【私がモテてどうするんだ】第4話 二科志麻は超絶スーパーイケメン女子でした

 

333views

第4話 「クリスマスは聖地で♡」

クリスマスが近づきパーティーをしようと言い出す七島だが、コミケがあるから無理と花依に断られる。結局、みんなでコミケに行き、その後打ち上げ兼パーティーをすることに。初参加のコミケで困惑する男子を尻目に、コミケ会場を駆け回る花依は、コスプレ広場でトラブルに巻き込まれたところを、ハンサムなコスプレイヤーに助けられるが……。

 \今夜!/
TBS・CBCにて第4話「クリスマスは聖地で♡」が放送‼︎
TBS:1時58分〜、CBC:2時54分〜
クリスマス‼︎友達や恋人、家族と過ごす一大イベント!
花依たちはどう楽しむのか⁉︎
どうぞお楽しみに♪
http…
\このあと!/
TBS・CBCにて第4話「クリスマスは聖地で♡」が放送‼︎
TBS:1時58分〜、CBC:2時54分〜
いよいよハイスペック後輩・二科が登場!
どうぞお見逃しなく(^O^)/
https://t.co/iBRPN…
 \あと50分程で!/
TBSにて第4話「クリスマスは聖地で♡」が放送‼︎
CBCは2時54分〜放送です!
どうぞお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ
pic.twitter.com/WpMlNPRcL3
 TBSにて第4話「クリスマスは聖地で♡」がはじまりました‼︎
どうぞお楽しみくださいませ♪
pic.twitter.com/R8Z8GIqs4k



『クリパしようぜ、クリパ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『クリパだよ、クリスマスパーティー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あぁ、いいね』
『だろ?カラオケかどっか予約してさ。イブどうよ、イブ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いいよ』
『大丈夫です』
『俺も』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あの、ごめんなさい。私クリスマスイブはコミケなので無理です』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ちょ、クリスマスイブだぞ?一年で一番盛り上がる日だぞ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『そうなんだよ、今年はなぜか丸かぶりなんだよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『そうじゃなくて。ってか、コミケって何?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『国内最大級の同人即売会だそうです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あぁ、夏休みも行ったって言ってたね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うん』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『何だよ、夏行ったんならいいじゃん。イブは年一なんだぜ?一年の締めにさ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ごめんなさい、でもコミケに参加しないと私の一年は終わらないから』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《キ、キツイ壁》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ』
『へぇ、歴史研究サークルもあるんだね、興味あるな。あ、ありがとう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はい、すっごく楽しいですよ。今は漫画やアニメの二次創作だけじゃなくて、他のジャンルも盛んで特に廃墟や洋ドラとか、絶対周るつもりでいるんです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『そうだ、みんなで行ってみない?それなら流れで打ち上げ兼パーティーできるんじゃない?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《で、でたー、天然》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、でも芹沼さん誰かと行く?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、いえ、いつも一緒に行く友達は今回予定あるので、私一人参加なんです。もし、一緒に行けるなら、むしろ嬉しいです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《うれしい》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『よし、じゃあコミケに行って帰りに打ち上げ、でOK?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『異議なし』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『おっはよー、みんな』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『おはよ』
『なんでこんな朝早ーの?』
『俺、朝5時起き』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『早く行かなきゃ、本無くなっちゃうからね』
『眠い』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『さあ、このしおりにコミケのマナーや歴史をまとめておいたから、電車の中で読んでね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いざ、行かん。我らの聖地へ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『僕たち一番乗りかもしれませんね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ふわー、さっさと本買って帰ってクリパしようぜ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『な、なんだ、この人込みー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『これ全員、コミケ行くのか?』
『そう、だろ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いま、まだ朝7時ですよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うっ、電車も満員だったし、ホームは人で溢れてたし』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《おかきです。押さない、駆けない、希望を捨てない》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《スタッフっぽい人めっちゃ叫んでるし、何だよこれ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うーん、やっぱりクリスマスイブだからかな。去年よりちょっと人少ない気がする』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え、こ、これで』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『少ないって』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『おい、はぐれるなよお前ら』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『一般参加の方はこちらにお並びください』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ここで開場まで待つんだよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『10時だっけ?今、7時半だから』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『2時間半!?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、そうだ。これ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ずっと待ってると寒いから、良かったら使って』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ありがとう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《待てる、2時間くらい。チョロいもんだぜ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

〈しかし、彼らは知らなかった。開場後、入場する順番がくるまでプラス1時間ほどあることを〉
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『じゃあ、打ち合わせどおり三手に分かれて、この買い物リストを潰して行こう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《スッゲー完成度のマップ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ほ、本当にいいの?私の買い物手伝ってもらっちゃって』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『俺ら別に目当てがあるわけじゃないし、手分けしたほうが早く買えるでしょ?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ありがとう、よろしくお願いします』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

〈みんな、我儘に付き合ってくれて本当にありがとう。そして、ごめん〉
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《あ、そうだった》
《あいつが欲しがるのBLだった。しかもなんか妄想されてるっぽい》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『えっと、今日の新刊?ください』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はーい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《スゲー、いかにもお使いです感醸し出した》
《いいか、ナナ。こういうのは動揺したら負けだ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ありがとうございました』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『よし、ナナ。この調子でどんどん行こう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『お、おう。えっと、次は。あれ、隣のところだ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『えっと、新刊ください』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『次も隣』
『見てってください』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『次も』
『ありがとうございます』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『次』
『新刊出てます』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『次』
『ありがとうございます』
『なんか、絨毯爆撃だね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《う》
『よっぽど好きなんだね』
《ちげー》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はぁはぁはぁはぁ、新刊全部ください』
『はい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『上手ですね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え、あ、ありがとうございます』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『これ全部自分で作ってるんですか?』
『は、はい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『スゴイ、俺、絵描けないんで尊敬します』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《て、天使。まぶしい》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『目が、目がー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ちょっと、無駄話してないでさっさと済ませましょうよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『無駄話なんて。それに集合時間までにはまだあるよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『僕はさっさと用事済まして、ここから去りたいんです』
『なんで?楽しくない?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『全然。人は多いし、本は重いし、外は寒いのに中は暑いし、埃っぽいし、広い過ぎてすごく歩くし、それから』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『わー』
『アンタはすぐはぐれそうになるし』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ごめんね』
『子どもか』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『これならどうかな?あのさ、俺、あとで歴史研究会見に行きたい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はぁ、迷子になられるよりはマシか。行きますよ』
『うん』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『何アレ、かわゆい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《ふぅ、大漁大漁。みんなはまだかな》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《待ち合わせは14時だもんね》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『んー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《ちゃんとお礼しなきゃ。何がいいかな?》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ギャーー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いいね、いいね。ポーズお願いします』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いや、やめてください。私、レイヤーさんじゃないんで』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『えー、もったいない。いいじゃん撮らせてください、ね、ね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ちょ、ちょー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『動かないで』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いけませんね、ミスター』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『紳士じゃないな』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『何だよお前』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あなたもカメラマンならば、それなりの矜持がおありでしょう。嫌がる女性を無理になんて許されません』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『わかりますよね?ほら』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『失礼だ。お前のような奴がいるから。謝れ』
『皆さま、お怒りだ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『土下座、土下座、土下座』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『私は大丈夫なんで。あなたももうこういうことはしませんよね?ね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『わかったよ、悪かったよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あー、ビックリした』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あれで許してあげるの?優しいね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、ありがとうございました』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『たまにいるからね、困った輩が。気を付けて』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、そ、それ、灰執事のセバスさんのコスですよね?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うん』
『すごい決まってます。クオリティ高いですね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ありがとう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、いた。ごめん、ちょっと迷ったわ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『携帯もつながりにくくなってて』
『お疲れさま』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『なんだ、これだけ王子様がいるならちゃんと彼女守ってあげなよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はぁ?つーか誰』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え、いえ、あの、さっきお世話になって』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『では、あとは王子様たちにお任せして失礼します。お嬢様』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『アデュー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『な、なんじゃあれー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『せ、芹沼さん、何もされてない?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ちちち、違う、違うの。さっき、ちょっと変な人に絡まれて助けてもらったの』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え、絡まれた?ごめん、俺たちが遅くなったから』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『そうじゃないの。とんでもないよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『私の我儘に付き合ってくれて、ごめんは私の方だよ。本当に感謝しています、ありがとう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『よーし、打ち上げ行くか』
『おう』
『帰るだけなら、もう楽勝ですしね』
『初めてだけど楽しかった』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

〈だが、彼らは知らなかった。帰りの交通網は行き以上の地獄だということを〉
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

〈ゆえに、打ち上げ兼クリパ会場に着くころには男子全員が屍だったという〉
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『もう勘弁してくれ』
『死ぬ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うふふ、初めてのコミケってたら、そうなるよね。気力使うから』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『不思議だよね。体力で負けてる私は元気なのに』
『そりゃ萌えてるからでしょ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『萌えエネルギーあるある』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、そうだ。それでね、すっごいカッコいいセバスさんがいてね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『写メは?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『それがないんだよ。あー、撮らせてもらえばよかった』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『それは光栄だな』
『え』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『今からでも、どう?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え、え、えー。うそ、なんで、ここの生徒?えー』
『うん、1年F組』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『じょ、女子ー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『二科志麻。よろしく先輩』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7


『あ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『お、お前』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『どうも』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『紹介するね、二科志麻ちゃん、四ノ宮くんと同じ1年生だよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『お前、知らなかったのかよ?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『6クラスもあるのに知りませんよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『つーか、女だったのか』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『この前は男レイヤーと思ってたからビックリしたけど、話してみたら私たちすっごく気が合うの』
『ねー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『じゃあ、あれはまぁノーカンだな』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『二科さん、まだ帰らないの?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『正月どうするの?3学期になったらまた3年のところに遊びに来なよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『二科さん、年明けの試合また助っ人来てよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ずるい、うちが先だよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《な、なんだ、この敗北感》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《これはあれですよ。宝塚的な》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《いや、とはいえさ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《言ったら負けです》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『つーかさ、同じ学校なことにまず驚くんだけど。偶然にしちゃ出来過ぎだよね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ええ、芹沼先輩の噂は前から伺っていました。でもあの出会いは本当偶然で』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『そう、出来過ぎですよね。出来過ぎた偶然は運命というのかもしれませんね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『この縁は大切にしたい。良かったら今度うちに来てください。ミラ―ジュ・サガについて語りあかしましょう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

〈ミラ・サガ、語りあかし〉
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ぜひー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『待ったー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『俺らも行く、ぜひ。ミラージュ・サガ?について語りあかしたい。なぁ、四ノ宮くん?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ええ、本当ですね。喉が潰れるまで語り明かしましょう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『じゃあ、俺も』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『なんか、楽しそうだね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『皆、ミラ・サガに興味持ってくれたんだ。うれしい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いやー、まあ今時男子の当然のたしなみ?』
『ですね、ですね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『では、みなさんもぜひご一緒に。でも少しだけお願い聞いて頂けると嬉しいです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『す、す、すご』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『おかえりなさいませ、志麻お嬢様』
『さあ、どうぞ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『部屋は3階です』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《この女、実は二次元から飛び出してきたんじゃねぇーかな》
《言いたいことはわかりますよ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『どうぞ。ここは主にフィギアのコレクションルームです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『スゴイ、スゴイスゴイスゴイ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うわー、シオンのフィギアがこんなに。どれも美しい、どのシオンも天使』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『こっちのは昨年ワンフェスで買いました』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『知ってる。超有名原型師さん。しかも完全受注生産のガレキだよね。ってことはもしかして?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はい、私が』
『えー、すごい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《じゅ、呪文?》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、これ鶴ヶ城だ。こっちは彦根城。これも二科さんが作ったの?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はい、プラモですが』
『すごいね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いえ、まだまだです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《む、六見さんが落ちた》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『気をつけろよ、お前ら。アイツなんか手ごわいぞ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ラジャー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《こいつら仲いいよな》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ここは衣裳部屋です。今まで作った服を全部とってあります』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『志麻ちゃんはなんでも作るんだね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いえいえ、芹沼先輩の作った四ノ宮くんのドレスの方が素晴らしかったですよ』
『なんで、知って』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『舞台を見ました。四ノ宮くんも可愛かったですよね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『可愛いっていうな』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え、だって本当に可愛かったよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『だから言うな。馬鹿にしてんのか』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『言ったれ、言ったれ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『馬鹿になんてしてないよ。すごく美しい着こなし、素晴らしかった』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『そ、それはどうも』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《あのバカ、チョれー》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『気を付けろって言ったばっかしなのに』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『どうどう』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《しかし、大した人タラシだな》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『さ、一番お見せしたい部屋はこちらです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『わぁー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『コミックスに小説、ラノベ、特装本、限定本に同人誌っていうかこのBL棚の充実ぶりスゴイー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『見ていい?見ていい?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『どうぞ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、ゼブラストライプの本。全部そろってる、私の持ってない昔の本とかある』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『それこの間、俺が並んだとこか』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、私のサークルです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『は』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『それ私のサークルです。漫画も描いてるんです』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『嘘つけ、テメェ。いくらなんでも盛り過ぎだろ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ほ、ほ、ほ、ほ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『どうした芹沼、ハトの真似か?ガツンと言ったれ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ほ、本当に?あなたが横縞先生?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はい、ちょっと待ってくださいね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『これで信じてもらえるかな』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、あなたが神か』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《う、うめぇ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『わ、わたし、ゼゼゼブラストライプの本、だ、大好きで、い、いつも買ってます。よ、横縞先生、あ、握手』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『芹沼さん、落ち着いて』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ありがとうございます。これで喜んでもらえるなら、いつでも書きますよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《いつでも書きますよ、いつでも書きますよ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『抱いて』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『コラコラコラ、しっかりしろ芹沼』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『それくらい俺も描ける。美術3を舐めるな』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『てか、良くも悪くもないですよね』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うるせー、どうや』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《ダメだ。金持ちで、美形で人たらしで何でもできて、盛り過ぎなんだよ。チートか、勝てるとこがねぇ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あー、シオンだよね?これ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『は?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『嬉しい、もらってもいいかな?これ』
『いや、ダメだろ下手だし』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『そんなことないよ。すっごい可愛いシオンだよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ、おう。そんなんでよければ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『僕のはどうでしょうか?』
『俺も描いてみた』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『キャー、キャー、良い』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《シオンって描いてありゃなんでもいいんじゃねぇーのか、こいつ》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ふふ、さて皆さんにお願いがあるって言ったの覚えています?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うん』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『こちらへ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『何するの?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『モデルになってほしいです。せっかくなので』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『は?』
『写真撮られりゃいいの?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『せっかくなんでって何ですか?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『志麻ちゃん』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《せっかくイケメンがそろってるならってことだね》
《イエス》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うっ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『やはりここは基本に立ち返って』
『ええ、本心を意識してない親友、もしくは先輩後輩同士で』
『王道だね、王道』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ん?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『OK、五十嵐くんと七島くん。六見先輩と四ノ宮くん、それぞれペアで』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『何を相談してた、お前ら!?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『いいですね、そのまま顔を近づけて、少し傾ける』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『唇は薄く開く、いいですよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『バッチリです。そのまま肩に顎を乗せてみましょうか』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『こう?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ひっ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『四ノ宮くん家の柔軟剤、うちと同じだ。いい匂いだよね、これ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『やめろー』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

〈天国〉
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『では、次は膝枕してください』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『は?』
『やるかバーカ』
『えー、約束したでしょ?』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『もう、十分果たしたと思うけど』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『志麻ちゃん』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『お』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『こういうのは見せた方が早いよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『膝枕はこう』
『頬に手を添えると淡い恋心が表現できてgood。なおかつ、キャッチ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

〈な、何の話だよ〉
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『そして、そのまま顔を近づけ、目は開けたまま』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『あ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『はっ、あー、ご、ごめんね。は、恥ずかしい』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『先輩、可愛いよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『うわ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『何してんだ、二科テメェ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『え、今、え』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『おい、悪ふざけは』
〈私、今〉
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ふざけてないですよ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『芹沼、今のはノーカン、ノーカンだぞ。ほら、アイドルのPVとかでもやってんじゃん』
『あ、み、見たことあります』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『ふざけてないですよ』
『え』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『本気にしてもらわないと困ります』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

『コイツ』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

《芹沼花依、17才。ファーストキスはイケメン女子》
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

次回予告
『芹沼先輩はいつもご飯を美味しそうに食べますよね。しかも食べ方が綺麗』
『本当?ありがとう。私も志麻ちゃんとご飯食べるの好き』
『結構大食いなんですよ、私』
『でも、全然太ってないよね。まさかダイエット?』
『特に何もしたことはありませんが、家族全員同じような感じですから体質ですかね』
『うちはお兄ちゃん痩せてるな。あ、それって私が小っちゃい頃からお兄ちゃんのおやつ勝手に奪って食べてたからかも』
『結果的に先輩はお兄さんの』
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7
%e7%a7%81%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%86%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%99%e3%82%93%e3%81%a0-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%81%af%e8%81%96%e5%9c%b0%e3%81%a7

みんなの感想ツイート

私がモテてどうすんだ4話視聴して爆笑した午前0時
「私がモテてどうすんだ」の4話、ちょっとやばかったですね、はい。
私がモテてどうすんだ 第4話
イケメン沢城みゆきち来たー! pic.twitter.com/I4eyPdb7kY
私がモテてどうすんだ、が4話で桜トリックで百合アニメになった。ええやん!
私がモテてどうすんだ4話が面白すぎてやばい件(腹筋崩壊)
私がモテてどうすんだ第4話見た。面白かった。ギャグ調だからぱっと見は違うけど、二科さんってげんしけんで言うところの波戸くんだよね。ラブコメ参戦上等でしょ、盛り上がってきたな。
私がモテてどうすんだ4話を見てた時「わー!?ありがとうごさいますー!!」ってなってた
私がモテてどうすんだ4話
BLだけでなく百合もあるのか…
最近、『私がモテてどうすんだ』が本当癒しなんですが。4話、神回かよ。
私がモテてどうすんだ4話視聴。腐女子趣味を受け入れてくれるイケメン男子達による逆ハー、そして周囲のイケメン男子で腐妄想し放題、というだけにはとどまらず、まさかのイケメン女子による百合展開が熱い!あらゆる層をカバーしており、私は感心するばかりです。

公式関連ツイート情報

RT : TBSにて第4話「クリスマスは聖地で♡」をご視聴いただきました皆様ありがとうございました!

このあと20分程で、
CBCにて深夜2時54分〜放送♪

次回は『元にもどってどうすんだ』です!
引続きお楽しみくださいませ(⊃´▿` )⊃ #…

RT : 昨晩は『私がモテてどうすんだ』第4話ご視聴ありがとうございました!

二科さんキラキラしすぎ…!沢城さんのお芝居でより格好いい二科さんに(/▽\)♪
二四五六七出揃いましたので、花依ちゃんを巡ってこれからさらに楽しい掛け合いが繰り広げられます!…


感想

今回、4人の最大のライバルである志麻ちゃんが登場しましたね。
コミケにBLに百合に乙ゲーとどこまでこのアニメは詰め込んでいくのでしょうか。
次回はついに花依ちゃんが元の姿に戻ってしまう話みたいです。
彼らの反応がとても気になりますね。

人気アニメ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)