【Rewrite】第14話 君を振り向かせるために、口説いて口説いて立ち向かいます!

 

604views

第14話 「三杯のコーヒー」

篝との対話を試みるも何度も殺され、記憶という夢を見る瑚太朗。整合性のとれない記憶に矛盾を感じつつも、再び篝のもとへ向かうのだが・・・。

moonのためだけにrewriteという作品があるようなもんだから明日は全裸待機だな
後半OP・EDともに半クールではもったいない曲だったしまた何かの機会に使ってほしいなあ #rewrite_tv
明日はついにrewrite2期(やったはず)
pv見る限りでは全ルートの終わりは映像化するはずなのでかなり楽しみ…ところで1クールで収まるんですか?
おはよう!今日はいよいよrewrite二期が放送されるぞ!全裸待機しとかないとな!


小鳥「瑚太朗くん、そこをどいて」
14_12266000
14_38424000
14_210654000
14_219572000
14_232730000
14_263761000

瑚太朗(なんとなくだけれども、思う。あらゆる今でない時間、あらゆるここではない場所。それが今夜なのだろう)
14_270726000
14_284759000
14_288546000
14_293273000
14_305137000
14_313125000

瑚太朗(ああ、今宵は此処までか……)
14_314865000
14_345106000
14_368177000
14_379124000
14_407599000
14_423110000
14_438908000
14_476301000
14_479239000
14_482405000
14_486446000
14_563157000
14_566807000
14_568501000

瑚太朗≪最も記憶が明瞭になるのは、目覚める直前≫
瑚太朗≪数えきれないほど、少女と対話を試み、殺されて、俺は記憶という夢を見る≫
14_624318000
14_638634000
14_652358000
14_685909000

瑚太朗≪まるで何度も生まれ変わって、別の人生を歩んでいるかのような――≫
瑚太朗≪記憶の矛盾を説明できる考えは浮かばない。だから俺はこれ以上考えず、目の前のことに集中する≫
瑚太朗≪そう、恐るべき難敵である、少女との対話に――≫
14_722981000
14_728025000
14_730179000

瑚太朗≪けれど、やはりまた俺は……≫
14_731780000
14_736730000
14_759861000
14_770988000
14_786470000
14_791298000
14_799706000
14_804386000
14_863280000

瑚太朗「なんなんだよあんた、一体何者だよ!」
瑚太朗「篝……と、言ったのか?」
14_881816000
14_883385000
14_887398000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)