家庭教師ヒットマンREBORN!の天野先生が贈る「エルドライブ【ēlDLIVE】」の放送日とあらすじをご紹介

 

424views

ウェブコミックからアニメ化へ。「エルドライブ【elDLIVE】」情報をチェック

2017年1月から放送予定のアニメ「エルドライブ【elDLIVE】」は、累計発行部数3,000万部を突破した「家庭教師ヒットマンREBORN!」の著者、天野 明先生の最新作です。
紙媒体と違うことをやりたいという考えのもと、アプリ・単行本の全ページに作者自身が着色したフルカラーのウェブコミックが原作となっております。
初めは『ジャンプLIVE』にて不定期配信しており、『少年ジャンプ+』に移籍してから現在は月1回の配信、更に単行本として紙媒体でも販売されました。
アニメ化が発表されたのは随分前になりますが、放送まで1カ月を切っておりますので、改めてご紹介させて頂きたいと思います!

「エルドライブ【elDLIVE】」の気になるあらすじは?

この世界には、地球人の知らない数多くの宇宙人が存在する。
宇宙の秩序と平和を守るため、日夜、悪と戦い続ける組織、それが”宇宙警察エルドライブ”である。

地球で暮らす少年・九ノ瀬宙太(ここのせ ちゅうた)には、物心ついたときから、ほかの誰にも聞こえない不思議な”声”が聞こえていた。
そんな宙太がある日突然、宇宙警察エルドライブ・太陽系方面署の署員としてスカウトされる。

採用試験を受けることにした宙太は、その最中、初めて”声”の主と対面することになるのだが、
その声の主とは、”共生体(モニタリアン)”といわれる珍しい生命体。
宙太はこのモニタリアンと協力して共生技を発動できる特殊な存在だった。

採用試験に合格した宙太は、相棒のモニタリアン”ドルー”とともに、太陽系方面署署長レイン・ブリックのもと、
同僚の其方美鈴(そのかた みすず)や仲間たちとともに、エルドライブ署員として働くことになる。

※公式サイトより抜粋

放送日、放送局のご紹介!

最速放送日は2017年1月8日 22:00~

テレビ放送

・TOKYO MX 2017年1月8日より 毎週日曜日 22:00~
・福岡放送 2017年1月9日より 毎週月曜日 26:04~
・読売テレビ 2017年1月9日より 毎週月曜日 深夜MANPA枠にて
・札幌テレビ 2017年1月10日より 毎週火曜日 26:34~
・中京テレビ 2017年1月11日より 毎週水曜日 27:16~
・BS11 2017年1月10日より 毎週火曜日 27:00~

「エルドライブ【elDLIVE】」のスタッフ&キャスト陣一部まとめ

■スタッフ
原作 – 天野明(集英社『少年ジャンプ+』連載)
監督 – 古田丈司
助監督 – 田中智也
シリーズ構成 – 竹内利光
キャラクターデザイン・総作画監督 – HAN SEUNGAH
サブキャラクターデザイン – 松井啓一郎
美術監督 – 田村せいき
美術設定 – 谷内優穂
色彩設計 – 垣田由紀子
編集 – 坂本久美子
撮影監督 – 長田雄一郎
CGディレクター – 宮原洋平
モニターグラフィックス – 関香織
音響監督 – 高寺たけし
音楽 – 高梨康治(Team-MAX)
音響制作 – ハーフH・Pスタジオ
アニメーション制作 – studioぴえろ

■キャスト
九ノ瀬 宙太(ここのせ ちゅうた)声 – 村瀬歩
其方 美鈴(そのかた みすず)声 – 早見沙織
レイン・ブリック 声 – 鈴木達央
ドルー 声 – 釘宮理恵
チップス 声 – 小林大紀
ベロニカ 声 – 飯田里穂
ニノチカ 声 – Lynn
Dr.ラヴ 声 – 松岡禎丞

■オープニングテーマ
「Our sympathy」
歌 – +α/あるふぁきゅん。

■エンディングテーマ
「キミノコエガ…。」
歌 – The Super Ball

「エルドライブ【elDLIVE】」の魅力を語る

onotu

物語は、九ノ瀬宙太(ここのせ ちゅうた)の学校での日常生活から始まります。
物心ついたときから、ほかの誰にも聞こえない不思議な声。
いつものように学生生活を続けていた宙太でしたが、不思議な声がグラマラスな早乙女先生のことを「ボヨンボヨンだ! 宙太。ボヨンボヨンだな!」と語りかけてきたのでつい「それを言うならボインボインだろ?」と突っ込んでしまいました。

その時ちょうど傍にいた、本作のヒロインである其方 美鈴(そのかた みすず)に聞かれてしまいます。
そして宙太に一言。

最低のヘンタイ男ですね。跡形もなく死んでください

下ネタから始まり片思いの相手に嫌われる。
まるで初期の「家庭教師ヒットマンREBORN!」を思い出させてくれる流れは秀逸です(笑)
しかも、このヒロインのCVが早見沙織さんというのも絶妙ですね!
数々の作品で早見沙織さんに罵倒され続けてきた猛者には最高のキャスティングではないでしょうか!

ちなみに原作漫画が試し読みできますので、罵倒までの流れが気になる方は読んでみてくださいね。アニメが放送されるのが待ち遠しくなるかもしれませんが……

S-MANGA.net 集英社漫画ネット
http://www.s-manga.net/omf/omf_978-4-08-870887-4.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)