【漫画紹介】僕と君の大切な話 1巻 『となりの怪物くん』のろびこ先生による抱腹絶倒ラブ・コメディー

 

92views

初連載作品『となりの怪物くん』(全13巻)で累計発行部数450万部の大ヒットを記録した気鋭の若手漫画家、ろびこ先生。現在、デザート(講談社)で連載をしている『僕と君の大切な話』を紹介します。前作から約2年ぶりの連載とあって、次号予告が打ち出された時からファンの歓喜の声が飛び交いました。『となりの怪物くん』がどれだけの女性ファンの心をつかんだのかが垣間みれます。ろびこ先生の作品の魅力は、安定した画力と多くの人から共感される身近で普遍的なテーマ。飽きさせないストーリー展開は漫画ちっくでもあり、かつ日常あるある的な要素が巧みにミックスされています。

9784063658569_w

『僕と君の大切な話』とは?あらすじを紹介

ある駅のホームの、ある日の出来事。美人で控えめな女子高生・相沢のぞみは、ホームのベンチで同級生の東くんに告白をします。普通の感覚であれば、同級生に告白されたら舞い上がるものですが、東くんは違っていました。いたって冷静に、そして妙な屁理屈でのぞみの告白をあしらってしまいます。

東くんの言い分…それは「男は達成感が好きな生き物だから差し出されたものには満足しない」ということ。女性から言いよるのは愚策の極みだと言い放ってしまいます。それでも東くんが好きだということを伝え続けるのぞみ。女性としての意見をつらつらと述べつつ、東くんと友だちになりたいと告げます。

この出来事をきっかけに、ふたりは放課後、駅のホームで平行線とも言える対話を繰り返しながら、少しずつお互いのことを理解しようとし始めるのですが…。

ill02

会話のテンポが実にいい!文字が多くても読み切れる

この作品、序盤はほぼふたりだけしか登場せず、ただ駅のホームで会話をしているだけの、まったく動きのないストーリーです。実写映画となった『セトウツミ』みたいな雰囲気ですね。しかし、それでも一コマ一コマをしっかり読み込めるのは、「男と女の思考の違い」という誰もが感じたことのある、とっつきやすいテーマでのディスカッションだからだと思います。女特有の勝手気ままな感情の揺れには「あるある、分かる」と首がもげるほど共感できるし、男特有の理屈っぽいのにどこか本能的な思考には「なるほど、そうか」と新たな発見をすることができます。また、ただ言い合っているだけでなく、少し近づいては離れる、を繰り返すふたりの不器用さも悶えるほど微笑ましい作品となっています。

ろびこ先生の言葉のチョイスに技あり!

前作『となりの怪物くん』もそうでしたが、ろびこ先生は非常に言葉選びにセンスがあると思います。例えば、1巻から引用すると、東くんの「たとえば僕と君が違う星の人間だとして それをつなぐのは言葉だろう だったら こちらから閉ざしてしまうのはあまりにもったいない」という台詞があります。これは見開きで語られているし、個人的には作者の一番伝えたいことなのではないかと思います。要は、みんな違ってみんないい。分かり合うのは話そうよ!ということ。あまりに思考の違う男と女の恋愛観で、それを伝えているのです。もちろんのぞみにもたくさんの名言がありますので、ぜひ楽しんでもらえたらと思います。

illust_07

僕と君の大切な話めっちゃおもしろい…黒髪メガネくんいいな…返信
僕と君の大切な話、すっっごいおもしろかった東くんステキ
「僕と君の大切な話 1 ろびこ」
冷静な彼が女子に乗せられて全力で共感したり💯な笑顔になったりしていい感じです💞二人の会話が面白い!
#僕と君の大切な話CP #ろびこ
新発想で独創的な、この唯一無二の面白さは「僕と君の大切な話」でしか体感出来ないぞ!! twitter.com/dessert_kc/sta…
#僕と君の大切な話CP #ろびこ
『僕と君の大切な話』は、ツンデレ眼鏡男子と天然ストーカー女子が主人公の新感覚“トーキング”ラブコメディー。主人公がツンデレ眼鏡男子、これがいまの売れ線だ…!
#東くん調べtwitter.com/i/web/status/8…
僕と君の大切な話、やっと買えて読んだんだけどとっても良かった!相沢さんの言葉を受けてどんどん成長する東くん……… pic.twitter.com/EvTg7R8I68
#僕と君の大切な話CP #ろびこ
馬鹿だな「僕と君の大切な話」以上に魅力的な作品なんてあるわけないじゃないか!! twitter.com/dessert_kc/sta…
ろびこ先生の僕と君の大切な話はぜひ読んで欲しい。先生の描く女の子は怪物くんのもそうですが、いつも僕のツボで可愛い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)