【ACCA13区監察課】1話 ACCA内の組織図 簡潔に解説!

 

2,466views

皆さん、やっと2017年冬アニメ期待の新作「ACCA13区監察課」が放送されましたね!

1話での作品内で繰り広げられた、「ACCA」内の組織図を簡単に説明しようと思います!
ネタバレを含みますので、1話見終わった方が、内容を整理するためにご覧下さい。

物語の舞台、ドーワー王国には、13区の地方自治区が存在し、地域独自の文化が築かれています。

その13区に対して政治とは切り離された組織がACCA

ACCAとは警察、消防など民間の生活を守るための存在です。
政治と警察が繋がっている日本とは、違う組織図で動いている国ということですね。

ACCA本部・・地方のACCAを取りまとめていて、世間一般ではエリート的な存在です。

監察課・・地方の不正などを監視する役目である部署

主人公ジーン・オータス
ACCA本部の監察課所属。
世間では、高級なタバコをよく吸う主人公。
監察課という仕事柄、部下を信用しようとしない少し冷たそうな人物。acca9

監察課の人々
よく10時には決まって、おやつを食べる明るくて楽しそうな職場。acca7

ジーンの直属の上司acca10

ACCA組織のトップであるACCA5長acca14
(公式サイトより引用)

ACCA監察課の存在の意義について会議が行われていた。
そして、この平和な世の中に監察課は必要ないという結論が下され、
監察課は廃止となりました。

監察課を存続について、反対派or賛成派
が存在していました。

賛成派
グロッシュラー
監察課の廃止を一番強く勧めていた人物です!acca05

反対派
リーリウム
監察課がいるからこそ、地方の不正にいち早く気づく事が出来るという意見の持ち主です。
彼曰く、いつもグロッシュラーとは意見が対立するとのこと。犬猿の仲的な関係なのでしょうか?acca03

しかし、ジーンが地方の不正を発覚したという事で、事態は変化します!
なんと、監察課の廃止は取り消され、再び存続する事になりました。
その上、ACCA5長官から、ジーンには13区の地方自治区を普段以上に、厳しく監視する役割が・・!

それに対して、ジーンは、自分が「ACCA5長官に目をつけられている」と感じたようです。

その命令後、ジーンはACCAのカフェとリーリウムとパインに出会います。acca5
そこでリーリウムは「監察課廃止についての意見を推し進めたグロッシュラーが、監察課が存続になった事に対して、あっさり受け入れたのが怪しい」とグロッシュラーについての不信感を伝えます。

一方、グロッシュラーは、誰かに電話で「ジーン・オータス」監視するようにと電話しています。acca

と、同時に監視するのはバードン支部のレイル!
何かと、ジーンに突っかかっています!acca2

この1話から見えた、ACCAの組織図お分かりいただけたでしょうか?
グロッシュラーの動きがかなり怪しい!!
彼は、悪い事をしているのでしょうか?それとも、ただ怪しいだけでいいやつ!?acca11

これから事態が動き出しそうな気がします。
続きが気になりますね!!

公式サイト:http://acca-anime.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)