【3月のライオン】第20話 獅子王戦第四局、終局――。最後の最後まで活路は残されていた

 

2,520views

第20話 「京都②/京都③」

獅子王戦第四局2日目。このまま宗谷にストレート負けすると、島田は故郷での対局が叶う前に敗れることとなってしまう……。
急きょ大盤解説を担当することになった零は、藤本雷堂棋竜とともに対局を見守ることに。胃の痛みに耐えながら全力で攻めの将棋を指す島田。その対局の結末とは?

3月のライオンの時間だ
3月に放送する3月のライオン
3月のライオン始まったーーーーーーーーーーーーーー

3lion20-001
3lion20-002
3lion20-003
3lion20-004
3lion20-005

島田「ああ…なんて美しい夕陽だろう……」
3lion20-006

島田(気がつくと手にクワを持ち立っていた)
3lion20-007

島田(すぐさま夢と気づいたが、なんだか懐かしくてそのままクワを振るい続けた)
3lion20-008

島田(誰かが手を振ってる…あぁ!5年前に出ていった恋人だぁ…)
3lion20-009

島田(そっかぁ…こっちでは別れずに済んだんだ…
ああそっか…俺3段リーグ抜けれなくて故郷に帰ったんだっけ…)
3lion20-010

島田(家の明かりだぁ…涙が出そうだぁ…)
3lion20-011
3lion20-012

島田(皆いる…!皆元気だぁ…爺ちゃんも婆ちゃんも…会いたかった…)
3lion20-013
3lion20-014

父「やっぱり開は強いなぁ!ここでは誰もかなわんさ!」
3lion20-015

島田「みんな”すみません”でした…こんなにも長い間応援してもらったのに…」
3lion20-016

爺「ええんだよぉ…開、プロになんかなれなくたって…
幸せなんてどこにいたって探せるもんなんだ…ただ精一杯生きてればそれでええんだ…」
3lion20-017
3lion20-018
3lion20-019
3lion20-020

島田(笑えたのは夢の中でも将棋をさせていたこと
それでも棋士になりたかったと悔やんで…やっぱり胃を痛めていたこと…)
3lion20-021

記者《島田八段にしてみれば悪夢みたいなもんだろうよ》
記者《このままだと4タテが濃厚 故郷対決はもうねえな》
3lion20-022

島田《陰口は陰で…って言ってもなぁ大人気ないしなぁ…》
3lion20-023

島田「ああ…!胃が痛い…」
3lion20-024

島田(棋士になれなくて田舎に帰った自分 全てを賭けてここまで4タテ食らいそうな自分)
3lion20-025

島田「どっちが悪夢か…とことん味わってやろうじゃないか…ッ!」
3lion20-026

記者「それにしても島田八段の7三桂は前のめりすぎでは?」
記者「ああ攻めに出るというより あせってるって感じですなぁ」
3lion20-027

記者「こりゃ今回は4タテになりそうだ」
記者「島田八段また故郷対決ならず、か 山形は遠いなぁ」
3lion20-028

桐山(控室の意見は昨日から一貫して宗谷持ち一色だった)
3lion20-029

桐山(島田さんは今回は積極的だ でも決して焦ってはいない 至っていつも通りだ)
3lion20-030
3lion20-031
3lion20-032
3lion20-033

二階堂「きりやまあああ――!兄者が体調が悪いって何故俺に教えんッ!?」
3lion20-034
3lion20-035

二階堂「ベッド付きのリムジンで京都まで送ったのにい!」
3lion20-036

桐山「えーと…ごめん…一応連絡しようとしたんだけど島田さんが…」
3lion20-037

島田《やめてぇ…大騒ぎになるから…坊だけには言わないでぇ…》
3lion20-038
3lion20-039

二階堂「桐山…兄者を頼む…終局後も兄者の側にいてやってくれ…」
3lion20-040

二階堂「きっと兄者は…何がどうあってもとことんまで指すだろうから」
3lion20-041

桐山「うん…分かった…必ず家まで送り届ける」
3lion20-042

辻井「会長!朝の封じてだけでも出させて!テレビに出させて!」
3lion20-043

係の人「インフルエンザですって立会人の辻井九段」
3lion20-044
3lion20-045
3lion20-046
3lion20-047
3lion20-048

会長「ってことでスミス!副立会人から正立会人に昇格!」
スミス「えッ!?いきなり!?10分前ですよ!?」
3lion20-049
3lion20-050
3lion20-051

スミス「あぁ…自分の封じ手開けるより他人の封じ手開けるほうが先だなんて…ッ」
3lion20-052
3lion20-053
3lion20-054

スミス「それでは開封致します」
3lion20-055

スミス「封じては6六銀打ち」
3lion20-056

(そして二日目の幕が静かにあがった)
3lion20-057
3lion20-058

司会「それでは、第20期獅子王戦第四局 2日目の大盤解説を行いたいと思います」
3lion20-059
3lion20-060

デ―――ッン!※藤本雷堂棋竜
3lion20-061
3lion20-062
3lion20-063
3lion20-064

藤本「俺のほうが偉い!」
3lion20-065
3lion20-066
3lion20-067
3lion20-068
3lion20-069

桐山(こわ――ッ!!)
3lion20-070
3lion20-071

  
  

みんなの感想

  
      
  1. 名無し@アニメだョ より:

    31同銀で詰んでなくね?

  2.   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)