【終末のイゼッタ】第11話 見え始めた希望と絶望、そして最後の戦場へ――

 

939views

第11話 「フィーネ」

魔石の力は命を削って魔女に力を与えるもの。そして、敵の強襲。フィーネに突き付けられる選択とは――

終末のイゼッタ思ってたより面白いアニメだな
終末のイゼッタ、バットエンドフラグしか見えないんですが大丈夫なんですかね…
#終末のイゼッタ
終末のイゼッタが個人的にめっちゃ好き、大好きな姫様の為に戦う魔女尊い…

ジーク「魔女を殺せ。それが妃殿下の下した命であった。その命がいかなる心持から出されたものか、想像に難くなかったが、我らにその命に抗う術はなく、我とメルダースの末弟はゾフィーが信頼の証として渡してくれた地図を逆手に取り、彼女が力の使えぬ土地で、彼女から魔石を奪い、異端審問会に引き渡したのだった。砕けた魔石は、国を救った恩人に対する裏切りの象徴であるかのようだった。恐らくあの時のゾフィーの怨嗟の顔が一生、忘れられぬだろう」shu11_8025000 shu11_19279000 shu11_27679000 shu11_30206000 shu11_32859000 shu11_38620000 shu11_50273000 shu11_52896000shu11_59859000 shu11_66469000 shu11_70954000 shu11_163292000 shu11_171855000 shu11_176983000 shu11_179832000 shu11_185937000 shu11_191388000 shu11_212204000 shu11_222620000 shu11_230765000 shu11_248577000 shu11_261635000 shu11_274464000 shu11_279371000 shu11_282412000 shu11_288443000 shu11_292148000 shu11_296601000 shu11_305644000 shu11_307675000 shu11_311786000 shu11_316781000 shu11_323813000

フィーネ「イゼッタは無事だろうか?」
ビアンカ「恐らく。今ジーク殿との外出しているハズですので」
フィーネ「外出だと!? なぜ!?」shu11_341758000 shu11_354501000

「オルトフィーネ大公! 降伏して出てきなさい! 早く出てこないと! 引き金を引く私の手が疲れてしまいます!」shu11_373224000 shu11_380009000 shu11_382868000shu11_390256000 shu11_394992000 shu11_401272000 shu11_407186000 shu11_413756000

「お初にお目にかかります大公殿下。手こずらせてくれましたな?」
フィーネ「貴君らに従う。その代わりここにいる者の身の安全を保障してほしい」
「おや? 交渉の余地がおありだと?」
フィーネ「どうか、頼む」
「台無しですよ大公殿下! 気高くどこまでも抵抗してくださらないと面白くないではないですか! 全くがっかりだ! この地下壕は中のネズミごと火炎放射器で焼き払うことにしましょう!」
イゼッタ「ひめさまから手を放して!」shu11_428395000 shu11_443178000 shu11_456369000 shu11_462880000shu11_474086000 shu11_483833000 shu11_490343000

ベルクマン「魔石の片割れか」shu11_493333000shu11_496267000 shu11_501455000

ジーク「魔石は魔女の寿命を蝕んで力を引き出す。使い過ぎれば長くは生きられないと」
ビアンカ「ならなぜ今出す! イゼッタは充分戦ったんだ! フィーネ様だって、そんな力を使って戦っても絶対に喜ばない! こんなになって、見ていられないんだ! もう……!」shu11_510952000 shu11_529081000shu11_541577000 shu11_547773000 shu11_553585000

イゼッタ「ありがとうビアンカさん。でもわたし、最後まで戦いたいんです。全部終わるまで。だってひめさまのために戦うためだけが、それだけがわたしのしたいたった一つのことだから」shu11_557016000 shu11_565197000shu11_573513000 shu11_587929000 shu11_590025000 shu11_593721000 shu11_598162000 shu11_601379000 shu11_607329000

ベルクマン「ここまでか。最期に教えてくれるかな? 親衛隊には皇帝から僕の抹殺命令が出ている」
「ああ、そうだとも! お前はもう終わりなんだ! お前だけが! なのになぜ私だけがこんな目にあう!」
ベルクマン「さあね」shu11_610112000 shu11_614991000 shu11_626927000 shu11_632876000

ベルクマン「撃たないでくれ! 投降する」shu11_642736000 shu11_647863000 shu11_653183000 

ベルクマン「姿が見えないと思ったが、なるほど。魔力を充填しに行ってたのかな?」shu11_659571000 shu11_666927000

ベルクマン「だがよく決意したものだ。使えば体が痛みで苛まれ、命が削られていくというのに」shu11_676858000shu11_681340000 shu11_688398000

ベルクマン「結構な超距離ドライブだったが、登りがあまりなかったあたり、森の中にでも移動したのかな?」
ジーク「君が、ゾフィーの仕掛け人だろ? アルノルド・ベルクマン少佐」
ベルクマン「先日、中佐に昇進したよ。ジークハルト・ミラー補佐官」
ジーク「今は主席補佐官だ」shu11_704776000 shu11_710449000

ベルクマン「僕の上着の、襟の後ろを破れ。そこにフィルムを隠してある」shu11_716498000 shu11_722736000shu11_774731000shu11_779497000

ベルクマン「ゲールが魔女を作った魔法結晶。エクセニウムと名付けられた新エネルギーを使った新型爆弾の実験に成功した。その爆弾は、やはり魔力で飛ぶ新型ロケット弾。ミサイルと名付けられた兵器に搭載され、ランツブルックに向けて放たれる予定だ」shu11_782987000 shu11_785084000 shu11_789620000 shu11_795411000shu11_800272000

ベルクマン「そして時を同じくして、ゲール主催で列強の代表者を集めて秘密会談がべストリアで行われる。参加者の身の安全を完全に保証するという条件付きでね。講和の作戦と銘打っているが、実際には新型爆弾のお披露目と恫喝だ。エイルシュタットのようになりたくなけば、全面降伏せよ、と」shu11_812708000 shu11_815640000 shu11_820912000 shu11_843277000

ジーク「なぜお前はそんな情報をあっさりと渡す!?」
ベルクマン「今の僕はゾフィーの任から外されて、抹殺命令が出されてる身なんでね。君たちには親衛隊を手にかけることで覚悟を見てもらったつもりだが? こうなった以上、君たちに勝ってもらうしかないのさ。それにゾフィーを倒せばイゼッタは間違いなく世界最強の存在になる。一人でゲールを滅ぼすことも可能だからね」shu11_854391000 shu11_873238000

ジーク「お前に国への忠誠はないのか……!」
ベルクマン「僕はただ、死にたくないだけだよ。そして殺されないようにする一番簡単な方法は、自分を殺しそうな者を全て殺してしまうことだ。違うかい?」
ジーク「そんな理屈を通せば、最後には自分以外残らなくなるぞッ!」
ベルクマン「ああ、それはいいね。とても安全そうだ」shu11_887771000 shu11_895280000 shu11_902737000 shu11_907534000shu11_911450000 shu11_913097000 shu11_917630000

フィーネ「これも魔女の力が戦争に使われた故か……。もうよい。降伏しよう。この身を差し出せば、ゲールもそこまでせぬはず。その魔石はそなたの命を削っているという。そんなそなたをこれ以上戦わせるわけにはいかぬ――もう全て終わりにしよう」shu11_926790000 shu11_939053000 shu11_959517000 shu11_994088000shu11_997617000

イゼッタ「一人で、勝手に終わらせないでください! ひめさま、いつも言ってた! いつも国のみんなに生かされている! だから戦うんだって! わたしもそう! わたしのためにたくさんの人が命を差し出してくれた! わたし、こうしてまだ立ってる! まだ戦える! 二人で始めたことだもん! 二人で終わらせなきゃ! 苦しいのも辛いのも分かってる……! でも、それでもいつもみたいに……。お願い、フィーネ」
フィーネ「……我が名はフィーネ。オルトフィーネ・フリーデリカ・フォン・エイルシュタット。そうだな。私は生きている限り、そなたの願いを叶えると誓ったのに。すまなかったイゼッタ。戦おう、共に」shu11_999743000 shu11_1009425000 shu11_1022323000 shu11_1026390000-1 shu11_1030891000-1 shu11_1047063000 shu11_1052960000 shu11_1058852000

フィーネ「べストリアの会議には何としてでも出ねばならぬ。ゾフィーを倒すならば余計に。必要な書類や伝手は、貴様なら用意できるな、ベルクマン? 列強が先に講和を飲んでしまうことは避けねばならん。それにイゼッタが勝った場合もまた、いや、その時こそ、私がそこにいなければならぬ」
ベルクマン「もうゲールには戻れないしね。一蓮托生だ。大公殿下」
ジーク「私とビアンカも同行します」shu11_1064991000 shu11_1090421000 shu11_1094930000 shu11_1103548000 shu11_1108210000 shu11_1119290000 shu11_1125382000 shu11_1135065000 shu11_1140783000 shu11_1152670000 shu11_1156718000 shu11_1159441000 shu11_1164407000 shu11_1165921000 shu11_1171532000 shu11_1185618000 shu11_1188383000 shu11_1196647000 shu11_1210471000 shu11_1216556000 shu11_1221953000 shu11_1246051000-1 shu11_1248685000 shu11_1251594000 shu11_1256413000 shu11_1260880000 shu11_1264548000 shu11_1273912000 shu11_1297053000 shu11_1300996000 shu11_1306333000 shu11_1312370000 shu11_1327212000 shu11_1330680000 shu11_1333215000 shu11_1337444000 shu11_1342637000 shu11_1345014000 shu11_1349421000 shu11_1356632000 shu11_1362654000 shu11_1370936000 shu11_1377261000 shu11_1380903000 shu11_1385510000 shu11_1390533000 shu11_1398466000 shu11_1400919000 shu11_1403036000 shu11_1406457000 shu11_1408799000

みんなの感想ツイート

終末のイゼッタ11話視聴。子安さんがいきなり出てきていきなり退場した。イゼッタも魔石使ってチート状態なんだけどもう不幸になる未来しか見えない。フィーネとイゼッタのランデブーはつかの間の休息。来週最終回だなんて信じられない。展開が早い。ベルクマンも死にそうだなぁ
終末のイゼッタ、来週もう最終回かぁ、早いなぁ。
クローン増産されていたら2時間しのぐだけでは終わらないだろうなぁと思いつつドクペがすすむ(´-ω-`)ゴクゴク
終末のイゼッタのフィーネ様とイゼッタが熱々過ぎてやばい …
終末のイゼッタが最後にとんでもない百合展開ぶち込んで来たのでニヤニヤ見てました。
『終末のイゼッタ』第11話感想・・・名前呼びのシーンがキマシタワーすぎてニヤニヤが止まらん!もう来週最終回とか嘘だろ・・・ yaraon-blog.com/archives/96620 @yarare_kanrininさんから

公式関連ツイート情報

そして、いよいよ来週は最終回!エイルシュタットの、そしてイゼッタとフィーネの行く末を一緒に見守ってください!(宣伝テッチリ) #イゼッタ
ほのぼのストーリー1ページ漫画「週末のイゼッタ」第10話掲載。ゾフィーに敗れ、ゲルマニアに囚われたイゼッタを救うためエイルシュタット軍のみんなが立ち上がる!がんばれハンス!続きはこちら⇒… twitter.com/i/web/status/8…


感想

まさかの展開と、同時にどう物語が進んでいくのか、そして、最終回に待ち受けるのは終末か、終末を終わらせることができるのか――見逃せなくなってきました。果たしてどうなっていくのか、全く予想ができなくなってきました。次回、注目の最終回です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)