【昭和元禄落語心中 -助六再び篇-】第11話 あの世での再開!?あの世に行ってまで落語とは・・・

 

940views

第11話

小夏と縁側で与太郎のラジオを聴いていた八雲。不意に迷い込んだロウソクの並ぶ道で、二代目助六に再会する。そう、ここは三途の川。助六に案内されながら、冥途を目指すことになったのだ。道中、軽口を叩き合いながら、子どもの時分に戻ったり、若き菊比古と助六に戻ったり。みよ吉や小夏のことを互いに述懐しながら、それぞれの人生と向き合っていく。すると今度は、みよ吉が現れて……。

昭和元禄落語心中11話リアルタイム視聴待機
昭和元禄落語心中10話、ラスト3分までめっちゃ面白くて楽しかったけど、終わり方が不気味すぎた。
11話が待ちきれん
#昭和元禄落語心中


shouwa11hd_2738000
shouwa11hd_10884000
shouwa11hd_14800000
shouwa11hd_17811000
shouwa11hd_21989000

八雲「どこへ行こうってんです。そこが全然見えやしない。ここは一体・・・」
shouwa11hd_30879000

助六「まぁ色々腑に落ちねえだろうけどな。手っ取り早く言えば、お前さんは死んだんだ」
shouwa11hd_35932000
shouwa11hd_38896000
shouwa11hd_47259000
shouwa11hd_54928000
shouwa11hd_63617000
shouwa11hd_67902000
shouwa11hd_75691000
shouwa11hd_83056000
shouwa11hd_94073000
shouwa11hd_99391000
shouwa11hd_105352000

八雲「じゃあお前さんはまだ成仏してないってのかい?」
shouwa11hd_113968000

助六「懐の財布を見てみろ」
shouwa11hd_119442000
shouwa11hd_123536000

助六「な?すげえだろ?天寿を全うすれば死での金をたっぷりもらえるんだ」
shouwa11hd_124251000

八雲「金?そんなものがいるのかい?」
shouwa11hd_131300000

助六「あたぼうよ。地獄の沙汰も金次第って言うだろ?」
shouwa11hd_145104000

助六「俺も成仏してえけど三途の川渡ろうにも何しろすっからピンで」
shouwa11hd_147210000
shouwa11hd_151354000
shouwa11hd_153272000

八雲「足場がぐらぐらしてもう足もつかねえ。片目じゃ見えなくて歩けねえし」
助六「じじいってのはめんどくせえなー」
shouwa11hd_157635000
shouwa11hd_169221000

助六「ちょいと目つぶってみな。ひのふのみっと」
shouwa11hd_174224000
shouwa11hd_177170000
shouwa11hd_178668000

助六「おら戻った」
shouwa11hd_181784000

助六「こんなら体軽いだろ?」
shouwa11hd_184616000
shouwa11hd_192274000
shouwa11hd_196362000
shouwa11hd_204783000
shouwa11hd_206221000
shouwa11hd_208025000
shouwa11hd_210972000
shouwa11hd_217402000
shouwa11hd_220752000
shouwa11hd_225010000
shouwa11hd_232983000
shouwa11hd_238221000
shouwa11hd_246421000
shouwa11hd_250632000
shouwa11hd_256123000
shouwa11hd_258391000

八雲「銭湯?」
助六「ここ入って三途の川行く支度を整えるんだ。」
shouwa11hd_267471000
shouwa11hd_272641000

八雲「かかあとはここで喧嘩しちまって、この先で待ってるとは思うんだけどよ」
助六「みよ吉さんかい?どうして一緒じゃないかと思ってたんだよ」
shouwa11hd_276403000
shouwa11hd_290109000
shouwa11hd_292980000

八雲「あれ?子供じゃなくなってる」
助六「子供には風呂の良さはわからねえ」
shouwa11hd_296100000
shouwa11hd_302829000
shouwa11hd_311006000
shouwa11hd_320325000

助六「あのかかあしょっちゅうやってんだよ。包丁持ちだして死んでやるってな。あの日に限って変なとこで転んじまって・・・」
shouwa11hd_325027000
shouwa11hd_336074000

八雲「すまなかったよ。あたしが悪かった。未練がましく迎えになんざ行かなきゃよかった」
shouwa11hd_343818000
shouwa11hd_350142000
shouwa11hd_357937000
shouwa11hd_366254000
shouwa11hd_371500000

助六「けどおめさん俺が死んだとき、しめたー!って思うこともいっぱいあったろ?目の上のたんこぶが取れてよお。落語うまいやつがひとり減ったし、八雲になったし」
shouwa11hd_373861000
shouwa11hd_380489000

八雲「そんなことで人が死んでいい理由なんざこの世にあるかい。絶対にあんな風に死んだらだめだ。悲しいばっかりでいいことなんざひとっつもねえよ」
shouwa11hd_390061000
shouwa11hd_400140000
shouwa11hd_406657000
shouwa11hd_416404000
shouwa11hd_424708000
shouwa11hd_437088000
shouwa11hd_440658000
shouwa11hd_445220000
shouwa11hd_450180000
shouwa11hd_453835000
shouwa11hd_457089000
shouwa11hd_466155000
shouwa11hd_472172000
shouwa11hd_478185000
shouwa11hd_482189000
shouwa11hd_491670000

みよ吉「ちょいとやっぱりここかい。このぼうとう亭主。こちとら必死でお茶くみやって路金を稼いでるんじゃない!このボンクラ!」
shouwa11hd_504420000
shouwa11hd_510088000
shouwa11hd_513065000
shouwa11hd_514816000
shouwa11hd_517552000
shouwa11hd_521855000
shouwa11hd_526524000
shouwa11hd_535210000
shouwa11hd_542483000
shouwa11hd_552028000
shouwa11hd_558507000
shouwa11hd_563423000
shouwa11hd_568805000
shouwa11hd_574630000

みよ吉「あたしね菊さんに振ってもらえてよかったと思ってんの。所帯もってみたら本当大変。旦那なんて嫌なとこばっか目につくし」
shouwa11hd_580803000

みよ吉「菊さんとそんな風になりたくないの」
shouwa11hd_588766000

みよ吉「あたしね、菊さんのことは顔だけ見てればそれでいいの。ね~菊さん。あなたおじいちゃんになってもかっこいいのね」
shouwa11hd_596329000
shouwa11hd_602157000
shouwa11hd_608408000
shouwa11hd_618055000
shouwa11hd_624899000
shouwa11hd_634177000
shouwa11hd_636931000

みよ吉「私もっと人にやさしくすればよかった。人間なんて一人で生きられっこないんだから、たった一人にすがるんじゃなくてみんなと上手に頼りあって生きなくちゃならなかったの。」
shouwa11hd_643287000

みよ吉「私たちみんな間違ってたね」
shouwa11hd_653868000

八雲「いや、正しい人間なんざどこにもいません。だからこそ人は己を廃して和を立てそういうのは美しいんです」
shouwa11hd_662297000
shouwa11hd_673857000
shouwa11hd_685547000
shouwa11hd_689573000
shouwa11hd_693601000

みよ吉「さ、吉原なんてやめて久々の再開をお祝いしましょ」
shouwa11hd_698267000


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)