【速報】アミューズメント エキスポ2017 潜入レポ!!

 

153views

本日、2月10日(金)より3日間、幕張メッセ国際展示場にて、
アーケードゲームの祭典、『ジャパン アミューズメント エキスポ2017』が開催!!
週末には、niconico主催による、ゲームの実況とゲーム大会の祭典
「闘会議2017」も併催されるらしく、期待が高まりますが、今回は
幸運にも、初日に取材する事が出来ましたので、写真を中心にレポートをお送り致します(^^♪
《開催日程》
2月10日(金)10:00~18:00 ※ビジネスのみ
2月11日(土)10:00~18:00 ※ビジネス+一般
2月12日(日)10:00~17:00 ※一般のみ

P_20170210_110401

セガ

P_20170210_120348

ブースメインに据えてあったのは、年末に同社のスマホ向けアプリで登場した
『ソウルリバース ゼロ』のネットワーク対戦アクションともいえる『ソウルリバース』
なんと、最大10対10のネットワーク同時対戦が出来るとの事で、
グラフィックは当然ながらスマホとは比べ物にならないし、熱いバトルが繰り広げられるのは必至!
但し、スマホ版にあるような街作りの概念があるのかは確認出来ませんでした<(_ _)>

P_20170210_111534

みんな大好き『頭文字D』も息が長いですね。
しかし、ソウルリバースといい、タイトルにZEROって付けるのが流行ってるんですかセガさん?

P_20170210_122253

セガさん、一押しらしいので一応写真押さえましたが、10年位前にアトラスさんから
『トリプルキャッチャー』って似たようなクレーンゲームが出てた気がするのは気のせい?
まあ、アレよりはアームに信頼感がありそうですが、大き過ぎる景品は獲っても困るな~


バンダイナムコ

P_20170210_110857

早いもので、『戦場の絆』も10周目に突入だそうです

P_20170210_115339
P_20170210_112414

バンナムさん、かなりVRに力を入れているらしく、かなりの数を出展されていましたが、
業者日にも関わらず、事前予約無いとVR系のゲームはプレイ出来ないという厳しさ
やりたかったな~ボトムズ・・・。

P_20170210_112556
P_20170210_112435
P_20170210_120017
P_20170210_112314

海外ドラマで人気の『ウォーキングデッド』のガンシューティング
ガンコンが銃じゃなくてクロスボウっぽい

P_20170210_120125
P_20170210_121828

参考出展なんだろうけど、周りから見られる事を前提としてるのはプレイするのに勇気が必要w
でも、パックマン懐かしい


タイトー

P_20170210_111255

こちらも懐かしの『電車でGO!』、よく見ると『電車でGO!!』になってる。
プレイ80分待ちで諦めましたが、天候やラッシュ時間など、
かなり細かいシュミレーションになってるらしい
ちなみにグラフィックは、親会社のスクエニさんがが担当されたようです。

P_20170210_120629

『グルーヴコースター』続編、「初音ミク」や「博麗霊夢」などが登場予定


スクウェア・エニックス

P_20170210_115733

スクエニさんは、『ロード オブ ヴァーミリオンⅣ』に特化したブース展開
作品自体は、ダークファンタジー的な世界観から、現代の日本へ舞台が変化
加えて、複雑化しつつあるプレイシステムを見直し&簡素化するなどして、
新規顧客の取り込みにも配慮している模様。

P_20170210_111455


コナミ

P_20170210_110805

多少下火になりつつあるメダルゲームだが、コナミさんは力を入れてました。
御免なさい、メダルゲーム機の個別写真は撮ってません<(_ _)>

P_20170210_121703

コナミ最新作の音ゲーは、ピアノ?
操作部は、本物のピアノと同じサイズの鍵盤となっており、演奏感を追及した仕様となっている
昔あった、「キーボードマニア」と違って女子受け良さそう?


カプコン

P_20170210_114205

インパクトは一番あったカプコンブースΣ(・ω・ノ)ノ

P_20170210_120714

その横では、『進撃の巨人』のガンシューティング
知名度は高いし、TVアニメの2期と絡めばヒットするかも?

P_20170210_111056

あとは既存メダルゲームの続編となる『モンスターハンター メダルハンティングG』
ちなみにカプコンさんは、セガの『スターホース』でもコラボするようですね。


その他

P_20170210_112841

コーエーテクモさんもVR機を出展されていました。

P_20170210_120437

初出展にも関わらず、大型ブースを展開されていた新規メーカー『バイキング』さん
新規ですが今までも、スクエニさんの開発協力などに携わっていたそうなので、実力は確かですね。
非接触型のモーションセンサーを使用して操作する対戦格闘が新しい!

P_20170210_120929

こちらは海外からの出店、『Zongshan Shiyu industry』
VRだから、プレイヤーには画面の反対側に敵が見えているのでしょうね。
その場で、走ったり廻ったり、一番プレイヤーの動きが良く見えた筐体でした。

さて、やはりVRの波は避けて通れないと思いました。
勿論、20年位前からこの手の製品は一部メーカーで製品化されていたのですが、
時代が早過ぎたのか、今では黒歴史な筈・・・。
しかも、仮にアーケード用のVRが大ヒットしたとしても、
以前なら、長期に渡って、業務用>家庭用の図式が成り立っていましたが、
予想以上に高性能化の流れが速いPCやゲーム機、通信環境を考えると、
いくら高性能なアーケードVR対応機を作っても、2~3年で逆転されそうな危惧はある
って事は、個人用インターフェイスだけ販売して、ブラウザゲームよろしくサーバー立てるしか
各メーカーに生き残る道は無いのでは?SAOの世界が現実になるまで、そう時間は掛からなそう・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)