【終末のイゼッタ】第10話 降り続ける絶望の最中、希望は果たしてあるのか――?

 

661views

第10話 「魔女の鉄槌」

ゲールの攻撃は続く。命からがらにイゼッタを救い出したエイルシュタットの兵士たちとハンス。フィーネに突き付けられた選択肢、亡命――イゼッタはまだ戦えるというが……。

終末のイゼッタ面白いけど
リッケルトくん死んじゃったし~
ゾフィー怖いし~~~
リッケルトく~~~~ん???
ビアンカさんといい感じだったじゃーん?
幸せになって欲しかったよーお!!
にしても、イゼッタ本当可愛いな
応援したくなる!頑張れ頑張れ!!
どう考えても終末のイゼッタはハッピーエンドにならん確率高杉内!
でも好きなんや!
終末のイゼッタの展開が激アツすぎる

#終末のイゼッタ

民や家臣を置いて逃げることに躊躇するフィーネを諭すジークshu10_1756000 shu10_5904000 shu10_9579000 shu10_13825000 shu10_16625000 shu10_23172000shu10_45225000 shu10_144014000 shu10_152427000 shu10_163726000 shu10_166754000 shu10_170331000 shu10_175528000 shu10_178363000 shu10_187014000 shu10_191805000 shu10_199275000 shu10_203141000 shu10_206239000 shu10_209125000 shu10_220339000 shu10_224474000 shu10_233503000 shu10_237347000 shu10_241673000 shu10_245681000 shu10_248058000 shu10_255008000 shu10_261776000

命がけでイゼッタを助けるハンスたちshu10_280120000 shu10_287350000 shu10_292370000 shu10_296881000 shu10_299247000 shu10_304216000 shu10_307843000 shu10_310320000 shu10_315663000 shu10_319276000 shu10_322286000 shu10_324141000 shu10_329663000 shu10_339182000 shu10_344438000 shu10_357051000 shu10_369359000 shu10_380918000 shu10_384984000 shu10_389738000 shu10_398943000 shu10_409244000 shu10_417377000shu10_423032000

ゾフィー「ねえ、約束は守ってくれるんでしょうね?」
エリオット「相変わらず無礼ですね?」
ゾフィー「うるさいわね」
オットー「怖いもの知らずだな。だがそれがいい」
ゾフィー「あの国を滅ぼすのは私よ。大公たちには真の絶望を味わって死んでほしいの」
オットー「すぐにお前の願いを叶える最高の舞台を用意してやる」shu10_423032000 shu10_425968000 shu10_444992000 shu10_455562000 shu10_457760000 shu10_466368000 shu10_469265000 shu10_490058000 

ベルクマンを昇格させ、自らが指揮をとるというオットーshu10_508955000 shu10_514469000

イゼッタの祖母「白き魔女は裏切りの魔女。お前は彼女のようになってはいけないよ? あの魔女は魔法によって人の世の理に手を出した。戦いに勝つために最初の魔女が持っていたという力の石。魔石を持ち出してしまったのさ。魔女の命を削って力を覆す、禁断の石さ」shu10_532852000 shu10_545964000 shu10_552119000 shu10_556421000

イゼッタが目を覚ましたことを喜ぶフィーネ。何が起きたか説明するshu10_558477000 shu10_566604000 shu10_570634000

イゼッタ「戦争はどうなったのですか?」
フィーネ「おいおい説明してやる……。だから今は慌てるな……。とにかく、そなたが目を覚まして嬉しい。イゼッタ……」shu10_593569000 shu10_601094000 shu10_612696000

イゼッタ≪あの日、ランツブルックが陥落してから一か月が経ちました。首都から逃れたわたしたちはアルプスの山中にある、隠し砦に造られた基地に籠ることになりました。万が一の場合、大公家が逃れるために用意した場所のようです。今では軍の司令部のみなさんと合流して、この洞窟が首都の代わりとなっているのでした≫shu10_620316000 shu10_627662000 shu10_634548000 shu10_642150000

イゼッタ「あの人……本物の白き魔女だって言ってました。科学の力で蘇った本物の魔女」shu10_647714000 shu10_661351000 shu10_665569000

魔女ゾフィーの名をなぜか知っているジークshu10_696674000

ジーク「だとすれば、彼女はこれからも容赦しないだろう。同じ魔女である君にも。そしてそれ以上に我々にも」shu10_700930000 shu10_707720000 

フィーネ「彼女はおとぎ話の王女の妃。私の祖先に疎まれて、家臣たちの裏切りにあい、異端審問官に売られて処刑されたらしい。それが……密かに語られていた伝説の白き魔女の真実だ」shu10_743996000 

フィーネ「あの人……私が魔法を使えない場所でも魔法を使えてた」
ジーク「それはおそらく、魔石によるものだろう」shu10_754523000 shu10_757107000

エリザベート「魔石。伝説の白き魔女の肖像にも描かれている、魔女の杖を飾る石。大地の魔力を吸い取って蓄積、あるいは結晶化する謎の物質。魔力の流れを川に例えるなら、普通の魔女は川沿いの水を汲みだしてしか使えない。けれどあの石はその水を溜め、あるいは氷にして持ち運ぶことができるようにする」shu10_768080000 shu10_772449000 shu10_774545000 shu10_811181000 shu10_813050000shu10_821473000 shu10_827907000 shu10_831547000 shu10_834233000 shu10_844385000 shu10_847911000 shu10_854823000 shu10_857220000 shu10_867685000 shu10_874977000 shu10_881276000 shu10_900465000

ジーク「魔石によって魔力を奪われた土地は、魔力が枯れてしまう。君がゼルン回廊で負けたのはおそらく、あらかじめゾフィーが魔力を全て吸い上げていたからだろう。君を、罠にかけるために。唯一の弱点であった場所の制限を取り払われた魔女は、真に恐るべき存在だ」shu10_903777000

ジーク「なぜそんなに私が詳しいのか、疑問に思っているね? 我がミラー家は、おとぎ話の――いや、史実としての白き魔女の事件に関わっているんだよ。ずっとただの伝説だと思っていた我が家に伝わる魔女に関する逸話。だが君という魔女が現れ、僕は改めて調査した」shu10_915893000 shu10_924743000 shu10_927760000 shu10_934902000shu10_943593000

ジーク「そしてそれを見つけたのは君たちがブリタニアに発ったその後。その本はひっそりと隠されるようにあった。おとぎ話の王子、マティアス一世に仕えた我が祖先が書いたと思われる手記。そこには罪と後悔が綴られていた」shu10_951665000 shu10_955403000 shu10_962409000

ジーク「妃の王家であるメルダース家と結託し、魔女ゾフィーを異端審問官に売った裏切りの記録と、彼女の力の秘密が」shu10_970993000

ハンス「魔女ゾフィーに率いられた大部隊が、ロンデニアを攻撃したと!」shu10_985828000shu10_995866000 shu10_1000204000 shu10_1004303000 shu10_1008297000 shu10_1015148000

エリザベート「その魔石は、元の半分しかないのだろう? それでもそんなにも体の負荷が高いのか?」
クローン体であるゾフィーはあまり長くは持たないらしい。shu10_1020775000 shu10_1041495000 shu10_1056363000

エリザベート「一応、今工房では代わりとなる肉体が量産されている。今の君の意識を継続できるかは不明だが、それでも可能性として――」
ゾフィー「興味ないわ。もともと死人よ」
エリザベート「お前が集めた魔力の結晶。我々がエクセニウムと名付けた新兵器の開発も順調に進んでいるとの報告もあった」shu10_1059892000 shu10_1061388000 shu10_1067164000 shu10_1074946000shu10_1084644000 shu10_1094742000

ベルクマンは降ろされてしまったようです。オットーに警戒されて。shu10_1100514000 shu10_1110353000 

バスラ―「陛下の不評を買った者が、半年以上生き延びた話は聞いたことないぞ」
ベルクマン「ふっ……できる限り足掻いてみるさ」shu10_1134650000 shu10_1166359000

立つことができなくなったイゼッタ。おまけに状況的に亡命を進められるフィーネshu10_1172333000 shu10_1175544000 shu10_1183765000 shu10_1200214000 shu10_1219078000

イゼッタ「待ってください! わたし、まだ戦えます! ひめさまが国にいたいなら絶対に何とかしますから! 足が使えなくったって、魔法が使える場所ならまだなんとかなります!」shu10_1227123000

フィーネ「そうか……私が諦めぬ限り、そなたは戦おうとしてしまうのだな。そなたの祖母は魔法の力を使ってはいけないと言っていたのに、それを私は無理やり戦場に引きずり出してしまった。これがその結果か。ありがとう、イゼッタ。そなたにはどれだけ感謝しても、どれだけ詫びても足りぬ。だが……きっとここまでだ」shu10_1228830000 shu10_1264525000shu10_1265288000 shu10_1273430000

各国に様々な要求、賠償金の請求、そして同盟の一方的な破棄、さらには世界まで手に入れるとオットーは宣言しますshu10_1282636000 shu10_1303686000 shu10_1348528000

イゼッタ「まだ終わらない! まだひめさまに返せてないのに……!」
ジーク「どうしても、君がこの状況を何とかしたいというのなら、方法はある」shu10_1362153000 shu10_1368236000 shu10_1372258000 shu10_1380050000 shu10_1402250000 shu10_1407476000

みんなの感想ツイート

【終末のイゼッタ】第10話感想!「エイルシュタット軍人の意地を見せたな」
rikukaikuu.com/izetta/17238
#イゼッタ pic.twitter.com/VOb0Xcm1Dh
『終末のイゼッタ』10話感想♪イゼッタまだ15歳だったのかw(゜ロ゜)あの墜落で下半身不随って残酷やな………これ国救えてもイゼッタが生きてる未来が見えない(^_^;) pic.twitter.com/2KKMCfrxxv
『終末のイゼッタ』多分第一次大戦で敗北してないゲール(ドイツ)を統べる国王のモデルは明らかにルードヴィヒ2世だし、魔力を推進力にして飛ぶV1ロケットがロンドンの爆撃に大成功したりする架空戦記ぽさが、キム・ニューマンのドラキュラ戦記シリーズみたいで好き。
終末のイゼッタ、前話で展開がはっちゃけてて頭を捻ったのだけど、最新話みてここまでやるなら面白いからもっとやれって感じになってきた

公式関連ツイート情報

今週もご視聴ありがとうございました!3週連続アニメイト池袋本店にて実施の『エイルシュタット合言葉キャンペーン』。次回12/7の合言葉は「ゾフィー」です。合言葉を伝えて「ベルクマン」ステッカーをゲット
!… twitter.com/i/web/status/8…
ほのぼのストーリー1ページ漫画「週末のイゼッタ」第9話掲載。新たに開発されたイゼッタ専用装備を引っさげて、いざ、ゼルン回廊へ!続きはこちら⇒izetta.jp/comic.html (宣伝テッチリ) #イゼッタ pic.twitter.com/4PnEWR6TAv


感想

圧倒的絶望の連続で、絶対的絶望下で、最後に出てきた一縷の望み……最終回も近いこともあって盛り上がりは大きいと思います。同時に、石によるデメリットの影響、そして新たなクローンの存在と新兵器の存在。果たして侵略を食い止めることができるか、そして幸せの未来はあるのかどうか……。結末は、果たして……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)