あの落語アニメが帰ってきた!「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」の放送日とあらすじをご紹介

 

473views

待望の第二期「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」情報をチェック

原作コミックス第5巻以降に収録された「助六再び篇」が「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」として2017年1月からアニメ第二期が放送されます。
第一期では「与太郎放浪篇」「八雲と助六篇」がアニメ化され、石田彰演じる八代目 有楽亭 八雲(ゆうらくてい やくも)と、山寺宏一演じる二代目 有楽亭 助六(ゆうらくてい すけろく)との過去までが描かれました。
既に原作コミックスは全10巻で完結しており、「助六再び篇」が最後の篇となっています。
落語人気が下火となったバブル景気の崩壊直後。時代の流れに巻き込まれながら変化していく八雲、助六、小夏の人生と、八雲が一度は自らと共に滅ぼそうとした「落語」の行く末はどうなるのでしょうか。
気になるあらすじをチェックしていきましょう!

気になる「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」のあらすじは?

ogp

噺家の愛おしき素顔と業を描くTVアニメーション作品
アニメファンのみならず落語・音楽業界からも
大絶賛された第一期放送から一年を経て、
この冬、さらなる感動の物語が始まる

刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、
出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。
拝み倒して八雲の住み込みの弟子となり、
芸を磨いた与太郎はついに真打へと昇進する。
継いだ名跡は三代目助六。
八雲師匠の為め、小夏の為め、二人の中の助六を変える為め、
与太郎が見出す己の落語とは…。

繊細な人間描写で高い評価を得る雲田はるこ原作による、
昭和の落語界を舞台にした
噺家の愛おしき素顔と業を描く期待の一作。

※公式サイトより引用

「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」の放送日、放送局のご紹介!

最速放送日は2017年1月6日 26:40~

テレビ放送

・MBS 2017年1月6日より 毎週金曜日 26:40~
※1月6日(金)放送分(第一話)は26:55~(15分押し)
・TBS 2017年1月6日より 毎週金曜日 26:25~
※1月6日(金)放送分(第一話)は26:40~(15分押し)
・BS-TBS 2017年1月7日より 毎週土曜日 24:30~
・AT-X 2017年1月8日より 毎週日曜日 20:30~

【リピート放送】
毎週月曜日 23:30
毎週水曜日 15:30
毎週土曜日 7:30

「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」のスタッフ&キャスト陣一部まとめ

■スタッフ
原作 – 雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社『ITAN』連載)
監督 – 畠山守
シリーズ構成 – 熊谷純
キャラクターデザイン – 細居美恵子
落語監修 – 林家しん平
色彩設計 – 佐野ひとみ
撮影監督 – 越山麻彦
音楽 – 澁江夏奈
音楽制作 – キングレコード
音響監督 – 辻谷耕史
音響制作 – ダックスプロダクション
アニメーション制作 – スタジオディーン
製作 – 落語心中協会

■キャスト
与太郎/三代目助六 声 – 関智一
有楽亭八雲 声 – 石田彰
小夏 声 – 小林ゆう
信之助 声 – 小松未可子
松田 声 – 牛山茂
樋口 声 – 関俊彦
アマケン 声 – 山口勝平
大親分 声 – 土師孝也
ヤクザ兄貴 声 – 加瀬康之
アニさん 声 – 須藤翔
萬月 声 – 遊佐浩二
助六 声 – 山寺宏一
みよ吉 声 – 林原めぐみ

■オープニングテーマ
「今際の死神」
作詞・作曲・プロデュース – 椎名林檎
歌 – 林原めぐみ

第二期「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」を楽しむために

maxresdefault

第一期の放送から1年が経過し、記憶もおぼろげになってきたのではないでしょうか。
今なら正月休みで時間もありますし、第一期を見返すのもいいでしょう。
とはいえ、第一期を全話見るのにDVDをレンタルしたり、有料サイトで視聴するのもお金がかかるし……という方にはこちらの動画をオススメします。
第二期放送まで残りわずか。しっかり復習をして、落語の世界に浸りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)