【終末のイゼッタ】第5話 希望か絶望か、一手たりとも先の読めぬミリタリー魔法少女

 

527views

第5話 「いつわりの奇跡」

地下に隠されていたレイラインの地図。だが地図にはほとんどの地域が魔法を使えないと記されていた。一方、ゲルマニア帝国のベルクマンは魔女の弱点に気づき始める

今期アニメだと「終末のイゼッタ」がラノベ原作だと思われている案件を見かけるが、どこらへんがそう思わせたんだろうか。
終末のイゼッタってアニメ史上最高傑作だろ animekoku.com/?p=5254
可愛い赤毛の女の子が現代兵器を魔女の魔法で相手取って立ち回ったり、キレイなファングを戦闘機にぶち込むアニメが見たい人は終末のイゼッタを見ましょう(´・ω・)あんま兵器類に明るくないけど戦闘機はちょい古め也
終末のイゼッタとかも普通に面白いし、、今期アニメもなかなか良い気がする(^^)
@hedgehog_yzn 終末のイゼッタ
戦時中のヨーロッパが題材のオリジナルアニメ
とても、面白い




『オルトフィーネ・フリーデ殿下よ。ランツブルックの領主。経国と会堂の守護者。アルプスの解放者にしてエイルシュタットの支配者たる大公の位に着く迷いはないか?』shu05hd_825000 shu05hd_3976000 shu05hd_6867000 shu05hd_11405000 shu05hd_20983000

フィーネ『ありません』shu05hd_25880000 shu05hd_29808000

『民と国土の繁栄のためにその身を捧げることを誓うか?』
フィーネ『誓います』shu05hd_38406000

『では祖先の魂たる剣に、近いの口づけを』shu05hd_40671000 shu05hd_45538000

『新たなるエイルシュタット公に祝福あれ!』shu05hd_46683000 shu05hd_51361000shu05hd_52736000 shu05hd_54265000 shu05hd_55327000 shu05hd_63426000

フィーネ『今、欧州は戦火が吹き荒れている。この難局で先の大公を失ったことは、あまりに……あまりに大きな痛手であった。また、係る状態で、私の如き若輩に国を任せることを不安に思う者もいるだろう! だが、我が民たちよ! 案ずるな! 我らには祖先伝来のこの剣にも等しき守護者がいる! 紹介しよう!』shu05hd_64715000 shu05hd_168197000 shu05hd_172538000 shu05hd_181908000 shu05hd_190850000

フィーネ『我らがエイルシュタットの守護者たる伝説の白き魔女の末裔! 我が友イゼッタを!』shu05hd_191836000 shu05hd_193519000 shu05hd_196055000 shu05hd_203825000

『飛んでる!』
『あれが――』
『魔女!?』
『本物なのか!?』shu05hd_209075000 shu05hd_210081000 shu05hd_211097000 shu05hd_212022000 shu05hd_212966000 shu05hd_214807000 shu05hd_215842000 shu05hd_221370000

フィーネ『すでに耳をした者もおろう! 雲海の如く押し寄せる戦闘機を次々と撃墜し、怒涛の如き戦車の群れを打ち砕いて、ケネンベルク要塞を守った魔女の噂を!』shu05hd_222571000

エルヴィラ『そう! いい感じです、二人とも! あくまで涼しい顔で気負わずに!』shu05hd_236379000

フィーネ『かの者の力は最新鋭の兵器をも軽く凌駕する!』shu05hd_242403000 shu05hd_247105000 shu05hd_248278000 shu05hd_249316000 shu05hd_251117000shu05hd_253404000 shu05hd_255863000 shu05hd_257076000 shu05hd_260255000 shu05hd_261360000

フィーネ『親愛なる我が民よ! そして世界よ! 私は今、我が名において宣言する! 今後、エイルシュタットに仇なす者には必ず、魔女の鉄槌が下るだろう!』shu05hd_263579000 shu05hd_277571000shu05hd_278710000 shu05hd_280947000 shu05hd_281877000 shu05hd_284102000 shu05hd_285254000

オットー『面白いな! 隠すと思いきや堂々と出してくるとは! しかも我らに挑戦状を叩きつけておるぞ! 実に面白い。ベルクマン、お前はどう思う?』shu05hd_287561000 shu05hd_290396000 shu05hd_298042000

ベルクマン『はっ! ケネンベルクで敗走した兵の尋問には私も立ち会いましたが、恐らく力は本物でしょう。ケネンベルクや大観紙の写真を審査しても合成写真の可能性はかなり低いとの報告が上がっています』
shu05hd_303035000 shu05hd_308617000

オットー『何としても手に入れたいものだ……! このイゼッタという魔女を』shu05hd_316984000

エリオット『陛下。僭越ながら意見させていただきます』
オットー『構わぬぞ。貴様はそのためにいるのだからな、エリオット』shu05hd_326169000 shu05hd_333048000 shu05hd_344146000

エリオット『我らゲールがエイルシュタットへ侵攻したそもそもの目的は帝国本土と同盟国たる、ログルス連邦を繋ぐ海路を確保し地中海やアフリカ前線を物資や人員を円滑にすることにあったはず。くれぐれもお忘れなきように』shu05hd_352028000 

オットー『そうだな。貴様の言う通りだ。エイルシュタットを落としつつ、あの魔女を手に入れる策が必要だな』
shu05hd_353168000

ベルクマン『とりあえずは、敵の次の出方を見てからでよろしいかと』
オットー『次だと?』
ベルクマン『はい。もし私の考え通りだと、わざわざその存在を喧伝した以上、恐らく間を置かずにこちらに仕掛けてくるはず』
オットー『ほう』shu05hd_362304000 shu05hd_377608000 shu05hd_382201000

『閣下! ご報告させていただきます!』
オットー『申せ』
『ルーデン湖畔のブレストリヒを封鎖していた第183歩兵師団より、緊急入電!』shu05hd_383910000 

『エイルシュタトの魔女に奇襲を受けていると!』
オットー『これか?』
ベルクマン『はい』shu05hd_395711000

ベルクマン『記者たちの前で実際に戦わせ、圧倒的な力で勝利する姿をカメラに収めさせる。そうすれば世界中は認めざるを得なくなります。魔女の存在と、その驚異的な力を』shu05hd_399757000shu05hd_402899000 shu05hd_403526000 shu05hd_404660000 shu05hd_416621000 shu05hd_417674000 shu05hd_422053000 shu05hd_423132000 shu05hd_425699000 shu05hd_426870000 shu05hd_428552000 shu05hd_430284000 shu05hd_431096000 shu05hd_432729000 shu05hd_434108000 shu05hd_435180000 shu05hd_436333000 shu05hd_440170000 shu05hd_441055000 shu05hd_443112000 shu05hd_444550000 shu05hd_445547000 shu05hd_446557000 shu05hd_447619000 shu05hd_448558000 shu05hd_449900000 shu05hd_453851000 shu05hd_454696000 shu05hd_455741000 shu05hd_456611000 shu05hd_460357000

イゼッタ『貰っていきます!』shu05hd_466067000 shu05hd_467400000

『すごい……』
『敵機です!』shu05hd_468971000 shu05hd_472142000 shu05hd_473300000 shu05hd_475103000

イゼッタ『いっけえええええっ!』shu05hd_476296000 shu05hd_477376000 shu05hd_480650000 shu05hd_481584000 shu05hd_483821000

『現代の魔女はたった一人で戦場を支配する』shu05hd_488653000 shu05hd_489616000 shu05hd_493010000 shu05hd_495066000 shu05hd_499693000

レッドフォード卿『魔女……?』shu05hd_503839000shu05hd_505867000 shu05hd_507426000 shu05hd_509038000 shu05hd_513397000 shu05hd_514364000 shu05hd_515821000 shu05hd_516901000 shu05hd_519419000 shu05hd_522073000

リッケルト『師団って、大袈裟な記事ですよね……。倒したのは一個団体なのに』
ベルクマン『今まで無敵だった我が帝国に二度も土を着けたんだ。同盟諸国が喝采するのも仕方ないさ』
リッケルト『悔やまれますね。彼女を捕り逃したのは』shu05hd_523764000 shu05hd_546016000

ベルクマン『陛下はこの状況を楽しんでおられるよ。我々には人員も予算も好きに使えとのお達しだ』shu05hd_547192000

バスラ―『俺を呼んだのは貴様か?』shu05hd_556458000

ベルクマン『バスラ―大尉。初対面だが、よく僕が分かったね?』
バスラ―『この中で一番胡散臭い人間を探しただけだ。で、特務が俺に何の用だ?』shu05hd_558871000

ベルクマン『君の話を聞きたい。報告書には書いてないが、君と君の部下たちが落とされたのは、彼女になんだろ?』shu05hd_572125000

バスラ―『あの時言っても誰も信じてくれなかっただろうからな』
リッケルト『じゃあ、やはり……!』
ベルクマン『どう思った? 彼女の力を』shu05hd_578934000shu05hd_580114000 shu05hd_587710000

バスラ―『でたらめだな。俺たちの常識は役に立たん。ライフルに二人乗りで400キロだ。ツバクロのように動く』shu05hd_597358000 shu05hd_598539000 shu05hd_599534000 shu05hd_600950000 shu05hd_602590000

ベルクマン『あのライフルは低率交渉の試作品だよ。さすがに空を飛ぶ能力は備えていないがね』shu05hd_603317000 shu05hd_610625000

バスラ―『生身のせいで的も小さい。空中戦で追いつける奴はいないだろう――』shu05hd_618833000 shu05hd_624998000

バスラ―『――俺以外は』shu05hd_626208000

ベルクマン『合格だ。じき辞令が届くと思う。よろしく頼むよ? 大尉』
バスラ―『ああ?』
ベルクマン『君は僕の下に入ってもらう。エイルシュタットの魔女を狩るために』shu05hd_630082000

バスラ―『ふっ。光栄であります、少佐殿』shu05hd_635536000 shu05hd_637824000 shu05hd_640004000 shu05hd_643763000shu05hd_644729000

リッケルト『バスラ―大尉の話、やはり魔女は無敵なんでしょうか?』
ベルクマン『それはどうかな? 大尉の話を聞いて確信したよ。彼女の力は万能ではない。大尉と交戦後、ケネンベルクに現れるまで丸二日。しかも、攻撃が始まってから駆けつけている。まっすぐ飛べば数分の距離をだ。なぜだ?』shu05hd_651472000 shu05hd_657145000 shu05hd_659907000 shu05hd_662947000 shu05hd_666628000 shu05hd_674934000 shu05hd_676537000 shu05hd_683005000

リッケルト『確かに奇妙ではありますが……』
ベルクマン『それに、万能の力があるなら。わざわざ力を誇示するような真似をせず、今すぐノイエベルリンへ来て皇帝陛下を殺せばいい。それでこの戦争にはとりあえずのカタは付く。強力な魔女の力。だがその力は絶対ではない。そもそも君の言う通り無敵ならば、今頃この世界は魔女の支配下になっていたはずだ。だが、そうではない。つまり、魔女の力には何らかの制限か、あるいは弱点がある』shu05hd_688385000 shu05hd_693608000 shu05hd_700337000shu05hd_703243000 shu05hd_725338000

リッケルト『それで、どうするのです?』shu05hd_726440000

ベルクマン『ふぅ……どうもしない』
リッケルト『は?』
ベルクマン『そろそろ、お歴々がしびれを切らして陛下に攻撃を具申するはずだ。僕らが動くのはその後でいい』
shu05hd_730207000 shu05hd_733897000 shu05hd_735265000


フィーネ『はぁ。概ね予定通り……ということか』
エルヴィラ『はぁい。魔女の存在が信じられ始めてます』shu05hd_754618000 shu05hd_755919000

ジーク『各国から事実確認を求める密書が届いてますよ? フィーネ様と会談したいとの話も』shu05hd_763185000

シュナイダー『……仕掛けておいてなんだが、こんなおとぎ話みたいなものをよくみんな信じるものだ』
shu05hd_777967000

フィーネ『おとぎ話か……だからだろうな。ゲルマニアは今や世界中の敵になりつつある。それがたった一人の少女にいいようにやられる。作り話でも痛快だし、事実なら拍手喝采だ。これも読み通りなんだろ?』
ジーク『はい』
エルヴィラ『さすがフィーネ様! 飲み込みが早いですわ!』shu05hd_782160000 shu05hd_783361000 shu05hd_788302000 shu05hd_789577000shu05hd_805523000

フィーネ『私より、褒められるはイゼッタだ。本当に、そなたはよくやってくれている』
イゼッタ『わたし、ただ言われた通りにしているだけですから! みんなのお役に立てて、本当にうれしいんです!』shu05hd_821798000

シュナイダー『して、これが魔力の使える範囲ですか?』shu05hd_826390000

フィーネ『ああ。城の地下にあった地図の写しだ』
シュナイダー『思った以上に広いですなー。力の使えぬ範囲が』shu05hd_827742000 

イゼッタ『すみません! どこでも力を使えれば、みんなの期待に応えれるのに!』shu05hd_840328000

シュナイダー『いや! 責めているのではないぞ! 誤解せぬようにな!』shu05hd_841625000

ヴァルマー『ですが、こうして弱点を悟られずにゲールを二度もたたき、世界に力を示すことができた。ゲールも我らに手出ししづらくなる』shu05hd_853254000

フィーネ『だと良いのだが……』shu05hd_854082000shu05hd_862278000

エルヴィラ『大公殿下の執務室です。……! はい、分かりました。お伝えします』shu05hd_864365000shu05hd_869309000 shu05hd_872475000

エルヴィラ『ゲルマニアが侵攻を開始したそうです』shu05hd_875148000

フィーネ『場所は?』
エルヴィラ『ベアル峠です』shu05hd_877860000

シュナイダー『……!? よりによってッ!』
ジーク『策があります』
シュナイダー『なに!?』shu05hd_882112000 shu05hd_884198000 shu05hd_885312000 

ジーク『想定された事態です。フィーネ様にもすでにお知らせを』shu05hd_887954000

フィーネ『イゼッタ。そなたを世に知らしめたのは大きな賭けであったが、次の一戦は、その賭けに勝つか否かで最大の分かれ目となる』shu05hd_893113000 shu05hd_894070000shu05hd_904540000 shu05hd_905530000

『前線の諸君! 魔女などまやかしだ! 弱小国の宣伝工作に惑わされるな! 我らが信じるのは鋼鉄の兵器のみ! 進めェ!』shu05hd_907408000 shu05hd_918337000 shu05hd_922969000 shu05hd_927645000shu05hd_930383000 shu05hd_933071000 shu05hd_933816000 shu05hd_934862000 shu05hd_935876000 shu05hd_936899000 shu05hd_937708000 shu05hd_940810000

『出過ぎるなヨナス!』
ヨナス『はい!』
『力押しで来る気だ。なんとか足止めしないと』shu05hd_941636000 shu05hd_945491000 shu05hd_946613000

『中隊本部より通達! 300m下がれ!』
『また下がるのか?』shu05hd_948664000shu05hd_952548000

ヨナス『きっと時間稼ぎですよ。すぐにイゼッタさんが来てくれます。そしたらあんな連中一発です!』
『またお前の魔女信仰が始まった……』
ヨナス『ホントすごいんですって! 見たらびっくりですよ!』
『私語をするな!』shu05hd_957345000 shu05hd_964467000 shu05hd_969817000

『将軍、あまりお出になっては!』
シュナイダー『かまわん! ここが敗れればエイルシュタットは終わりだ。ジークめ、策があると言っていたが……!』shu05hd_971178000 shu05hd_975917000 shu05hd_983193000

フィーネ『霧だ……天は我らに味方したか。ゲールは同盟国のログルス連邦との通路が欲しい。爆撃などの強引な手は使ってこぬはず』shu05hd_986035000 shu05hd_990876000

フィーネ『その分、地上部隊が出てきている。これを首都に攻められる前に撃退せねばならない。説明は受けたな?』
イゼッタ『はい。でも……』shu05hd_1001292000

フィーネ『気持ちは分かる。だがこれが最善なのだ。ビアンカ! 準備は整っておるか!?』shu05hd_1014200000 shu05hd_1016079000 shu05hd_1021019000 

ビアンカ『はい! 近衛を総動員して、なんとか間に合いました!』shu05hd_1024112000

フィーネ『近衛の者たちは建国以前、エイルシュタット家の発祥から我が家に仕えてくれた忠義者たちばかりだ。そなたの秘密を漏らすくらいなら、死を選ぶ』
ビアンカ『我ら、共に戦うと誓おう!』
イゼッタ『ビアンカさん』shu05hd_1027738000shu05hd_1034798000 shu05hd_1036656000 shu05hd_1039332000

ハンス『殿下! ゲール主力が予定ポイントを通過しました!』shu05hd_1044105000 shu05hd_1047970000

フィーネ『舞台は整った! 作戦を開始する!』
『はっ!』
イゼッタ『待ってください! お願いがあります!』shu05hd_1050669000 shu05hd_1055437000

『展開、急がせんか!』
『敵機接近!』
『数は!?』
shu05hd_1059324000 shu05hd_1062800000 shu05hd_1067570000 shu05hd_1068460000

『はっ! 三機……とあれは!』shu05hd_1070406000

シュナイダー『飛んでる!』shu05hd_1073442000

ヨナス『来てくれた!』shu05hd_1074424000

『エイルシュタットの魔女です!』shu05hd_1076298000 shu05hd_1077164000shu05hd_1081190000 shu05hd_1082182000 shu05hd_1084043000 shu05hd_1085986000 shu05hd_1086942000 shu05hd_1087944000shu05hd_1091782000 shu05hd_1092728000 shu05hd_1094682000 shu05hd_1095706000 shu05hd_1097565000

イゼッタ『わたしは、エイルシュタットの白き魔女! イゼッタです!』shu05hd_1101327000shu05hd_1102192000 shu05hd_1103123000 shu05hd_1104101000 shu05hd_1105100000 shu05hd_1106710000

『バカな……!』shu05hd_1108550000

イゼッタ『ゲール兵のみなさん! わたしの力のことは聞いていると思います! わたしが来た以上! あなたたちはもう一歩も前に進むことはできません! させません!』shu05hd_1109743000 shu05hd_1114934000 shu05hd_1120485000

イゼッタ『降伏してください! さもなければわたしはあなたたちに魔女の鉄槌を下します!』shu05hd_1122483000 shu05hd_1123510000 shu05hd_1125424000 shu05hd_1126234000 shu05hd_1131804000

『黙れ! 我らが大ゲール帝国がおとぎの魔女に屈してなるものか!』shu05hd_1137869000

イゼッタ『やめなさい!』shu05hd_1138567000 shu05hd_1139320000

イゼッタ『やめよ!』shu05hd_1140333000 shu05hd_1141047000

イゼッタ『やめよ!』shu05hd_1141754000 shu05hd_1143706000shu05hd_1144469000 shu05hd_1145573000 shu05hd_1146541000 shu05hd_1148512000 shu05hd_1149351000

イゼッタ『無駄です!』
『おのれ……』
イゼッタ『やはり、鉄槌を下さなければならないようですね!』shu05hd_1151073000

『撃てェ!』
shu05hd_1152100000 shu05hd_1153901000 shu05hd_1157591000 shu05hd_1158523000 shu05hd_1159330000

イゼッタ『我はイゼッタ! 大地の精霊、ノームよ! 我が呼び声に応えよ!』shu05hd_1161508000 shu05hd_1166264000 shu05hd_1168317000 shu05hd_1169263000 shu05hd_1172795000 

イゼッタ『その力を受け、聖なる大地を汚すものたちに! 鉄槌を下したまえ!』shu05hd_1176554000 shu05hd_1177408000 shu05hd_1178304000 shu05hd_1179452000 shu05hd_1180380000shu05hd_1183261000 shu05hd_1184268000 shu05hd_1185400000 shu05hd_1192929000 shu05hd_1193833000 shu05hd_1195631000 shu05hd_1197579000 shu05hd_1202437000 shu05hd_1204316000 shu05hd_1206336000 shu05hd_1208052000

『すごいですね、我が軍の魔女は!』
シュナイダー『気を抜くな! 状況を確認して報告せよ!』shu05hd_1222232000

イゼッタ『ふぅ……』
ビアンカ『大丈夫か!? イゼッタ!』shu05hd_1224818000 shu05hd_1226696000 shu05hd_1232498000 shu05hd_1233288000

イゼッタ『はい……なんか終わったと思ったら気が抜けちゃいました……!』
ビアンカ『全く、大部隊を前に大見栄をきっていた人物と思えんな』
イゼッタ『さっきは、みんなが一生懸命準備をしてくれたから。わたしも頑張るしか、って。そう決めてましたから』shu05hd_1246740000 shu05hd_1249641000 

ビアンカ『戻ろう。きっとフィーネ様が死ぬほど心配している』
フィーネ『はい!』shu05hd_1250594000 shu05hd_1254850000

リッケルト『そうか、ご苦労』shu05hd_1256960000 shu05hd_1261822000

リッケルト『ベアル峠で、我が軍がまた魔女に大敗したそうです。今度は魔法で山を崩したと。やはり、彼女に弱点などないのでは?』shu05hd_1269953000

ベルクマン『いや、ある。でなければ筋が通らない。エイルシュタット軍には工作員を送り込んであったな』
リッケルト『はい。下士官としてですが。何か掴んでくれるといいのですがね』shu05hd_1273032000 shu05hd_1285280000

『魔女すげえな』
『ゲールどもいつでも来いってんだ』shu05hd_1286252000 shu05hd_1288800000

『小隊長! ヨナスはどこでありますか!?』
『ん? 水汲みだ』shu05hd_1290554000 shu05hd_1296500000shu05hd_1299310000 shu05hd_1300257000 shu05hd_1302245000 shu05hd_1303265000 shu05hd_1306605000 shu05hd_1309792000 shu05hd_1310726000 shu05hd_1312875000 shu05hd_1314775000 shu05hd_1315740000 shu05hd_1316729000

シュナイダー『どういうつもりだ! ジークハルト・ミラー!』
ジーク『どういうつもりとは?』
シュナイダー『いいから答えろ! あらかじめ色々仕込んでいたようだが、あれは近衛を使ったのか!?』
shu05hd_1321922000shu05hd_1329751000

ジーク『ええ。よほど地元の人間でなければ知らないことですが、このあたりにはローマ時代に岩塩を掘った坑道が残っているんです』shu05hd_1330798000

ジーク『そこに爆薬を仕掛け、爆破しました』shu05hd_1340471000 shu05hd_1343783000 shu05hd_1344774000

シュナイダー『それはよくやった! だがなぜイゼッタ本人を敵の前に晒した! あの場所ではあの娘は魔法を使えない、ただの少女なのだぞ!』
ジーク『あれは彼女が言い出したことなのです。本来は近衛から背格好の似た身代わりを立てるつもりでした』
shu05hd_1345894000 shu05hd_1351287000shu05hd_1355323000 shu05hd_1364258000

イゼッタ≪やっぱりわたしにやらせてください!≫
フィーネ≪何を言う!≫
イゼッタ≪写真とか撮られるかもしれませんし! それに、わたしの力が半端なせいで、みんなが危険な目にあうのに! わたしだけ見てるなんてできません!≫shu05hd_1366297000 shu05hd_1368205000 shu05hd_1370510000 shu05hd_1375055000

ジーク『彼女の言い出したら聞かない頑固さはご存知でしょ? 最後にはフィーネ様も折れた』shu05hd_1382462000 shu05hd_1389508000 shu05hd_1390488000 shu05hd_1392580000 shu05hd_1395530000 shu05hd_1396571000 shu05hd_1399492000 shu05hd_1406095000 shu05hd_1407069000

みんなの感想ツイート

アニメ『終末のイゼッタ』がなかなか面白い・・・!!姫様とイゼッタのイチャラブも最高じゃない・・・!? ayu-net.com/archives/78241… pic.twitter.com/S7sMJvJXWp
【はてブ新着ゲーム・アニメ】 「終末のイゼッタ」の面白さと影に隠されたヤバさ dlvr.it/MYHNdw
終末のイゼッタの何が良いってエースコンバットとストライクウィッチーズを足すだけじゃなくて2で割らなかったんだよこのアニメ.大変良い.
[終末のイゼッタ]5話感想 見事な演技だイゼッタ – たろアニ!・・・ : たろアニ! -アニメ情報- taroani.ldblog.jp/archives/66934…

公式関連ツイート情報

2017年秋イベント(仮)の登壇者が発表になりました!Blu-rayを購入してぜひ抽選に申し込んでください!izetta.jp/event.html(宣伝テッチリ) #イゼッタ pic.twitter.com/0g91lnLF0S


感想

魔女と戦争、そして圧倒的魔法で勝利する爽快感溢れる昨今の作品とは違い、戦争という一つの戦いの場で情報戦、工作、そして今の状況は果たして希望なのか、絶望なのか……と、話が一つ、一秒進むたびにどうなるか分からないという戦場のリアルさが伝わってきて、同時に仲間もいつまで無事でいられるかも分からない状況という絶望も見え隠れする臨場感。怖くもありますが、同時に面白さやリアルな世界観は見事としか言いようがありません。

人気アニメ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)