【遊戯王ARC-V】140話 ペンデュラムリレー、ライバルからそして最後に渡るのは――

 

885views

第140話 「魂のペンデュラム」

ズァークとの激戦が続く中、闘いに敗れた赤馬零王を前に零児が言う、『今のズァークには遊矢の魂がある』と。このデュエルを闘ってきたデュエリストたちも同様の感覚を持っていた。そしてついにズァークとの対決の瞬間を迎える零児。皆の遊矢への想いは、この闘いに奇跡を起こすことができるのか!?

ジュニアユースこのまま進めて行って何戦目かで誤って相手を怪我させしまって焦るけれど予想に反して観客が盛り上がり遊矢が安堵の表情を浮かべたとこで完だったら私の人生一のホラーアニメになる遊戯王ARC-V
遊戯王ARC-V、なんか主人公がラスボスみたいな感じって聞いたんだけどユベルと超融合でもしたの?

arc140_1274000 arc140_4038000 arc140_6811000 arc140_10477000 arc140_14907000 arc140_18254000 arc140_19083000 arc140_20425000 arc140_24248000 arc140_28442000

零児「今のズァークはペンデュラムを使う。それが遊矢の魂がある証拠!」arc140_30119000 arc140_38322000 arc140_157544000arc140_163133000 arc140_165546000

零児「ペンデュラム召喚を生み出したのは遊矢、君だ。デュエリストを志してから、私は常にトップランナーだった。あの日、君がペンデュラム召喚を成功させるまでは! 私のターン! ――それ以来私は君を研究、分析し、こうしてペンデュラムカードを作り上げた!」arc140_177752000arc140_179018000 arc140_181877000

零児「私はスケール2のDD魔道賢者シュレディンガーとスケール8のDD魔道賢者ディラックでペンデュラムスケールをセッティング! ペンデュラム召喚! 出現せよ、私のモンスターたちよ!」arc140_190809000 arc140_198766000 arc140_205170000arc140_212882000

零児「チューナーモンスターDDナイトハウリング! 二体のDD魔道賢者二コラ! さらにDDヴァイステュポーン! 見るがいい、遊矢! これが私のデュエルだ!」arc140_216047000 arc140_219328000 arc140_222658000arc140_227535000 arc140_240978000

零児「私は二体のDD魔道賢者二コラ二体でオーバーレイ! エクシーズ召喚! 生誕せよ、DDD怒涛大王エグゼクティブシーザー!」arc140_248620000arc140_251753000 arc140_259438000

零児「続いて私はレベル7のDDヴァイステュポーンにDDナイトハウリングをチューニング! シンクロ召喚! 生誕せよ、DDD疾風大王エグゼクティブアレクサンダー」arc140_265626000 arc140_270034000 arc140_276676000

零児「さらに私は、墓地へ送ったヴァイステュポーンの効果発動! ナイトハウリングとこのカードを墓地から除外し、融合召喚! 生誕せよ、DDD烈火大王エグゼクティブテムジン!」arc140_279056000 arc140_282605000 arc140_286560000 arc140_288071000 arc140_294197000arc140_305624000 arc140_308249000 arc140_310467000 arc140_315996000

零児「私の声が届いていないのなら、私のデュエルで届かせてみせよう! エグゼクティブアレクサンダーの効果発動! DDモンスターが二体以上存在する時、攻撃力が二倍になる!」arc140_322709000 arc140_330778000arc140_332170000 arc140_340283000

零児「私はエグゼクティブテムジンの効果発動! 私のスタンバイフェイズまで、自分フィールドに存在するこのカード以外のDDモンスターの数まで、相手フィールドのマジック、トラップカードの効果を無効にする! 私が無効にするのは、ペンデュラムゾーンにセッティングされている覇王門零と覇王門無限(インフィニティ)!」arc140_363954000 arc140_375780000 arc140_379541000 arc140_381230000 arc140_383441000

ズァーク「オレは覇王眷竜オッドアイズの効果発動! このカードをエクストラデッキに戻し、エクストラデッキから覇王眷竜ダークヴルムを特殊召喚する!」
零児「私はエグゼクティブシーザーのオーバーレイユニットを一つ使い、効果発動! 特殊召喚する効果を無効にし、特殊召喚されなかったモンスターの一体分の攻撃力を得る! さらに、もう一つのオーバレイユニットを使い、シーザーがアップしたのと同じ数値分をエンドフェイズまでエグゼクティブテムジンの攻撃力に加える!」arc140_404148000arc140_413820000 arc140_416196000arc140_419948000 arc140_429041000arc140_439904000

零児「バトルだ! 私はエグゼクティブテムジンで、覇王龍ズァークを攻撃!」arc140_452006000 arc140_456184000 arc140_460527000 arc140_465640000

零児「エグゼクティブシーザーで、覇王龍ズァークを攻撃!」arc140_477608000 arc140_481313000 arc140_489621000

零児「私はエグゼクティブアレクサンダーで、覇王龍ズァークを攻撃!」arc140_504727000 arc140_512095000 arc140_518358000 arc140_522349000

零児「私はこれでターンエンド。これでエグゼクティブシーザーの効果は終了しシーザーとテムジンの攻撃力は元に戻る」arc140_526477000 arc140_535664000arc140_539180000

ズァーク「赤馬零児! お前は大きな勘違いをしている。ペンデュラムを生み出したのはオレの分身、榊遊矢だと思っているようだが、それは違う。ペンデュラムを生み出したのはオレだ! 覇王龍ズァークこそペンデュラムの真の創始者なのだ!」arc140_544047000 arc140_549009000 arc140_553720000 arc140_558363000 arc140_563159000arc140_568449000

ズァーク「ペンデュラムが生まれたのは復讐のため! あの時、オレの魂が覚醒したのだ! 次に戦った時には、絶対に勝つという信念が!」
零児「次に戦った時……それはまさか」
零王「レイと!?」arc140_569802000 arc140_578238000 arc140_582085000 arc140_584614000 arc140_586192000 arc140_588468000 arc140_592561000arc140_594999000 arc140_596531000 arc140_600519000arc140_602627000 arc140_604126000 arc140_610138000

零王「私の作った4枚のカードは、深淵なる宇宙の息吹を集めたエンムーン。吹き渡る風の息吹を集めたエンウィンズ。躍動する命の息吹を集めたエンバーズ。母なる大地の息吹を集めたエンフラワーズ。これら四枚マジックカードを使い、レイは見事覇王龍を分離させた。だが――」arc140_614160000 arc140_618612000 arc140_623601000 arc140_629182000arc140_632059000

ズァーク「そうだ! ペンデュラムはその時に生まれた! 一つの絶対的だったオレが分かれることで、その中で大きく揺れ動く力が!」arc140_638096000 arc140_642951000 arc140_645917000 arc140_651361000

ズァーク「オレは新たにペンデュラムの力を持った! お前にはオレにダメージを与えた罰を受けてもらう! トラップ発動! 覇王の逆鱗! オレが2000以上のダメージを受けたエンドフェイズ時、墓地、エクストラデッキから我が眷族を特殊召喚する!」arc140_670755000 arc140_675433000arc140_679944000arc140_689320000

ズァーク「現れろ、覇王眷竜オッドアイズ! 覇王眷竜クリアウィング! 覇王眷竜ダークリベリオン! 覇王眷竜スターヴヴェノム!」
arc140_698659000 arc140_702956000 arc140_707025000 arc140_710970000arc140_713364000 arc140_717967000


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)