【風夏】第10話 新曲の完成、そして運命のトラックがーー

 

635views

第10話 「運命」

歌詞が完成せず、榛名優との関係に悩む風夏。彼女が優への気持ちを募らせた歌詞を完成させた、バンドの当日、運命を左右するトラックが――

風夏って原作とアニメのストーリー違うんだね
風夏アニメ版原作と違うのね。まだ原作読んで無いけど

fuuka10_2284000 fuuka10_5770000 fuuka10_9851000 fuuka10_7098000 fuuka10_11523000 fuuka10_16754000 fuuka10_18603000 fuuka10_20955000 fuuka10_26649000 fuuka10_28363000fuuka10_32314000 fuuka10_35494000 fuuka10_36839000 fuuka10_40022000 fuuka10_45282000 fuuka10_47463000 fuuka10_142459000

那智「風夏、あんま言いたくねえけど、歌詞はどうなってるんだよ」
風夏「ああ、うん、ごめん、もうちょっと、なんだけど……」fuuka10_145966000 fuuka10_148953000 fuuka10_155328000 fuuka10_162771000 fuuka10_171125000fuuka10_176430000

優「大丈夫? もし、何か出来ることがあったら、言って欲しいな。って言っても僕も作詞とかしたことがないからなぁー。大して力になれないかもしれないけど」
風夏「ほっといて! ――ってかえって焦っちゃうからさ」fuuka10_181728000 fuuka10_184854000 fuuka10_190350000 fuuka10_195226000 fuuka10_201122000fuuka10_208749000 fuuka10_211651000 fuuka10_215992000 fuuka10_220734000 fuuka10_231129000 fuuka10_234775000 fuuka10_240721000 fuuka10_244261000 fuuka10_246690000 fuuka10_251487000

風夏「優君!? なんか用?」
優「用ってほどでもないんだけど、その作詞のことで」
風夏「……それがどうかした?」
優「なんか僕、無神経なこと言っちゃったかなっと思って。それで、その……秋月のことイラつかせてるのかなって思って」
風夏「……別に」fuuka10_269730000 fuuka10_273072000 fuuka10_280763000

風夏「……優しくされると、困るよ」fuuka10_285532000 fuuka10_292844000 fuuka10_295897000 fuuka10_301267000fuuka10_308449000 fuuka10_312243000 fuuka10_314866000 fuuka10_316834000fuuka10_320131000 fuuka10_325327000 fuuka10_327155000 fuuka10_330374000 fuuka10_334948000

優「たまちゃんは、歌詞を書くときどうしているの? あいつ、随分悩んでるみたいで」
小雪「でも、作詞は人によってやり方は色々だし、参考になるようなこと言えるのかな?」
優「そうなんだ。僕は作詞したことがないから、秋月に何も言えなくて。だからたまちゃんの歌なら何かヒントになるかなって――」
小雪「私の歌は……ずっと好きな人に作ってきた歌だから。前に風夏ちゃん、好きな人はいないって言っていたから。やっぱり私のは参考にならないと思う」fuuka10_338992000 fuuka10_351987000 fuuka10_357432000 fuuka10_360932000 fuuka10_370366000 fuuka10_374980000 fuuka10_376613000 fuuka10_385603000 fuuka10_401680000fuuka10_405014000

小雪「……だめだよ。こんなんじゃ」fuuka10_407554000fuuka10_416268000 fuuka10_419861000

風夏「あのときは分からなかったけど……今なら分かる。こんな気持ち……気がつかなきゃ良かったな……」fuuka10_431770000 fuuka10_435041000 fuuka10_439346000 fuuka10_444166000fuuka10_447631000 fuuka10_452259000

風夏「今まで考えたこともなかったのに……」fuuka10_460982000 fuuka10_467359000 fuuka10_468951000

風夏「今なら……この気持ちがなんなのかが分かる……私は優君のことが好き」fuuka10_475240000 fuuka10_485987000

風夏「聞いてくれる?」
優「えっ!? 完成したの?」fuuka10_491685000 fuuka10_494358000 fuuka10_499168000 

優「! すごい!」
風夏「でしょ?」fuuka10_506260000 fuuka10_510980000 fuuka10_517129000 fuuka10_522347000 fuuka10_523881000 fuuka10_527964000

優「ねえ、合わせてみようよ!」
風夏「うん!」
風夏(そんな笑顔……向けないでよ)fuuka10_531888000 fuuka10_536952000 fuuka10_541573000

風夏「今日は……最高のステージにしよう」fuuka10_548615000 fuuka10_551175000 fuuka10_556859000 fuuka10_558781000 fuuka10_562549000 fuuka10_567383000 fuuka10_571522000 fuuka10_575086000 fuuka10_577679000 fuuka10_581449000 fuuka10_590994000 fuuka10_592280000 fuuka10_596524000 fuuka10_598962000 fuuka10_609058000 fuuka10_611845000 fuuka10_617953000

「今ここで、音楽を止めるなら入れ。そうでなければ、今度こそ勘当だ」
真琴「要件はそのことですか?」
「いつまでもお前の好きにはさせておくわけにはいかんのでな」
真琴「すみません。これからライブがあるので」
「まだ目が覚めんのか。くだらんことに時間を費やすな」
真琴「お言葉を返すようですが、僕にとっては大切なことなんです。失礼します」fuuka10_620622000 fuuka10_624893000 fuuka10_628396000 fuuka10_635795000 fuuka10_640718000 fuuka10_645251000 fuuka10_649139000 fuuka10_654336000 fuuka10_663799000 fuuka10_669177000 fuuka10_670892000 fuuka10_676152000fuuka10_678435000 fuuka10_687034000 fuuka10_688072000 fuuka10_690676000 fuuka10_695533000 fuuka10_701583000 fuuka10_707482000 fuuka10_712123000

ヒサシ「たま!? ニコ!?」
たま「久しぶり」
ニコ「よお」
ヒサシ「お前ら……いつ戻ったんだ! ってどこほっつき歩いてたんだよ! 6年! 6年だぞ!」
たま「へえ。そんなに経ってたのか」fuuka10_718652000 fuuka10_726657000 fuuka10_729802000 fuuka10_737330000 fuuka10_742038000

たま「実は話があるんだ。みんなに」fuuka10_744569000 fuuka10_746883000 fuuka10_752560000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)