【漫画紹介】柊様は自分を探している。 1巻 超絶偉そうな謎の美少女と下僕になってしまった男…天才・西森博之の待望の最新連載!

 

88views

th (1)

一世を風靡した、少年サンデー超黄金期の代表作『今日から俺は!』、少年だけじゃなく多くの女子の心も掴んだラブコメ『天使な小生意気』など、数々のヒット作品を生み出してきた西森博之による最新作!『鋼鉄の華っ柱』から実に3年ぶり、2016年から少年サンデーにて連載中の『柊様は自分を探している。』を紹介します。しかし西森先生の作品は、本当にキャラが魅力的ですよね。決して画力が高いというわけではないのですが(失礼)どんどん読み進めてしまうあたり、やっぱり漫画は絵よりもキャラとストーリーなのだと気づかされます。

09127180

『柊様は自分を探している。』とは?あらすじを紹介

メインキャラクターである男子高校生・白馬圭二郎は、今時にしては超珍しい硬派男子。学校へ行けば周囲から憧れの眼差しで見つめられ、多くの女子から好意を寄せられています。まさに男がひれふし、女が群がる圭二郎。しかし、当の本人はそんな評価に驕ることなく、ましてや女子にデレることもありません。「女子に興味が持てない」…そんなことを考えていたのですが…。

ある日、圭二郎が出会ったのは着物を着た美少女。憂いに帯びた顔で裸足でベンチに座り……なぜか街のチンピラ達がその美少女の足下に転がっています。状況的には美少女がチンピラ達にお灸を据えた?いやいや…と圭二郎は頭を悩ませながら彼女に声をかけると「履物を持て」と高圧的に命令を下します。硬派なはずの圭二郎ですが、堂々たる彼女の振る舞いに対し反射的に従ってしまい、それがきっかけで従者として扱われる日々が始まってしまいました。

しかし、問題は美少女の正体。自分自身について覚えていることは「柊」という名前のみ。柊様は一体どこから来て、どこへ帰ればいいのか…!?

柊様の強さに釘付け!

西森先生の作品と言えば、『今日俺』の理子ちゃんや『天使…』のめぐちゃんなど、強くて格好可愛いヒロインの存在ですよね!黙って男に守られるような女子はモブです。本作の美少女・柊様も例外ではなく、めちゃくちゃ強い。見た目は可憐で華奢なのに、模造刀を素手で(涼しげに)曲げるなど腕っぷしはもちろん、心が強いです。超わがままな姫様のような振る舞いですが、現代人に喝を入れる言葉を次々と放ちます。喝を入れる内容は「非常識だから止めなさい」とは「周りに迷惑でしょ」レベルではなく、人間としての本質を問うようなこと。今悩み事がある人は、柊様に怒られてみてほしいと思います。

柊様は一体何者なのか?

圭二郎は謎の美少女・柊様と同居生活を始めるのですが、彼女の謎はますます深まるばかり。ドーナツを知っていても水道の蛇口のひねり方が分からないとか、身のこなしが一般人じゃないとか、刀(模造ですが)を向けられても眉一つ動かさないとか、人の気配が近くにないと眠れないとか…。そもそも初対面の男子を従者にしちゃうとか、とにかく現代人の感覚とはほど遠く、1巻を読んだ限りではタイムスリップしてきた戦国時代の姫君か物の怪か…と予想できるシーンがいくつもあります。が、西森先生のこと、とんだ斜め上の展開があるかもしれません。

柊様ちゃんと読んだらいつもの西森漫画と同じで面白かった
柊様は自分を探している。
西森センセ十八番の妙に愛嬌のある悪(ワル)だ!たった1話で窃盗犯から憎めないヤツらに印象が変わってしまうのはすごい。
柊様は自分を探している。めっちゃおもしろいわ…… 西森さんの作品って鋼鉄の華っ柱くらいしかわたしはみたことないけど父がめっちゃ好きなんよなー。
サンデーで読んでる作品は単行本買ってもなかなか読まないんだけど、久しぶりに「柊様は自分を探している」読んだらめっちゃ面白いな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)