【終末のイゼッタ】第2話 ライフル銃と戦闘機によるドッグファイト勃発 公女と魔女の絆

 

1,181views

第2話 「傷跡と、銃声と」

目を覚ましたイゼッタは、公女フィーネの容態に気づく。血が止まらぬ彼女を地上に下そうとするが、ゲルマニアの戦闘機に発見され、追い詰められてしまう。

どようびは終末のイゼッタとうどんもあるからすさまじいアニメラッシュやな
終末のイゼッタ
キャラデが最高だな
BUNBUNさんの絵をそのままアニメに起こせてる
SAOもこのキャラデならよかったのに
終末のイゼッタ、僕の大好きなアニメだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
今期アニメの期待大なのは終末のイゼッタ。百合可愛い
完全ノーマークだった終末のイゼッタがトップを走ってる。こういうアニメやるならやるって先に言っておいてほしい
今期の終末のイゼッタってアニメがかなり面白いんだけどなんか既視感あるなーってなって考えたらあれだ、コードギアス
そろそろ終末のイゼッタ2話だからTVつけよう。リアルタイムでアニメ見るの久しぶりだな
土曜アニメラッシュは長い…最後は終末のイゼッタ #izetta
今期覇権アニメ終末のイゼッタ




バスラ―『隊長機より全機。前方の山脈を超えたらエイルシュタットだ』
≪ハッ! しかし今だにあの小国を落とせないとは……。陸軍の連中、電撃戦の名が泣きますね≫
≪緊急事態発生! 機体がいきなり破断した! くそ、体勢がとれ――ぐああああっ!≫
≪八時の方向!≫
バスラ―『確認する! ついてこい!』shu02_141870000shu02_143751000shu02_157065000shu02_166651000shu02_175003000

イゼッタ『ひめさま。本当にひめさまだ……!』
フィーネ『そなたの力は本当にすごいモノだな。助かった……ありがとう、イゼッタ』
イゼッタ『わ、わたしにありがとうなんて勿体ないですっ!』
フィーネ『イゼッタ、前を!』
shu02_178410000shu02_180122000shu02_198191000

イゼッタ『ふぇ? うわっ!?』
shu02_199949000shu02_201167000shu02_202296000shu02_204118000

イゼッタ『ごめんなさい! わたし嬉しくてつい注意がお留守に! あっ!』
shu02_205485000shu02_211087000


イゼッタ『ひめさま?』
フィーネ『案ずるな。最悪の事態に比べればこの程度の怪我……安いモノだ』
イゼッタ『待っててください! すぐどっかに下ります!』
shu02_221032000

フィーネ『待て。下りるなら、あの山を越えてくれ。我がエイルシュタットの砦がある』
shu02_227027000

≪あれが追走機を落とした敵!? 大尉、自分にはライフルに乗った二人の少女に見えるのですが……?≫
バスラ―『許可するまで発砲は待て』
shu02_235674000shu02_238651000shu02_240068000shu02_242647000shu02_247199000shu02_251630000

フィーネ『ゲイルの戦闘機だ!』
shu02_263882000shu02_266307000shu02_268189000shu02_269998000shu02_272319000shu02_274023000shu02_275455000shu02_278015000shu02_280921000


イゼッタ『ここなら……やれる! ひめさま、少しだけ痛いの我慢してもらっていいですか?』
shu02_282705000shu02_286438000shu02_287877000shu02_289288000

フィーネ『しかし魔女の力はみだりに使ってはならぬと』
イゼッタ『大切なものを守るためなら、おばあちゃんも許してくれると思います』
フィーネ『……すまぬ』
イゼッタ(おばあちゃん、ごめんなさい。言いつけ、破ります!)
shu02_294204000shu02_306290000shu02_314899000

バスラ―『撃つなと言ったろうがッ!』
≪400キロ!? 化け物め!≫
shu02_319801000shu02_319801000shu02_326937000shu02_328531000shu02_332894000shu02_338428000

バスラ―『逸るな! ひよっこども!』
shu02_347365000

イゼッタ『大丈夫ですか!? ひめさま!』
フィーネ『昔、飛んでいるそなたを見て……いつか一緒に飛びたいと……こんな形で叶うと……』
イゼッタ(ひめさま、息熱い!)
shu02_353145000shu02_365260000shu02_375134000shu02_378721000shu02_379853000shu02_382096000shu02_383218000shu02_384518000shu02_385915000


イゼッタ『おいで!』
shu02_387102000shu02_389488000shu02_392219000

≪なんだあれ……! まるで……!≫
バスラ―『バカッ! 上げろッ!』
≪魔女……!≫
shu02_399311000shu02_400626000shu02_402964000shu02_404832000

バスラ―『この科学の時代に!』
shu02_407878000

イゼッタ『死んじゃった……よね?』
shu02_415165000

バスラ―『お前が何かは知らん。だが俺の――敵だッ!』
shu02_428981000shu02_430363000shu02_437804000shu02_443793000shu02_449069000

≪大尉!≫
バスラ―『おのれ!』
shu02_452050000shu02_454184000shu02_458011000


イゼッタ『ひめさま! 山を越えました! ッ!』
shu02_459723000shu02_461381000shu02_464544000shu02_469792000shu02_474560000

イゼッタ『力が……!?』
shu02_476777000

イゼッタ『逃げられない!』
フィーネ『あれに向かって、まっすぐに!』
shu02_481825000shu02_483889000

フィーネ『そなたにだけ、手を汚させぬ……!』
shu02_487493000shu02_490643000shu02_492292000shu02_497924000shu02_502447000shu02_506397000shu02_508794000shu02_510367000shu02_512336000shu02_513702000shu02_515043000

バスラ―『魔女……! バカな……!?』
shu02_519427000


イゼッタ『ひめさま……! ひめさま! ひめさま!』
shu02_528364000

イゼッタ『山の中の砦に行って、そこならきっと……! ありがとね。けどもう連れて行けない。ひめさま、もう少しだけ我慢してくださいね』
shu02_536157000shu02_540769000shu02_543382000shu02_547329000shu02_549562000shu02_553918000shu02_556633000shu02_558060000shu02_563125000shu02_571474000shu02_581319000


『ランツブルックの空が気球で満たされようとは。シュヴァイゼンの砦が落ちたか……』
シュナイダー『はっ! 残念ながら……』
『して、砦の兵たちは?』
シュナイダー『決死隊が勇敢にもブレーゲンの橋を落とし、生き残ったものは脱出したとのことですが、残念なことに数はそう多くはないそうです』
『首都を一気に狙ってくるかと警戒しておれば、西からか』
シュナイダー『ゲイルどもめ! 陽動とは何とも狡すっ辛いやり口を! ですが、その卑怯千万の振る舞いに我が軍の指揮はいや増すばかり! 現在、ケネンベルクに陣を張り、迎え撃つ準備をしています』
shu02_584732000shu02_587932000shu02_589639000shu02_593046000shu02_598990000shu02_603979000shu02_614555000shu02_624059000shu02_632988000

シュナイダー『あの卑怯なゲイル兵どもに目にものを見せてやりましょう!』
shu02_642657000

ジーク『精神論で勝てるほどゲイルは甘くはありませんよ? シュナイダー将軍』
シュナイダー『なんだと!』
『ジーク。フィーネから何か連絡は?』
ジーク『いえ。いまだ何も……』
shu02_647974000shu02_650965000shu02_652283000

ジーク『叶うなら。おとぎ話の魔女にでも縋りたいです』
『白き魔女は我らを救ってはくれるさ。伝説が仮にゴホッ!』
シュナイダー『閣下!?』
shu02_663390000shu02_665033000shu02_668429000shu02_679292000shu02_685523000


『少佐、自分は歩きます』
ハンス『休んでおけ。砦は落ちたけど、みんなにはまだ戦ってもらわないといけないからね』
イゼッタ『うわぁ!』
shu02_687379000shu02_690576000shu02_696443000shu02_720458000shu02_732118000shu02_737168000

イゼッタ『ごめんなさい! エイルシュタットの人ですか?』
ハンス『? ああ……』
shu02_744096000shu02_747176000shu02_753821000

イゼッタ『よかった! ひめさまを! ひめさまを! 助けてください!』
ハンス『フィーネ様……!』
shu02_757516000

医者『そっとだ。お湯を沸かしてくれ』
ハンス『ゲイルに捕まって、逃げてきた!? どうやって!?』
イゼッタ『それは……』
医者『君は……フィーネ様のメイドか何かか。手伝ってほしいんだ!』
イゼッタ『は、はい! お手伝いします!』
shu02_774061000shu02_776500000shu02_787475000

医者『弾は右上腕部を抉ったが、抜けている。応急処置は君が?』
イゼッタ『は、はい。血がいっぱい出てわたし……』
医者『よくやった。他に外傷はないし、消毒して縫合しよう――この脇腹の傷はすごいな……』
イゼッタ『……! ごめんなさい、ひめさま……』
shu02_789489000shu02_797592000shu02_799715000shu02_812973000

医者『? これは相当古い傷だよ。君のせいでは……』
イゼッタ『わたしのせいなんです』
医者『?』
shu02_818043000shu02_822082000


イゼッタ≪! うわっ!≫
shu02_827979000shu02_833590000shu02_841278000


フィーネ≪きゃあ!≫
shu02_843991000shu02_845903000shu02_848320000shu02_850683000

イゼッタ≪あのぅ……≫
フィーネ≪落ちちゃった! ごめんね! ねえ? あなたは魔女!?≫
イゼッタ≪ちがっ……!≫
フィーネ≪ごまかしてもダメ! みんなはおとぎ話だとか、いたとしても悪魔と契約した悪者だって言うけれど、私は信じてたの! 「バイスエクセ」伝説の白き魔女は必ず≫
shu02_860133000shu02_865002000shu02_871163000shu02_873594000shu02_882555000shu02_884348000

イゼッタ≪怖く……ないの?≫
フィーネ≪ううん。だってさっきのあなた、とても綺麗だった! あんな素敵なコトが出来るのは、いい魔女の証拠! そうで――ハクション!≫
shu02_890405000

イゼッタ≪あの、早く上がったほうが――ハクチッ!≫
shu02_905893000shu02_913235000shu02_922528000


フィーネ≪森の中を散歩していたら、とっても素敵な歌声が聞こえてきたの! なんだろうって思って声のする方に…………≫
イゼッタ(なんて綺麗なんだろう……おひめさまみたいだって、そう思った。そのときは、まさか本当におひめさまだって思いもしなかったけど)
shu02_933895000shu02_938425000shu02_942827000shu02_946017000shu02_954742000shu02_960037000

イゼッタ(ひめさまと出会うまで、ずっとおばあちゃんと二人で旅をしていた。流れ者は嫌われる。まだ力の扱いに慣れていないわたしのせいで、ひとつのところにいられない。……だから、ずっと諦めてた)
おばあちゃん≪イゼッタ。不憫な子よ。もう仲間は死んでしまった。お前は最後の魔女となるだろう。いいかい? 人前で力を使ってはいけないよ? お前は歴代でも飛びぬけた才能を持っている。だが、今の時代にその過ぎた力は……お前も周りも不幸にしてしまうからね≫
shu02_963343000shu02_974082000shu02_983462000

イゼッタ(けど、ひめさまはそんなことを気にしなくって。初めてだった。力のことを知ってて、それを素敵だって言ってくれた、たった一人の人)
イゼッタ(ずっとわたしのこと、わたしの魔女の力のことも嫌いだった。でもひめさまのお陰で、どっちも少しだけ好きになれたんだ)
shu02_1009827000shu02_1013794000shu02_1015951000shu02_1017973000shu02_1022779000shu02_1024228000shu02_1030563000shu02_1033474000shu02_1035275000shu02_1038566000


医者『これでもう大丈夫だよ』
イゼッタ『良かった……』
医者『次は君だ』
イゼッタ『え? わたし、どこも……』
医者『足が傷だらけじゃないか』
shu02_1051174000shu02_1053585000shu02_1065848000

イゼッタ『だ、大丈夫です』
医者『左手人差し指の裂傷。いいから見せたまえ』
shu02_1067536000

医者『おなかも減っているだろう。大したものはないが、分けてもらうといい』
イゼッタ『大丈夫です! ひめさまが痛いのに、ご飯なんか――』
ぐう~
shu02_1074871000shu02_1076313000shu02_1078943000shu02_1089934000

医者『いいから食べなさい。フィーネ様もそうお望みだよ』
イゼッタ『ひめさまが目を覚ますまでは食べません!』
医者『本当にフィーネ様のことが好きなんだね。友達なのかい?』
イゼッタ『違いますっ! ……友達なんて、恐れ多いです。ひめさまはわたしの、命の恩人なんです』
shu02_1096522000shu02_1098174000shu02_1105957000shu02_1120188000shu02_1125409000shu02_1128877000

ハンス『失礼。君も少し寝た方がいい』
shu02_1134282000shu02_1140532000

ハンス『安心したまえ。フィーネ様は、我々にとってもとても大事な方なんだ。決して目を放したりしないから。フィーネ様は民の命とご自身の命が等しいと考えている。高貴な血を引く中ではとても稀有な方だ』
shu02_1142660000shu02_1151785000shu02_1153329000

ハンス『本当は、ご自身の命がより重いと自覚してくれる方がありがたいんだけどね……でも、だからこそ命を賭けてお助けせねばと思っている。フィーネ様は我々の希望なんだ』
イゼッタ『希望……はっ!』
shu02_1167844000shu02_1170248000shu02_1179739000shu02_1181065000


イゼッタ『ひめさま!』
フィーネ『イゼッタ……』
イゼッタ『ひめさまぁ!』
ハンス『軍医殿! ひめさまが!』
shu02_1183595000shu02_1190871000

ハンス『この先に遺棄された館があります。そこで、少し休めます』
フィーネ『迷惑をかけるな……オーベルマイヤー』
ハンス『いえ。敗軍の将が思わぬお役に立てて、砦を守って散っていった仲間たちに、わずかでも顔向けできるものです』
shu02_1192409000shu02_1195625000shu02_1200064000shu02_1201780000shu02_1206318000

ハンス『しばらく落ちつけそうですが、なんともひどいありさまで……』
フィーネ『気にするな。屋根があるだけありがたい。して、敵の動きは?』
ハンス『そろそろ、ラッハ川に差し掛かるハズです。橋はあらかじめ落としてあるので、一旦は足止めができますが』
フィーネ『我らも渡河しなければ立ち往生か』
ハンス『はい。あるいは迂回して山中を進み、街道まで抜けるか』
shu02_1221478000shu02_1225589000shu02_1229286000shu02_1232257000shu02_1243150000

フィーネ『賭けだな。ケネンブルクを落とされれば、敵は街道から首都を目指すはず。我らは完全に孤立してしまう』
ハンス『申し訳……ありません』
フィーネ『そなたが謝ることではない。どのみち、私がここまで生きてこれたのは奇跡のようなもの。いや、奇跡そのものだからな』
shu02_1260278000

フィーネ『だが、それもここまでだ。あとは我らの力でどうにかせねばならぬ』
『嬢ちゃん! フィーネ様がお呼びだ!』
shu02_1290743000shu02_1295685000shu02_1297276000


イゼッタ『逃げろって、何でですか!?』
フィーネ『これはエイルシュタットの戦。そなたを巻き込むわけにはいかぬ。そなたは私のために禁を冒してまで戦ってくれた。もう十分だ』
イゼッタ『いやです!』
フィーネ『聞き分けてくれ、イゼッタ。私にとって、身分に関係なく友達になってくれたのはそなたが初めてだ』
イゼッタ『わ、わたっ!』
フィーネ『だからそなたには生き延びてほしい。わがままだろうか?』
shu02_1302447000shu02_1305361000shu02_1314350000shu02_1317380000shu02_1320753000shu02_1328830000shu02_1333270000

イゼッタ『あの時と……同じ……』
フィーネ『?』
イゼッタ『ひめさま、お願いがあります。わたしの希望になってくれますか?』
shu02_1338996000shu02_1340612000shu02_1341931000shu02_1343286000shu02_1361716000

リッケルト『今のところ見つかった遺体は、こっちの兵だけですね。パラシュートが使われた形跡もない。公女とあの「標本」はいったい……』
ベルクマン『これは案外、本物だったかな』
リッケルト『まさか……あれが本当に魔女だと?』
ベルクマン『いずれにせよ、追う必要があるな。広報に連絡を』
『少佐!』
shu02_1362976000shu02_1366130000shu02_1367344000shu02_1370194000shu02_1371370000shu02_1376840000shu02_1384393000shu02_1388341000

『本部より、緊急の無線であります! ルーデン湖南部の平野で戦端が開かれました!』
shu02_1394547000shu02_1396761000

イゼッタ『ひめさまの国はわたしが守ります!』
shu02_1408283000

みんなの感想ツイート

@daioujou 終末のイゼッタというファンタジーありWW2ベースアニメですね ヒロインが姫で主人公が対戦車ライフルを放棄のようにして飛ぶ魔法少女モノ なお敵方の兵器やその他特徴は完全にど・・・
終末のイゼッタ百合アニメだーって思いつつも話自体が面白そうだしなにより諏訪部順一がドストライクすぎてきつい見るしかなくなった。
終末のイゼッタ、作画アニメだ
終末のイゼッタ、、、うたぷりのあとテレビ付けっぱにしてたらなんか細谷の声聞こえてビックリしてちゃんと見たけど公式サイト見たらすごい製作がんばってるしキャスト頑張ってるし今期ほんといろいろ頑張ってるなあアニメ。
終末のイゼッタとかすごい原作ありそうなのにオリジナルアニメなんだよね、すげーなあ #izetta
終末のイゼッタ?ってアニメなんか好き。すごく可愛い。
終末のイゼッタは今季覇権アニメ確定だわ
#イゼッタ
終末のイゼッタ絵可愛いなあアニメ面白かった……これ2話め?なのかな?
終末のイゼッタが良アニメすぎてかしこまっ!ってなる。
弟に終末のイゼッタを説明する時の私
「すごく良質な百合アニメの香りがする」
終末のイゼッタ、久々にドツボなアニメ #izetta
終末のイゼッタがあいかわらず面白い。てか今期見てるアニメは質の高い作品が多いなあ。かなり当たりを引いたって感じ。まあ、どんな作品でも見所ってのはあるにしてもね。ひとつの作品に、見所が多いというかね。
私が最高って言うアニメって基本百合ばっかですが終末のイゼッタはストーリーから作画まで全部良いように思えます。そして百合
終末のイゼッタ、予告見た時はトンデモ系なのかと思ったのに、ものすごくまともなアニメで本当に驚いたなぁ…今んとこ今期で一番気に入った。
@KiKiKi_KiKi 終末のイゼッタというアニメで主人公側の国がFT17使ってました

『終末のイゼッタ』第2話感想・・・今週も姫さまとイゼッタがかっこかわいかった! しかし魔女一人いても戦局をひっくり返せるとはとても思えんが・・・ #アニメ

白猫.tokyo/top/edit/138933

『アニメに関するニュースです♪』 誤変換から発案?ほのぼのマンガ「終末」あらため『週末のイゼッタ』が連載開始 – アニメ!アニメ!Anime Anime news.google.com/news/url?sa=t&… #LINEスタンプ宣伝部伊藤 pic.twitter.com/eBnHpQfmW5

公式関連ツイート情報

今週も「終末のイゼッタ」鑑賞ありがとうございます!2話からOPテーマも入りました。公式サイトにCDジャケットの画像を掲載しましたのでご覧ください!描き下ろしですよ~。izetta.jp/music.html (宣伝 テッチ… twitter.com/i/web/status/7…


感想

序盤、魔法対戦闘機によるドッグファイトが展開され、前回で出来なかった「魔法対兵器」がいきなり実現しました。魔法による反撃に、ライフル銃による高速飛行、そして、ライフル銃による反撃と、見事なまでにファンタジーとミリタリーの調和が出来、手に汗握る序盤でした。以降は一息ついて、現在の戦況と回想シーンでイゼッタとフィーネの絆の強さを強調して終わり……と前回まで謎だった過去編が語られる程度に留まりましたが、それでもなお、フィーネが怪我をする事件が語られておらず、視聴者を惹き付けてくれます。ここから、映画にも勝るさらなる激しい戦闘シーンに期待しつつ、二人の絆に目を離せない二話です!

人気アニメ関連記事

  
  

みんなの感想

  
      
  1. Dollie より:

    It’s a plrseuae to find someone who can identify the issues so clearly

  2.   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)