帝国の国威を示した。そうして北方の司令部にもターニャの実力が知られるなか、現地に到着したルーデルドルフとレルゲンにより、新たな作戦が命じられた。それは協商連合との戦いにおいて決定的な一撃となるような、大胆な作戦であった。対して、帝国の動きを警戒する協商連合軍は、沿岸部のフィヨルドに魔導大隊を派遣。そこにはターニャと因縁深い、アンソンの姿があった。

脚本:猪原健太 絵コンテ・演出:春藤佳奈 作画監督:牧孝雄 / 谷口宏美 / 髙田晴仁

本日、アニメ『幼女戦記』の第7話。戦いの舞台となる「フィヨルド」とは「氷河の浸食作用で形成された複雑な地形の湾や入り江のこと」だそうです。ちなみに、今回はついに新たな女性キャラが!youtube.com/watch?v=d61mh_…
Los!Los!Los!フル聴いたが最高だった
デグさんのセリフの部分はマジでグッときた



you07hd_1761000

アンソン:分かってくれメアリー

you07hd_6503000

アンソン:都市部まで戦火が及ぶのも時間の問題だ
今の内に国外に避難した方が良い

you07hd_19377000

メアリ:お父さんは?

アンソン:すまん・・・私は良い父親では無かったが

you07hd_24229000

メアリー:ううん、いいお父さんだよ
あ、でもお髭は剃って

you07hd_36231000

アンソン:あぁ、そうだな

you07hd_38554000

アンソン:メアリー、お母さんを助けてあげなさい、体には気を付けるんだぞ

メアリー:うん

you07hd_49742000

アンソン:すまないな

you07hd_51545000

アンソンの妻:ご武運を

you07hd_54828000
you07hd_62002000
you07hd_63195000

メアリー:お父さん、少し早いけどクリスマスプレゼント、大切にしてね

you07hd_68526000

グンナー:スー大佐

you07hd_80951000

アンソン:クンナー少佐

グンナー:娘さんからです

you07hd_83790000

アンソン:これは・・・

you07hd_88119000

グンナー:新型の短機関銃ですね

アンソン:どうして娘がこんな物を?

you07hd_92244000

グンナー:祖国の為に戦う父親を支えたい、そう想っていたのでは?

you07hd_97615000

アンソン:!?

you07hd_102166000
you07hd_105669000

グンナー:アンソン・スー、大佐殿のイニシャルですね

you07hd_107276000
you07hd_110368000
you07hd_216250000

ターニャ:故に戦線を意図的に後退させしめ、
北方軍における兵站の距離的な負担を軽減
結果として春季以降の攻勢計画を容易たらしめると確信します

you07hd_219840000

ルーデルドルフ:やはり、実際の現場で働く士官の提言はなかなか斬新ですな
それで?北方方面軍としての見解は?

you07hd_244094000

シュライゼ:デグレチャフ少佐、だったか?
貴官は越冬を想定しているようだが、これ以上の長期戦は望ましくない
早期解決こそが当面の課題だ

you07hd_259548000

ターニャ:しかし、攻勢に出たところで、
物資が枯渇し、程なく攻勢限界に直面します
物資と兵員を浪費し敵を喜ばせる義理もありません

you07hd_265170000

シュライゼ:少なくとも3週間の攻勢は可能だ
正面戦力さえ撃破していれば良い

you07hd_276177000

ターニャ:共和国や連合王国の介入により敵の抵抗は頑強です
とても短期間で打破し得るとは思えません

you07hd_284363000

シュライゼ:もうよい!!

you07hd_292310000

ターニャ:小官の義務として、断固異議を申し立てます
このままでは現場の部隊に甚大な負担を及ぼすばかりかと・・・

you07hd_295826000
you07hd_301947000

シュライゼ:そこまでだ!我々が現場を軽視しているとでも言うつもりか!?
軽率な発言は控えたまえ!

you07hd_302344000
you07hd_307005000
you07hd_309064000

ターニャ:失礼しました、西方では友軍が泥を啜って飢えに苦しんでおりましたが

you07hd_315765000
you07hd_316894000

ターニャ:ここ北方の司令部は随分と恵まれているようでしたので、つい

you07hd_318920000

シュライゼ:貴様!そこまで言うならば西方に帰れ!臆病者は無用だ

you07hd_325559000

ターニャ:それが、北方方面軍の総意でありましょうか?

シュライゼ:くどい!

you07hd_331631000

ターニャ:では、

you07hd_334745000
you07hd_336781000
you07hd_337685000

ターニャ:失礼いたします

you07hd_341909000
you07hd_344559000
you07hd_346606000
you07hd_353015000

ターニャ:何故、お止にならないのですか?
現状での全面攻勢など無謀、破綻は目に見えておりますが

you07hd_356102000

ルーデルドルフ:少佐、私は本音で話して欲しい
形式的な意見具申の姿勢は必要はない

you07hd_361974000

ターニャ:閣下、謹んで申し上げますが、小官は参謀将校です
折角の御諮問ではありますが、先達に対する形式的、儀礼上
沈黙すべきと愚考いたしますが

you07hd_380756000

ルーデルドルフ:ふん、なかなか辛辣な意見表明だな
よろしい、では本題に入ろう
仮にだ、方面軍のいう攻勢計画を遂行するとしたら、どのような意味を見出す?

you07hd_386342000

ターニャ:西方、ライン戦線の助攻としては多少の意味を持つでしょう
共和国への攻撃準備が誤魔化せる可能性があります

you07hd_412552000

ルーデルドルフ:上手くすれば西方の負担を軽くする事も有り得るのでは?

you07hd_414646000

ターニャ:お言葉ではありますが、厳しいかと・・・

you07hd_419843000

ターニャ:ライン戦線に影響する程の増援を共和国が送り込むとは思えません

you07hd_422448000
you07hd_426563000

ターニャ:そのような観点からすると、
全面攻勢はあくまで協商連合に対する陽動作戦と見るべきでしょう

you07hd_430267000
you07hd_433116000

ターニャ:前線への攻勢を陽動と見るならば、
その真意は敵の後方を抑える事にあるかと

you07hd_437682000

ターニャ:ん?後方?後方?うしろ?背後?

you07hd_451598000

ルーデルドルフ:どうしたのかね少佐?

you07hd_456373000

ターニャ:つまり今回の攻勢計画は、上陸の為の攪乱が目的?

you07hd_463449000
you07hd_465187000

レルゲン:何処で耳にした!?

you07hd_468104000

ターニャ:は!? 何がでしょうか?

you07hd_468732000

レルゲン:上陸作戦の事だ!
ゼートゥーア閣下から聞いたのか?

you07hd_470484000

ターニャ:?

you07hd_475159000

レルゲン:信じられん・・・

you07hd_477015000

ルーデルドルフ:驚きだな、一部の将校しか知らない作戦を言い当てるとは

you07hd_482750000

ターニャ:目下の情勢から一案として有効だと判断したまでであります

you07hd_488506000

ルーデルドルフ:やはり、貴様を使う事にしよう
203大隊は上陸作戦に先立ち、全軍の先鋒だ

you07hd_495034000

ターニャ:はっ、拝命いたしました

you07hd_500807000

ルーデルドルフ:言うまでもなく、本作戦は戦略上の奇襲に近い
よって、攻撃目標についても敵の想定を超えた地域でなければならん

you07hd_509486000

ターニャ:と言うと?

you07hd_513453000
you07hd_515621000

ルーデルドルフ:オース・フィヨルドだ

you07hd_516994000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)