【王室教師ハイネ】第1話 窓が開かれると、そこは絵画から抜け出したような美しい――問題児達であった

 

568views

第1話 「王室教師、来る」

栄華極まるグランツライヒ王国。そこには王位継承者が国王にふさわしい人物になるよう、あらゆることを教育する専属の家庭教師がいる。国中で最高の教師のみに与えられる役職、それは――王室教師。王族の居城・ヴァイスブルク王宮にやってきた新しい王室教師・ハイネが受け持つのは4人の見目麗しき王子たち。彼らの口から出た言葉は――「貴様を王室教師とは認めない」。見た目とは裏腹にくせ者揃いの王子たちに対し、ハイネの教育的指導とは――!?

王室教師ハイネ、(私は見れないけど)明日からアニメ始まるので、原作の漫画もよろしくお願いします〜!!現在8巻まで発売中!!レオンハルトがとっても可愛いしお話も面白いよ!!!!おすすめ!!!!(私は見れないけど)アニメも見てね!!!!
王室教師ハイネ、アニメの声優は舞台化の人たちがやるっていうことなのかな?
蒼井翔太さんのリヒトとか超見てみたいんだけど!!!
明日のアニメ楽しみ。
ハイネ、先行上映会行ったけど、面白かったのでぜひ見てほしい!メインのキャストはそのまま舞台に出るので、舞台沼の人もきっと楽しい
本屋さんでチラッとお見かけしたけれど。王室教師ハイネ、すごく気になる…。絵の塗り方好きすぎる…!


01

国王陛下≪ハイネ・ヴィトゲンシュタイン殿。貴殿を王室教師に招きたく思う≫
02

国王陛下≪王子4人の教師に就いてもらい、立派な国王候補となるよう教育して頂きたい≫
国王陛下≪もし誰かが長男と競える国王候補へ成長できたなら、その時は――≫
03
04
05
06

ハイネ(ようやく辿り着きました。私自身の目的のために、これがその、第一歩――)
07
08
09
010
011
012
013
014
015

ハイネ「お会いできて光栄です、王子様。私の名は、ハイネ・ヴィトゲンシュタイン」
ハイネ「本日より私が、貴方がたの、王室教師です」
016
017

レオンハルト「お会いできて光栄です、ハイネ先生」
018
019

レオンハルト「心より歓迎します、先生……なんて、この僕が言うとでも思ったか?」
020
021
022
023
024
025
026
027
028

ハイネ「早速ですが。今後の授業方針を決めるため、面談を行いたいのですが……」
029

レオンハルト「その必要はない、貴様なんて認めないからな! どうせお前も逃げ出すんだろう?」
030
031

ハイネ「貴方がたの気持ちはよくわかりました――では、どなたから面談致しましょうか?」
032
033
034

ハイネ「教育的指導です! 私は、王室教師としての職務を粛々とこなすのみ――」
035
036
037
038
039
040

ハイネ「私の仕事は、貴方がたに媚びることではございませんから」
041

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)