2016年大忙しだった男性声優3人を労ろう!2017年も活躍を期待!

 

1,219views

2016年も面白いアニメがたくさんありました。そのアニメの中で声優も大活躍していましたね。

この方どこにもいるな!と思うほど多くの作品に出演している声優を勝手に労りたいと記事にしました。今回は男性声優の中でも2016年に活躍したなと思う男性声優を独断で3人紹介していきます。2016年はお疲れ様でした!

 

1.櫻井孝宏さん

koinu691

この方はずっと活躍していて、別に2016年に限った活躍ではないだろうと思われるでしょうが、なんと2016年の男性出演ランキングで堂々の一位を獲得しているのです。それだけ2016年に一番アニメに出ていた声優です。

37作品もの作品に出演している櫻井さん。1年に4クールあるので、1クールに9作品は出演している計算ですよね。すごすぎる。

いくつか2016年に櫻井孝宏さんが出演していた作品を紹介します。

『ジョジョの奇妙な冒険』:岸辺露伴

koinu691

人気キャラを演じるということでプレッシャーも感じていたみたいですね。特に露伴といえば「だが断る」という有名な名言がありますしね。しかし見事に演じてくれたと思います。「いい話だな、得したなぁ」の演技は素晴らしいの一言でした!

『モブサイコ100』:霊幻新隆

koinu691
名言製造機の師匠。まさに櫻井さんにははまり役で、胡散臭いときの演技と真剣なときの演技のギャップがすばらしかったです。「あ、モブゥ?」という気の抜けた呼び出しの声が個人的にツボです。

2.松岡禎丞

koinu691

2016年は松岡禎丞の人気が一気に爆発した年でもあります。以前から素晴らしい演技をされる声優だなと思っていたのですが、あるキャラの演技はおそらくずっと語り継がれるのではないでしょうか。実は松岡さんも2016年の男性声優出演ランキングで4位を獲得しており、29作品に出演していました。ソードオンオンラインのCMには実写で出演していますし、お笑いのような扱いもされ、愛される声優です。

いくつか2016年に松岡禎丞が出演していた作品を紹介します。

『Re:ゼロから始める異世界生活』:ペテルギウス・ロマネコンティ

koinu691

動画などで大人気になったキャラクター。松岡さんのの演技の幅広さを知らしめたキャラクターですよね。敵キャラなのにどこか憎めないキャラで死んでしまったときは喪失感を抱くほどでした。また松岡さんのペテルギウスの演技のハードルが高すぎて、ペテルギウスが他のキャラクターに憑依した回があったのですが、多くの声優が苦労していたのが感じ取れました。

『モブサイコ100』:花沢輝気、徳川

koinu691

櫻井さんも出演していた作品ですが、松岡さんもメインキャラとして出演していました。また松岡さんの演技の広さから2つの役を演じていて、一つの作品で松岡さんの演技の違いがわかるのも面白いですね。個人的に一番好きなのは花沢が落ち武者になったときの「キェーー!!」という叫び。どこから声出しているんだと笑ってしまいました。

3.豊永利行

koinu691

2016年は豊永さんの女性ファンが一気に増えたのではないでしょうか?2016年秋に放送されたあの女性に人気の作品で主人公を演じています。

『ユーリ!!! on ICE』:勝生勇利

koinu691

2016年秋の女性人気ワンバーワン作品はこの作品でしょう。豊永さんの気弱なときの勇利の演技と、男前になったときの声のギャップに女性ファンは心を掴まれたことでしょう。作品自体の出来が素晴らしかったのもありますが、キャラクターの演技が合わさって爆発的な人気を博したのだと思います。

『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』:西村英騎

koinu691

豊永さんはいくつかラノベの主人公を演じているのですが、この主人公もはまり役でした。ラノベの主人公はやれやれ系か振り回される系が多いため、少し情けない声を出せる声優の方がキャラにハマっているように思いますね。

とりあえず2016年に活躍したと思った男性声優を紹介しました!2017年はどんな声優が活躍するのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)