【終末のイゼッタ】第4話 女の子同士の交流、癒し回!?

 

1,618views

第4話 「魔女の秘密」

エイルシュタットに戻ってきたフィーネの前には、息を引き取った父の姿。そして、イゼッタによって語られる魔女の禁断の秘密とは――

終末のイゼッタが面白い
予想外にがっつり軍事アニメ
ユーリとか刀剣乱舞もいいんだけど、今期アニメはダントツで終末のイゼッタが良いな…姫様が成人すぎて毎回涙腺がやばい
終末のイゼッタとかいう神アニメ
今終末のイゼッタの一話見たんですけど、なんか今期面白いアニメ多くないですか?めちゃワクワクするんですけど
終末のイゼッタ3話ほんとすごかった。まさかここまでの戦闘描写を見せてくれるアニメだとは思ってなかった
終末のイゼッタが中々素晴らしい
今期のオリジナルアニメ枠は各作品とも頑張ってるな
やばい。終末のイゼッタめっちゃ面白い。
最近オリジナルアニメが熱いな
終末のイゼッタはいいアニメだな…
ぐっとくる
終末のイゼッタは神アニメ




ビアンカ『フィーネ様……』
フィーネ『お父様……!』shu04hd_4749000shu04hd_8130000 shu04hd_9050000 shu04hd_10910000 shu04hd_14008000 shu04hd_18366000 shu04hd_20560000 shu04hd_23137000shu04hd_27717000

フィーネ『……大公殿下。長らくのお勤め、ご苦労様でした』shu04hd_38409000 shu04hd_39504000

フィーネ『……お父様ぁ!!』shu04hd_44596000 shu04hd_45797000 shu04hd_56077000 shu04hd_60091000

『ん? もう一度言ってくれるか? グロスコップ』
グロスコップ『はっ! ルーデン湖南部の戦いにおきまして、我が第169歩兵師団は壊滅を……いたしました』
shu04hd_153809000 shu04hd_158257000 shu04hd_161647000

『理由は?』
グロスコップ『それが、その……敵の新型兵器ですッ!』
『ほう。どのような?』shu04hd_170246000 shu04hd_174743000

グロスコップ『兵士の話では、その……魔女のようなライフルに乗った少女にやられたと』shu04hd_180111000

グロスコップ『みな同じことを言うのです! 空飛ぶ魔女が現れ、我が隊を壊滅させてしまったと!』shu04hd_181011000shu04hd_183110000 shu04hd_189690000 shu04hd_190731000

『くくく・・・はっはっは! 聞いたかエリオット! 魔女だぞ! これは本物だろう』
エリオット『まだ断定はできませんが、可能性は高まりましたね』
『いや。余の勘が今度こそ本物だと告げている。だから言ったのだ。魔女は本当にいるのだとな』shu04hd_202222000 shu04hd_203506000 shu04hd_208677000 shu04hd_209970000 shu04hd_218360000

『中将。よく知らせてくれた、久々に血が沸き立つのを感じたぞ。処分は軽減してやろう、爵位は据え置いて良いぞ』shu04hd_219720000shu04hd_223683000 shu04hd_228516000 shu04hd_233246000 shu04hd_236761000

『だが領地は没収だ。階級章の星を外して収容所の所長をやれ。リボニアに三箇所ばかり新設する。好きなところを選ばせてやる』
グロスコップ『そんな……』
『不服か?』
グロスコップ『いい、いいえ! 誠心誠意励ましてご覧にいれます』shu04hd_247214000 shu04hd_248418000 shu04hd_250733000

『下がれ』
グロスコップ『はっ!』shu04hd_256628000

『これは色々作戦を練り直す必要がある』
エリオット『お声から察するに。陛下は実在するとお考えなのですね? この現代に魔女が』
『ベルクマンを呼び戻せ。報告が聞きたい』shu04hd_257883000 shu04hd_279287000

イゼッタ『……はっ! ここ、わたし、なんで?』shu04hd_280375000 shu04hd_283800000 shu04hd_285933000shu04hd_292605000 shu04hd_299419000

ビアンカ『お目覚めか』
イゼッタ『は、はいっ!?』shu04hd_301868000

イゼッタ『えっと、あのぅ』
ビアンカ『ここは首都のランツブルック。大公殿下の居城だ』shu04hd_302973000 shu04hd_308507000shu04hd_313201000

ビアンカ『貴殿は昨夜、姫殿下とこの城に到着し、この部屋に到着するなり、気を失うように寝てしまった。覚えているか?』
イゼッタ『はい……』shu04hd_319782000 shu04hd_325108000

イゼッタ『あっ……! ごめんなさい! わたしみたいなものがこんな綺麗なベッド汚しちゃいました! あーもう、わたしのバカ! 寝ぼけていても気づかなきゃいけないのに!』
ビアンカ『そんなこと……』shu04hd_330103000 shu04hd_331266000 shu04hd_337053000

ロッテ『気にしないでくださいな。魔女様はエイルシュタットを救った英雄なんです。ベッドの一つや二つや三つや四つ。好きに使ってくれて全然構わないと思います! 初めまして、白き魔女のイゼッタ様!』
イゼッタ『白き魔女? わたしが……?』shu04hd_338226000 shu04hd_343272000 shu04hd_353087000

ロッテ『はい! 伝説の再来だって、みんな噂で持ち切りですよー?』
イゼッタ『えー!?』shu04hd_354201000

ロッテ『わたしは姫様付きメイドのロッテと申します! イゼッタ様の身の回りのお世話を言い仕まりました! 何なりとお申し付け下さい!』shu04hd_363779000

イゼッタ『お世話? わたしの?』
ロッテ『はい!』
イゼッタ『って、無理無理無理です! わたし、自分でもメイドの仕事つけたことないのに!』shu04hd_365070000

ロッテ『いえいえ、メイドを仕われる方は、みなご自身でメイドの経験をしたことないと思いますよ? ですよね! ビアンカ様!』
ビアンカ『それは、そうだが……殿下は亡くなり、宮殿は喪に服しているのだぞ? もう少し、その……』shu04hd_366235000 shu04hd_383968000 shu04hd_400366000

ロッテ『承知しております。ですが姫様からいつも通り振舞えとのお達し。ですから、ロッテはいつものロッテのまま精一杯お仕えさせていただきます』shu04hd_405553000

ロッテ『というわけでイゼッタ様! そのままバンザイしていただけますか!?』
イゼッタ『ば、ばんざーい』shu04hd_415608000 shu04hd_416676000 shu04hd_419917000 shu04hd_424877000

ロッテ『ハイィ!』
ビアンカ『……!』
イゼッタ『わあああああっ!?』
ビアンカ『お、おい!』
ロッテ『騒がない!』shu04hd_426070000 shu04hd_427308000 shu04hd_428453000 shu04hd_429625000 shu04hd_434169000

ロッテ『イゼッタ様には、まずお風呂に入っていただきます』shu04hd_435053000

フィーネ『父上の崩御はしばらく伏せ、私の即位式と同時に公表するものとする』
シュナイダー『なんですと!』shu04hd_441423000shu04hd_450261000

フィーネ『聞いてくれ、シュナイダー。ケネンベルクでは運よくゲールを退けることができたが、ベアルとゼルン、二つの国境には未だ連中の軍勢が居座っている。ケネンベルクにしても再度防げるか分からない』
shu04hd_457282000 shu04hd_463098000

フィーネ『今父上の崩御を知らせれば、味方に動揺が走り、敵を律するだけだ!』
シュナイダー『ミラー殿の入れ知恵か!?』shu04hd_466920000 shu04hd_472484000

ジーク『それが私の仕事ですので』shu04hd_475510000

『ですがフィーネ様。あの、魔女……で良いのでしょうか? 彼女の力が真であれば、もはやそれほど脅えずともよいのではありませんか?』shu04hd_477880000

『そう、そこですぞ! 事実なのですか? 魔法で敵を全滅に追い込んだというのは!?』
ハンス『僭越ながら、彼女の力は本物です。この目で見た自分が保証いたします』shu04hd_487067000 shu04hd_489656000shu04hd_498206000

シュナイダー『姫殿下』
フィーネ『イゼッタは、我らを不憫に思って助けてくれただけだ。私には強制できぬ』shu04hd_506918000

ハンス『彼女は……! 進んで協力してくれたではありませんか!』shu04hd_512735000

フィーネ『だがイゼッタの力は……』
ジーク『何か、心配がおありなのですか? 彼女の力』shu04hd_516390000shu04hd_523192000

イゼッタ『うわぁ……気持ちイイ……』shu04hd_526470000 shu04hd_527602000 shu04hd_531481000

ロッテ『喜んでいただけて嬉しいです。イゼッタ様はわたしの家族の恩人ですから』shu04hd_532804000

イゼッタ『恩人……?』shu04hd_539439000

ロッテ『はい! ケネンベルクの南には、わたしの二番目の姉が嫁いだ家があるんですけど、お陰で土地を離れずに済んだと!』shu04hd_541185000

イゼッタ『じゃあわたし、ちゃんとこの国の……ひめさまの役に立てたのかな?』
ロッテ『もちろんです!』
イゼッタ『良かった!』shu04hd_549281000 shu04hd_555844000shu04hd_558237000

ロッテ『それであの……ホントによろしければですが』shu04hd_564806000

ロッテ『魔法って何か見せていただけませんかっ!?』shu04hd_565766000

イゼッタ『あの、ここじゃあちょっと……ごめんなさい』shu04hd_569871000 shu04hd_571704000

ロッテ『ああ、いいえ! わたしのほうこそこんな無礼を!』
ビアンカ『なぜ出し惜しむ! ケネンベルクの噂が事実なら、なんでもなかろう!』shu04hd_575524000 shu04hd_582262000

ビアンカ『このビアンカ。姫様の近衛を拝命して以来、怪しい人物を一度も近づけたことがないのが誇りだ! だが貴殿は怪しい! それもずば抜けて! 魔女だと言うならその力、見せてほしい』shu04hd_584266000 shu04hd_585343000 

ビアンカ『我々が信じるに足る力を』
ロッテ『ビアンカ様! おやめください! おねだりしたロッテが悪いん――うわっ!?』shu04hd_594811000 shu04hd_595848000 shu04hd_601994000 shu04hd_603976000 shu04hd_605122000

ビアンカ『ロッテ!』shu04hd_606170000 shu04hd_608375000shu04hd_609593000

イゼッタ『あ――おっ?』shu04hd_612855000 shu04hd_615238000

フィーネ『イゼッタが怪我をっ!?』
ビアンカ『浴室にあった像が倒れ、水瓶が、頭に……』
フィーネ『それでイゼッタは!?』shu04hd_618574000 shu04hd_619630000

ビアンカ『多少出血しましたが、心配はないだろうとギュンター先生が』
フィーネ『良かった……』shu04hd_626315000 shu04hd_630812000

ビアンカ『私の失態です! どのような処罰も受けます!』
フィーネ『無事ならよい。それよりその水瓶、イゼッタは全く避けられなかったのか?』
ビアンカ『……はい』shu04hd_632830000 shu04hd_638367000

フィーネ『…………』
ジーク『なるほど。姫様の心配の原因が分かったような気がします』shu04hd_647631000 shu04hd_648619000


フィーネ『すまんな、怪我をしたばかりで呼び出して。痛むか?』shu04hd_665101000 shu04hd_667034000 shu04hd_669658000

イゼッタ『いいえ! もう全然平気です! それよりもわたし、すごく場違いな気がするんですが……』
フィーネ『いや。この者たちはみな、そなたに頭を下げるためにここにいる』shu04hd_671235000 shu04hd_675218000 

フィーネ『正直に言う。我々は国を救うため、そなたの力を借りたいと思っている。――だがその前に確かめねばならぬことがある。なぜ水瓶を防げなかったのだ? ケネンベルクで見せた力があれば、容易く避けれたであろうに』shu04hd_676291000 shu04hd_684839000 shu04hd_691344000

フィーネ『それに、ハンスと出会うまでに私を徒歩で背負ってくれたと聞く――なぜなのだ?』shu04hd_692223000 shu04hd_693304000

イゼッタ『わたし、ひめさまの国を救うために力を貸すことは全然できます。やりたいです。でも、いつでもどこでもというわけにはいかないんです』shu04hd_699934000 shu04hd_705178000 shu04hd_711880000 shu04hd_714714000

イゼッタ『魔女の力の源は、自分の中にあるんじゃないんです。大地を走る魔力の流れ、「レイライン」ってところから力を借りるんです』shu04hd_726187000 shu04hd_727198000 shu04hd_739050000

イゼッタ『この流れには濃い場所と薄い場所。全然ない場所があって。力が強くなったり、弱くなったり、全然使えなかったりするんです』shu04hd_740066000 shu04hd_742357000 shu04hd_750008000 shu04hd_752315000

ジーク『このランツブルックにレイラインは?』
イゼッタ『通ってません。ですからここでは魔法は使えないんです。反対にケネンベルクって場所はすごく魔力が濃かったので、すごい力を使うことができたんです――すみません! あまり役に立たない力で!』
shu04hd_754936000shu04hd_759029000 shu04hd_773724000

フィーネ『今の話、魔女にとって重大な秘密ではないのかっ!?』shu04hd_774724000

フィーネ『そうですね。何百年隠され続けた秘密で、仲間以外に喋ったら、喋ったものも聞いたものも殺されちゃったそうです。でももう魔女はわたしだけですから、気にしないでください』shu04hd_781945000 shu04hd_796558000

シュナイダー『ぬぅ……今の話通りなら厳しいぞ。いざという時に使えない兵器など、危なっかしくて導入できん!』
『ならば秘密兵器とするのは……? 魔女殿のことは内緒にするのです』
フィーネ『お前たち、何を勝手に!?』
ジーク『宣伝しましょう』shu04hd_797671000shu04hd_813841000 shu04hd_816902000

ジーク『すでに白き魔女の噂は、人々の口に上り始めています。彼女の存在を秘匿すれば、疑念を植え付けるだけだ。ケネンベルクの勝利が人々の記憶にあるうちに、世界に示すのです。「エイルシュタットに最強の白き魔女ある」「攻寄るものには、魔女の鉄槌が下るぞ」と』shu04hd_817885000 shu04hd_838008000

ジーク『それはゲールに対し抑止力となり、同盟各国に判断を覆させる景気となるやもしれません。弱点は相手に知られぬ限り弱点ではない。あらゆる手段をもって作り上げるのです』shu04hd_839076000 shu04hd_840447000 shu04hd_841753000 shu04hd_844214000 shu04hd_851513000

ジーク『現代に蘇った、白き魔女の神話を……!』
フィーネ『イゼッタ……』shu04hd_859961000 shu04hd_862167000 shu04hd_865294000

シュナイダー『よぉーし決まった! 魔女の秘密は最重要機密とする! 漏らすことは絶対に――』
ジーク『将軍。もう一人、秘密を打ち明けて力を借りたいものがいます』shu04hd_872964000 shu04hd_884419000

エルヴィラ『エルヴィラ・フリードマンです。初めまして、イゼッタさん』shu04hd_885598000 shu04hd_890261000

フィーネ『彼女はアトランタ合衆国で新聞社やラジオ局に勤めていたこともある才媛だ。今は私の家庭教師として雇われているのだが』shu04hd_891361000

エルヴィラ『今回、イゼッタさんを伝説の魔女にするための宣伝の仕事を引き受けることになりました。よろしくね』
イゼッタ『よろしくおねがいします!』
エルヴィラ『まあ、いいお返事』
イゼッタ『でも宣伝って?』
フィーネ『そなたのお披露目は二週間後。私の即位式と同時に行う。その様子を写真や映画、ラジオを使って伝える予定だ』shu04hd_908403000 shu04hd_909553000 shu04hd_921824000

エルヴィラ『ルックスは十分。化粧映えしそうなのもいいわ!』shu04hd_925891000

エルヴィラ『でも髪が痛んでるわよ? 手入れしてる?』
イゼッタ『えっと……』shu04hd_931252000 shu04hd_932316000 shu04hd_933363000

エルヴィラ『ちょっと失礼』
イゼッタ『……!』shu04hd_936879000shu04hd_937983000 shu04hd_939032000

エルヴィラ『まあ素敵! あとは……』shu04hd_940146000 shu04hd_941301000 

フィーネ『すまぬな、イゼッタ……』shu04hd_944070000

エルヴィラ『ナイスな体型よ。ヤル気が湧いてきたわ』shu04hd_946008000 shu04hd_947229000

フィーネ『エルヴィラのセンスは本物だ。必ず素敵な衣装をあつらえてくれるだろう』shu04hd_950556000

エルヴィラ『お褒めに預かり光栄ですわ。では続いてフィーネ様も』shu04hd_957070000 shu04hd_962452000

フィーネ『!? あ、いや! 私の寸法は知っているだろう!?』
エルヴィラ『殿下のお年ですと、三か月もあればかなり変化いたしますから』shu04hd_965430000shu04hd_967191000 shu04hd_969995000

エルヴィラ『さあ! 参りますわよォ!』
フィーネ『きゃああああああっ!?』shu04hd_972045000 shu04hd_972951000 shu04hd_974980000 shu04hd_975879000

ジーク『やはり、この街の周囲では魔法は使えないのだね?』
イゼッタ『はい……』
ジーク『一々出向いて調べねばならないのは骨だな……』shu04hd_977212000 shu04hd_980856000 shu04hd_985660000

イゼッタ『あの、白き魔女のお話に出てくるお城って……ここなんですか?』
フィーネ『いや、あれは旧都にある王城だ。今は廃墟となっているが』shu04hd_995158000

イゼッタ『そこに行けば分かるかもしれません。おばあちゃんが言っていたんです。お城の地下には魔女の秘密が眠っているって』shu04hd_1004226000

フィーネ『ビアンカを呼べッ!』shu04hd_1010588000

イゼッタ『ここ……』shu04hd_1011469000shu04hd_1014498000 shu04hd_1017281000 shu04hd_1020950000 shu04hd_1021770000 shu04hd_1024850000 shu04hd_1029636000 shu04hd_1032100000 shu04hd_1033373000 shu04hd_1034288000 shu04hd_1035352000 shu04hd_1043768000

ビアンカ『城の地下にあんなものがあったとは……』
イゼッタ『これでひめさまのお役に立てる……』shu04hd_1049278000 

ビアンカ『なぜそれほどまでに姫様に忠誠を尽くす。私はどうしても確かめておきたいのだ。貴殿が本当に信ずるに足りるか』
イゼッタ『ひめさまは……わたしの命の恩人なんです』shu04hd_1055515000shu04hd_1063397000 shu04hd_1070693000

≪なんてことするんだい!≫
イゼッタ≪違う……! わたし……!≫
≪だから流れ者を村に入れるのは反対だったんだ!≫
≪情けでいさせてやったのに!≫shu04hd_1074869000 shu04hd_1078010000 shu04hd_1078869000

≪とんでもない恩知らずだよ!≫
≪さあ白状しなッ!≫shu04hd_1079935000 shu04hd_1087516000 shu04hd_1088475000 shu04hd_1090590000 shu04hd_1091669000

(ダメ! 力が暴れる!?)shu04hd_1095074000 shu04hd_1095963000 shu04hd_1096821000 shu04hd_1097775000 shu04hd_1099759000 shu04hd_1100617000

≪このォ!≫
フィーネ≪待て!≫shu04hd_1102742000 shu04hd_1104907000 shu04hd_1105753000 shu04hd_1106740000

イゼッタ≪ひめ……さま?≫
フィーネ≪煙を見て引き返してきて良かった≫shu04hd_1107829000 shu04hd_1108888000 shu04hd_1113846000 shu04hd_1114842000

フィーネ≪お前たち、何をするか!≫
≪それは……その娘が……!≫
≪火を着けたんだよ! うちの小屋に!≫shu04hd_1119158000 shu04hd_1120147000 shu04hd_1122166000

フィーネ≪火が着いたのはいつだ! つい今しがたまでこの者は私といたのだぞ!≫shu04hd_1129571000 shu04hd_1130738000 shu04hd_1131996000

フィーネ≪それにこの者は絶対にそんなことはしない! 友である私が保証する!≫shu04hd_1132975000

≪あんた、別荘の子だろう! 金持ちだからっていい気に!≫
≪お前の保証が何になる!≫shu04hd_1138409000

フィーネ≪我が家名に賭けて誓おう!≫shu04hd_1147988000

フィーネ≪我が名はフィーネ! オルト・フィーネ・フリーデリカ・フォン・エイルシュタット! 先祖より受け継いだ赤き血に賭け、この者の潔白は保証する! 異議ある者は前に出よ!≫shu04hd_1152738000 shu04hd_1153737000shu04hd_1160817000 shu04hd_1164238000 shu04hd_1168065000 shu04hd_1169107000

イゼッタ『あの笑顔を見て、わたしは誓ったんです。ひめさまのためになんでもしよう。何でもできるって』
shu04hd_1172696000

ビアンカ『フィーネ様。やはりなんと気高くお優しいのか』shu04hd_1179210000

ビアンカ『私はフィーネ様のためならこの命、投げ出す覚悟がある。貴殿も同志だと思っていいか?』
イゼッタ『もちろんです』shu04hd_1196315000

ビアンカ『今までの非礼を許してほしい。共に、フィーネ様とエイルシュタットに尽くそう!』
イゼッタ『はい!』shu04hd_1197487000shu04hd_1204640000

エルヴィラ『トーマス! 来てくれたのね!』
トーマス『特ダネだろうね?』
エルヴィラ『保証するわ。あら、ミスターモリソン! ここまで大変だったでしょう――』shu04hd_1207137000 shu04hd_1210473000 shu04hd_1211650000shu04hd_1215596000 shu04hd_1219232000

イゼッタ『綺麗な人……』
フィーネ『そなたも負けじと美しいぞ。本当によく似合っている』shu04hd_1221009000 shu04hd_1224066000 shu04hd_1228570000 shu04hd_1229685000shu04hd_1232610000 shu04hd_1237306000 shu04hd_1239343000

イゼッタ『わあ! ひめさまも素敵です! すごいです! かっこいいー!』shu04hd_1240290000 shu04hd_1243363000

フィーネ『力の具合はどうだ?』
イゼッタ『ばっちりです! ここにはこれだけ濃い魔力の流れもありますから』shu04hd_1246740000 shu04hd_1250126000shu04hd_1253718000 shu04hd_1254939000

フィーネ『レイラインの地図か』shu04hd_1258232000

フィーネ『イゼッタ。今宵、世界は驚愕をもってエイルシュタットの白き魔女の再来を知るだろう。それは決して引き返せぬ道となる。本当に良いのか?』shu04hd_1274311000

イゼッタの祖母≪白き魔女は裏切りの魔女。彼女のようになってはいけないよ≫
イゼッタ(それでもわたし……)shu04hd_1275228000 shu04hd_1278073000shu04hd_1282973000

イゼッタ『はいっ!』
フィーネ『……私はそなたにどう報いればいい? 以前、私に希望になれと言ったが、あれは?』shu04hd_1287249000 shu04hd_1288483000

イゼッタ『最初はすごくふんわりしてたんですけど、ひめさまが兵隊さんたちに話しているのを聞いて。「すまぬ、今の私は死に場所すら選ばせてやれぬ」』
フィーネ『!』
イゼッタ『「本当ならば、死ぬことではなく、いかに生きるか。お前たちがただ、明日だけを見つめていられる国を作るのが私の務めだと言うのにな」』shu04hd_1298658000 shu04hd_1305503000 shu04hd_1306319000 shu04hd_1311889000 shu04hd_1312878000 shu04hd_1323000000

フィーネ『聞いておったか』
イゼッタ『なんか、あの時すっと腑に落ちたというか。わたしが本当に欲しかった言葉が、ちゃんと言葉になったんです!』shu04hd_1328678000shu04hd_1339004000 shu04hd_1340047000 shu04hd_1344686000 shu04hd_1345695000

イゼッタ『ひめさま! みんなが明日を選べる国を作ってください!』shu04hd_1351320000 shu04hd_1352524000 shu04hd_1353657000

イゼッタ『誰も戦わなくてよくて、誰も飢えたり、寒くて凍えそうになったりしない、自由に明日を願うことができる、そんな国が見たいです!』shu04hd_1354822000

フィーネ『誰も?』
イゼッタ『はい! 誰も!』shu04hd_1357965000shu04hd_1358907000

フィーネ『待て待て待て! それはただエイルシュタットだけが平穏であればよいという話ではなくなるぞ!』
shu04hd_1361071000shu04hd_1362057000

イゼッタ『なら、この戦争を終わらせて全部の国を平和にしてください!』shu04hd_1367440000

フィーネ『なっ!?』
イゼッタ『きっとひめさまならできます! わたし、全力でお手伝いしますから!』shu04hd_1371486000shu04hd_1374377000 shu04hd_1375543000

フィーネ『ふ! よし、できるかは分からぬ。だが、この身が潰えるまで、その願いを叶えるために力を尽くすこと、今そなたに誓おう!』shu04hd_1378831000 shu04hd_1385814000 shu04hd_1391403000shu04hd_1392688000

イゼッタ『ありがとうございます!』
フィーネ『よしっ! 行くぞ、イゼッタ!』shu04hd_1394936000 shu04hd_1400646000

イゼッタ『はい、ひめさま!』shu04hd_1401943000 shu04hd_1404441000 shu04hd_1405585000 shu04hd_1406616000

みんなの感想ツイート

人から言われてちょっと気になったので終末のイゼッタ観てみた
丁寧なアニメだねえ ラピュタ以降の観たかったジブリ感がある
終末のイゼッタはオリジナルアニメなのか
これめっちゃ面白い!
萌えと癒し以外でここまで面白いアニメ久々だ
終末のイゼッタはやはり百合アニメなのでしょうか・・・
終末のイゼッタ第4話見ました‼
いっぱい見たいアニメばかりだけど…とりあえずイゼッタだけは必ず見ますw(*´∀`)
今回はお風呂回でした
どことは言わないが、おおきい…来週は諏訪部さんの出番だって思ってたら予告が諏訪部さんでした♪
あれっアーチャーがいるよと思ってしまう♪
終末のイゼッタは確かオリジナルアニメだけど、なかなか脚本がいい。作画も綺麗だし
終末のイゼッタ おっぱいアニメだったか・・・
とてもいいおっぱいアニメこと終末のイゼッタ
やっぱ終末のイゼッタは素晴らしいアニメや。魔女1人のチカラで、国を守れるのか、見届けないと。

公式関連ツイート情報

【全巻購入特典ラフ画像】TVアニメ『#終末のイゼッタ』BDが好評予約受付中!#ソフマップ 全巻購入特典は”B2布ポスター(キャラクター原案 #BUNBUN 描き下ろし絵柄使用)”です!特典も確実に手に入れたい方は是非ご予約を!… twitter.com/i/web/status/7…
ほのぼのストーリー1ページ漫画「週末のイゼッタ」第3話掲載。前回、前々回とイゼッタのドジっ娘具合により、ちょっぴり痛い思いをしたフィーネ。今週こそは平穏な週末を迎えることが出来るのか⁉続きはこちら⇒… twitter.com/i/web/status/7…


感想

今回の話は、前回までの激しい戦闘シーンと打って変わって、イゼッタの魔法と過去に関する話が大筋です。ところどころ漂う不穏な空気、そして「何かありそう」という雰囲気の作り方は見事としか言いようがありません。喪に服している空気でありながらも、ちょっとした「息抜き」を入れつつ、かつ物語の進行を阻害しないのは、この作品に力を注いでいる証拠でしょう。友情、戦場ドラマ、ファンタジー、魔法少女。それらを見事に調和させ、独自の物語として素晴らしい作品に昇華しているこの作品は、根強いファンも多くできるでしょう。余談ですが、番外編漫画の週末のイゼッタもまた、面白いのですが、毎回転落オチというのと、姫様のたんこぶが週を跨ぐごとに増えているのですが……。それはさておき、様々なメディア作品で展開されるであろう、終末のイゼッタ。どこまでメガコンテンツへと成長するのか。次回もそれ以降も楽しみです。

人気アニメ関連記事

  
  

みんなの感想

  
      
  1. 名無し@アニメだョ より:

    ビアンカのお胸も見たかった

  2.   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)